見出し画像

皮膚常在菌の力だけで綺麗になる

石けんもシャンプーも使いません。洗面所の棚がスッキリしていくに従ってお肌がきれいになります

お肌のお手入れ、迷っていませんか?
ちゃんと、効果を感じられてますか?

きっとオーガニックで良いものを選んでいる事でしょう。それなりにお金もかけている事でしょう。はいはい、わかってますって。

でも なんとなく
今のままのお手入れじゃダメな気がする…とも、思っている でしょ?
いつまでたっても肌はキレイにならないし、トラブルも解消されない。
そりゃ、もっと良い化粧品を!と、さまようジプシーになるってもんです。

私だってさまよってましたよ。クタクタのジプシーでしたよ。
でも石けんもシャンプーも使わず、手作りの保湿ローションだけでボロボロだったお肌がよみがえったんです。もう一生 迷いません。
青い鳥はどこにもいなくて、ちゃんと自分のお肌にいたんですもん。

お肌の常在菌が、保湿成分を作り出し、外界からお肌を守っています、って
なんとなぁ〜く聞いた気がするでしょ。中学の生物あたりで。
それなら、その常在菌を守り、助けるスキンケアこそが、究極のナチュラル美容法じゃないですか。ね?

でも、いつの間にか常在菌とバイ菌の区別も怪しくなって、毎日まい日大量の広告の美女が、この魔法のような商品が肌をキレイにしてくれまーすって脳みそに直接アクセスしてきてるもんだから「あら、ちょっとそれ試してみようかしら」ってなるわけです。

それ 洗脳ですよ、洗脳

毛穴の奥の汚れをかき出さなきゃ「シミの元」です、って皮膚科の先生が言ってましたね。「ふわふわの泡でやさしく洗顔」が美容の基礎だと。

そうやっていつの間にか洗脳され、常在菌をキレイさっぱり洗い流しているんです。
常在菌洗い流されちゃったら他に保湿してくれるものがないじゃないですか。当然、乾燥しますよね。だからクリーム買わざるを得ないんですよ。

始めましょうよ、常在菌を育てる、究極のお手入れ、お教えしますから。

え〜でも、興味はあるけど、石けんもシャンプーも使わないって、ホント⁉︎
ちょっと無理〜って思ったでしょう。

育自菌生活を始めたきっかけ

私だって生まれてから大人になるまで、食事をまったく疑問に思わないのと同じレベルで、うたがうことなく、毎日せっせと泡立ててましたよ。

私は1994年に創業の写真館のカメラマンです。まだデジタルカメラが一般的ではなかった30年近く前からデジタル修正付きの証明写真を売りにしてました。
姿勢を直して、まず先に手をつけるのは「お肌」の修正。するとね…お肌を修正するだけで6〜7割方、諸々の問題が解決しちゃうんです、実際。

もちろん修正が売りの店ですから、やりますよ、睫毛を足したり、顎をちょっと細くしたり…
でも、お肌を修正すれば、おおかたオッケー、キレイになるんです。

だから私、今の美肌ブームの何十年も前に、美肌のコスパの良さに気づいてしまって、一人美肌ブームになっておりました。

カメラマンだからスーツも必要ないし、靴もスニーカーでオッケー。
こじゃれた通勤バックも要らなければ、アクセサリーにも興味なし。
亭主もいなけりゃ子供もいない。っていうわけで、金かけまくり

そう「一点豪華主義作戦」をとったわけです。
このシミさえ無くなれば、私だって、もうちょっとマシになるはず、と…

ありとあらゆる化粧品を試し、エステにも通い、ネットで話題の成分入りとあればポチッと購入。毎月5〜7万円はお肌のお手入れに使っていました。

世界中のどこかには私のお肌にあうまだ見ぬ化粧品があるに違いない、って信じてました。
白馬に乗ってはこないけどAmazonの箱には入ってくるに違いないと。
  
恐るべし、広告の力 さらにお金かけまくりました…(遠い目)

でも何かがおかしい…こんなに努力しているのに肌は汚くなるいっぽう…
これ、老化だけの問題かな…こんなに必死にお手入れしているにもかかわらず、カサカサでしみだらけな顔を見て思ったのです。何かがおかしい…

その時、読んでいた本にアタマぶん殴られました。

人体常在菌のはなし 美人は菌でつくられる (集英社新書)

私は大金をかけ、自分の肌の常在菌を洗い流して、ほんとうの意味で保湿にはならないものを塗って安心していたのか…
この、お高いクリームやらパックやらはムダだった…

…ああああぁっぁああぁぁぁ!…

と、こんな感じで、涙とともに目からウロコを落としまくってくれます。

そのくやしさは、じぶんのお肌がどんどんきれいになっていく事で解消しましょう〜。叫んでいる場合じゃないっ!

いま、育自菌生活を始めてすでに15年以上たちました。
肌が劇的にきれいになりました。髪はよみがえるし、アレルギーも改善
しかも貯金までできました。
でも一番よかったのは、海を汚染しない生活になれた事かな。

常在菌の基礎化粧品製造業、復活させましょう

よし!ならば脱石けん・シャンプー生活を始めるぞっ!と思い立っても、実はこれがそんなに簡単ではありません。
おそらく1週間もたたないうちに
「あ〜やっぱりこのシャンプーの香りにいやされる〜」と
お風呂の中でほぉーとため息ついて、風呂上りにはパッキパキに乾燥したお肌に化粧水を染み込ませ、美白乳液をぬってオイルでフタをする生活に戻っていくのです。
やっぱり私には無理〜と…   

そんな脱石けん戦死者のために、私が、スムーズに移行するためのガイドとなりましょう。
かれこれ15年以上あれこれ工夫しながら、挫折しながら、私という人間で
人体実験をしてきたわけです。
あなたは失敗なんぞする事なく、本来あるべき動物としての人間の正しい
スキンケア・ヘアケアに戻ればいいのです。
お肌のお手入れに、誰かが工場で作ったクリームも美容液も必要なしっ!
究極のオリジナル基礎化粧は「自分の常在菌」なんですから。

これからは、育自菌生活 『自分の・菌を・育てる』 これで、すべての悩みが解決します。

育自菌生活をはじめると

肌や髪が若返る    
… はじめてすぐに実感。まず毛穴が目立たなくなり、かんそう、しみ、たるみまで改善します。抜け毛が減ります。しかも髪の立ち上がりがしっかりしてくるのでセット剤を使わなくても髪型が決まるように。私の超わがまま髪質ですら変化して、朝のしたく時間がものすごく短くなりました。これホントにすごくうれしい。

お金が貯まる     
… 今まで使っていたすべての基礎化粧品が不要に。必要なのは移行期間の保湿剤だけ。それもやがて必要なくなるんです。いくら使ってます?今基礎化粧品に。
怖いでしょ、計算するの。一ヶ月3万円だとして(本当はもっと使ってる事、知ってますよ〜)一年で360,000円貯まります。旅行行けます。英会話教室通えます。ワインセミナー受講できます。ね、ワクワクするでしょ。

健康になる      
…腸内環境が整います。花粉症やその他、炎症が原因とされる症状が軽減します。からだの外からだけでなく、腸内細菌の事を考えた生活にすることによって、オセロの角を制したかのようにいろいろな不調がどんどん良くなっていきます。
すごいのは、美や健康だけではなく、精神的な事までも改善される事なんですよ。

地球環境汚染を減らす 
…私たち、毎日石けんやシャンプーなどの化学物質を大量に海に流し込んでます。すべての人は無理でも一部の人が育自菌生活を始めるだけで、どれほど海が綺麗になるか、想像するだけでうれしくなりませんか。海と人間は循環しています。結果自分たちのためでもあるのです。

物を減らせる     
…私の浴室、石けんがコロンと一つあるだけです。実に清々しい!
たなをぎっしりうめ尽くしていた基礎化粧品やヘアケアー商品がすべて無くなります。ミニマリストに「理想だ…」と言わしめた空っぽの浴室洗面台、あなたにも実現できます。

掃除が楽になる    
…お風呂掃除、一番苦手な場所じゃないですか?腰にくるし、かなりの確率で服濡れますよね〜誰がやるかでケンカの種になっているこの掃除…
年に数回で済みます。ホントです。

ね、いいコトだらけでしょ? ただ、今までの生活から移行するには工夫が必要です。

湯シャンで挫折した人も、これから始めたい人も、やり方はもちろん
スムーズに移行できるコツを書いていきます。
それぞれ興味のある所から読んでみて下さい。(少しづつアップします)

スキンケア編  脱、石けんとクレンジング剤の方法。あとは自分の常在菌を助けるケアをしていきます。

ヘアケア編  脱シャンプーの乗り切り方をお教えします。シャンプーはまるで麻薬のように私たちをトリコにしています。そこから脱却することはほんとうに大変。でもムリせず少しづつ進めていけば、大丈夫。

ヘルスケア編 お肌のお手入れと健康なからだは表裏一体。どちらか一方はあり得ません。毎日山のように飲んでいたサプリメントをやめ、腸内細菌のための食事に変えただけで、肌や体調だけでなく、メンタルも非常に安定してきました。

最近、常在菌のことを調べれば調べるほど、その重要さ、かけがえのない存在かが分かってきました。その中でも、
「あなたの体は9割が細菌」と言う本を読んで衝撃を受けました。

この本には、石けんで洗うから体臭が発生するという事が、医学的な立場から説明されています。抗生物質や除菌が及ぼす人体への危険性についての記述は読んでいて背中に冷たい汗が流れるよう…将来、子供を持つ可能性のある方の必読書だと思います。

スキンケア編 手作り化粧水 

何もつけない美容法はやっぱり不安。そんなあなたには『生きた』手作り化粧水をおすすめ 

石けんとクレンジング剤の界面活性剤が肌のバリア機能を破壊する…

多分、ここまで読んでくれた人は、みんな本当はすでに知っているはず。
今までたくさんの「何もつけるな」系の本が出てますしね〜

やってみたけど途中で挫折した…
下手に調べちゃったら、これもダメ、あれもダメ、で、なぁ〜んにも使うものが無くなって。だから、気にはなるけど、とりあえず、オーガニックや、ちょっと良さげなものをチョイスしてるの…こんな感じでしょ。

大丈夫、化粧をする事あきらめて、修行僧のような生活をする必要なし!ちゃんとソフトランディングさせますから、私が。  安心して。

この「生きた」手作り化粧水のすごいところは 時間が経っても…
全く乾燥しないこと!自身の常在菌がずっと保湿成分を作り続けるように手助けする化粧水、そりゃ唯一無二の保湿剤でしょう〜

これはやってみた人だけが「なんやこれ〜〜びっくり!」となるやつです。
市販の保湿剤は、最初これでもかと言うくらいベタベタしっとり〜だけどしばらくすると、その保湿剤そのものが乾いてきてそのうち肌がバキバキしてきますよね。で、更なるアイテムが必要。  なんですかね〜「保湿成分をフタしましょ」って。保湿剤買って、さらにそのフタ買わなきゃならないんですよね?んん、保湿剤じゃないでしょ、すでに。こんな風に私たちは次々とアイテムを買わざるを得ない状況に追いやられているのです。
でも、自分と共存している常在菌は違います。

共存している皮膚常在菌は、その時のあなたの体調を考慮し、気温と湿度、環境を配慮しながら、最適な質と量の保湿剤を作り続けてくれています。
そんな常在菌の力を邪魔せず、手助けだけをする、それこそが真のお手入れなのです。

こうじの力を借りましょう
こうじって国菌だって知ってました?鳥界のトキみたいなもんですね。
日本国土特有の菌。日本人なら全員お世話になりまくってますよ。ほら
日本酒やしょう油、みそ、みりん、お酢…と、日本食のベースはすべて
「こうじ菌」が作ってるんですから。

ね、日本人でこうじアレルギーって聞いたことあります?
その土地特有の発酵菌って、その土地で取れる作物の足りない栄養素を補う役目を果たしているそうなんです。
だからその土地で生きている生物は、その土地で採れる物を食べることが体に良いんです。ほら、地産地消、身土不二と言うでしょう。
そりゃそうだ。神様はそうやって生き物を設計したんだから。

だからブルガリアなら「乳酸菌」、日本なら「こうじ菌」ですよっ。V

こうじを使って作るこの化粧水の特徴は、何と言っても「酵素が生きている」こと。
これ、市販の化粧品にはできないものです。だって、流通しているうちに
酵素が働いてしまうと品質が変化しちゃうでしょ。商品になりません。

手作りするメリットは本当に大きいです。しかもキットを使えば簡単です。
作り方は二通りあります。
まず一つ目は、甘酒で作る方法。
これは「飲んで」腸内細菌を元気にするダブルの効果があります。オススメなんですが、ヨーグルトメーカーが必要で、ちょっと手間がかかります。
もう一つは、糀水で作る方法。
とってもお手軽。保温マグで作れちゃいます。
どちらも、残りはジップロックに入れて冷凍保存できますので、想像するより簡単です。

お手軽「糀水」で作る方法 甘酒作るの面倒、時間がない、人向け

糀水とi-vision保湿ローションを1:1で割る
用意するもの
・こうじ         スーパーで売ってます。
・保温マグカップ     なるべく保温機能が高いものが良いです。
・i-vision保湿ローション  酵素の働きを助ける働きがあります。
・お湯 200ccくらい
・温度計・茶こし・計量カップ・詰め替え用スプレー(30ml)

糀水からの作り方

i-vision保湿ローションはここで購入できます。

i-vision保湿ローションはこうじ菌と相性の良い成分だけで作られてます。
酵素の働きを助け、乾燥を防ぎ、常在菌の働く環境を守ってくれます。
育自菌生活に特化した世界で一つだけの保湿ローションなんです。

茶こしで漉した残りのこうじは、捨てないで!
塩をひとつまみ入れてお肉に揉み込めば酵素の力でお肉が柔らかくなりますよ〜ちょっと前に流行った塩麹、の簡易版みたいな感じ。

甘酒から作る方法 飲んで腸内も整えたい人向け

甘酒の上澄みとi-vision保湿ローションを1:1で割る
用意するもの
・こうじ         スーパーで売ってます。
・ヨーグルトメーカー     なるべく保温機能が高いものが良いです。
・i-vision保湿ローション  酵素の働きを助ける働きがあります。
・1合分の炊きたてご飯
・お水 適量
・温度計・茶こし・計量カップ・詰め替え用スプレー(30ml)

「甘酒」「作り方」で検索すると炊飯器を使う方法やポットを使う方法などたくさん出てきます。が、一番簡単なのはやはりヨーグルトメーカーで作る方法です。
それぞれのヨーグルトメーカーお勧めの作り方でお作りいただくのが一番ですが…

「生きた」手作りの化粧水を作るには、甘酒の上澄みとi-vision保湿ローションを1:1で混ぜてる必要がある…つまり、上澄み、これが大事!
上澄みが取りやすい甘酒を作る必要があるのです。それには…

硬めに炊いたご飯で作る。 これです。

美味しい甘酒を作るには、柔らかめに炊いたご飯かお粥で作りますが、これだと上澄みを取るのにちょっと苦労します。硬めに炊いたご飯なら、出来上がりの時点でご飯粒はまだその存在感を保ち、上澄と分離した感じになります。楽ちんです。

美味しくないじゃないか!とお怒りの方には、調理家電界のスーパースター「ハンドブレンダー」をご紹介します。あの、食材をガーッと混ぜるやつです。これあるとホント料理の幅が広がりますよね〜。
私の中でハンドブレンダーと保温鍋は二大スター。うっとり。
これで上澄みを取った後、つぶつぶ感のある甘酒をガーッとやるわけです。
あっという間にトロトロの甘酒が出来上がります。これをやると持ち運び用のポットに入れても飲み口に引っ掛からずスーッと飲めて便利です。
お味もグッド。調味料としても使いやすくなりますね。

上澄みはジップロックに入れて冷凍しておくと便利。
毎週甘酒作れなくても、ポキポキ折ってi-vision保湿ローションと混ぜればOKです。冷凍した上澄みは約1ヶ月持ちます。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!