角田進二 sumida shinji

1.デジタルトランスフォーメーション 2.ベンチャー育成、3.グローバルハブに従事しています。現在、DX、新しい法務などをマガジンを出しています  http://ailaw.co.jp/ ①未来志向、②学習欲、③戦略性、④着想、⑤コミュニケーションが強みです

角田進二 sumida shinji

1.デジタルトランスフォーメーション 2.ベンチャー育成、3.グローバルハブに従事しています。現在、DX、新しい法務などをマガジンを出しています  http://ailaw.co.jp/ ①未来志向、②学習欲、③戦略性、④着想、⑤コミュニケーションが強みです

    マガジン

    • デジタルトランスフォーメーション(法的リスク検討も含む)

      2025年までにDXは完結しなければ企業は終焉する確率が高いです(個人は除く)。外資(黒船)によってなされるのか、それとも内資によってなされるのかによって、日本の収支は異なります。内資で推し進めるならば、どうすれば良いのかを検討し、手続等を記載します。

    • コロナによる新しい働き方

    • イスラエルと法律(ベンチャー王国)

      イスラエルのビジネスと法について、調査をし記載しております。イスラエルについて少しでもご理解いただき、投資に対し前向きにご検討いただければ幸いです。 弁護士角田進二( http://ailaw.co.jp/ )

    • 儲ける法務

      儲ける法務と従来型の法務の違いを明確にしていきます。

    最近の記事

    • 固定された記事

    デジタライゼーションとデジタルトランスフォーメーションの違いに気付いていない君へ DX スタート 最初から間違っている方針

    デジタライゼーション(デジタル化)は、単にデジタル化すること。 デジタルトランスフォーメーション(デジタルを用いる変容 以下「DX」)は、ビジネスモデルをデジタルの力を借りつつ(これが必要条件)、変えていくこと。 この点は全く別物であることがわかる。 この辺の文化背景を描くには歴史を見ると良い。 大量生産の時代においては、とにかく機械化していくことで、大量に画一的なものを作っていった。皆がものを享受出来さえすれば良かった。軍隊のように頭を使わず、とにかく前進すれば良かった。

      • 宗教ガバナンス

        1.現代において宗教は存続すべきか 今宗教ってやばいよね、そんな非科学的なこと信じるってやばいよねとか、自分の脳を錯覚している人が結構いる。 そういう人に限って、自分が困った時には(無意識に)神頼みしたり、クリスマス、その他宗教絡みのことを手間を惜しまず行う。要するに意識化できていないだけで、実際には非科学的なことを信じている。例えば、ルーレットで赤が9回連続きたら、10回目は白だとか。科学的とは言えないのに、自分が信じてみる。科学では再現性だけが命であるが、実際に人生は一つ

        • 求人です!!

          新しくメンバーを入れ替え、面白きを作ろうと思います。中途半端に作るのではなく、エッジのあるものに変化します。イメージは、世代と世代、日本と世界の橋です。 実は新人弁護士が辞めてしまうのです。これは方向性の違いで、特に彼自身の問題でもうちの問題でもないです。単にうちはベンチャーで、彼が求めるものではなかったということです。渾身の力で教育をしたつもりでしたが、多分そういうものではなかったのかもしれないです。ビジネスモデル的に、英語フランス語を両方と、かつ、ベンチャーを理解するな

          • ゆる募(新人弁護士入ってきました)

            新しい弁護士が入ってきました!!!英語・フランス語に関心ある気立ての良い弁護士です。良いご家庭出身かと思うくらい立派な青年です。 ゴルフは僕よりうまいです。 さて、本題ですが同弁護士を育てつつ、同弁護士が独り立ちできるようにする責務を負いました。まじ不安です。人の人生の重みを感じます(今更ながら僕を支えて下さった顧客及びボス弁に感謝します) 同人からコミットメントを貰い、どんな仕事でも頑張って丁寧にやるとのことです。僕は頑張って汗を流している人は好きです。 まだ、高度な交渉は

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • その他
            角田進二 sumida shinji
          • デジタルトランスフォーメーション(法的リスク検討も含む)
            角田進二 sumida shinji
          • コロナによる新しい働き方
            角田進二 sumida shinji
          • イスラエルと法律(ベンチャー王国)
            角田進二 sumida shinji
          • 儲ける法務
            角田進二 sumida shinji
          • フランスベンチャー情報
            角田進二 sumida shinji

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            経営者にとって他人事ではない国際横領事件(リスクマネジメントを専門とする国際的な弁護士の意見)

            かれこれ、弁護士の業務で国際横領を見続けてメンタル的にはウッとなるときもあるが、数十件程度になる頃なので、少しコメントをしておきたい。もう国際横領では、自分で言うのは何かと思いますが、スペシャリスト領域ではないかと。フランス語、英語の領域では少なくても。 ①被害者は注意が足りなかったりするのか。被害者は、「馬鹿だから」と考える人多いですよね。それ思考停止です。自分がやってみたら意外と横領事件って簡単に発生します。日本でも海外でも、そうしたことを普通にあることと認識しておくと

            ESG時代におけるビジネス変革

            これを見る限りだとわかりにくいだろう。 赤:PR、マーケティング、営業によるクロージング 青:赤によって発生した受注を裁くために、アウトソーシング、内製化によるサービス提供 ここまではビジネスの基底である。そして、それを支えるものとしてDebtファイナンス(オレンジ)とEquityファイナンス(水色)の二つがある。 利益なくして、サステイナブルではないので、赤と青によって基本ができて、それらを支えるのが、二つのファイナンスである。 弊事務所の強みは、複雑な社会で

            新規ビジネスを作る場合の留意点

            1.マーケットの大きさマーケットは、認知されやすいグループの大きさである。例えば、サッカーのマーケットは大きいが、日本におけるガバディのマーケットは小さい。ウェアを製造しても、ガバディの場合マーケットは大きくならないだろう。 マーケットを測るには、獲得予定のLeads多さで測るのが良い。メールでもなんでもお金を払わずに、リードを獲得できる方が望ましい。その理由は、最初は、クイックチェックし、修正が必要になるからだ。いちいちリードを獲得するために、お金を払っているのでは、お金

            将来に対する不安と利益(企業活動と法務)

            弊事務所は、利益の出る事業をサポートする必要があり、もし利益が出ていない場合にはどうしたら利益が出るのかまで深入りして一緒に汗を流しつつ、スキームを考えていくこととしている。 その理由は、利益が出ない場合(そして今後も利益が出る見込みがない場合)、早々に諦める、場合によっては早々に破産手続きをした方が世の中にとってプラスになると考えているからである。そして、その当事者や仲間にとってもプラスである。なお、NPOその他のボランティア活動の価値は肯定するが、企業活動としてはアウト

            感情コストと企業活動

            過去は、感情コストを度外視し、機械的な作業で仕事をすることができた。しかし、徐々に機械的な作業はコンピューターがすることになった。ルーティンは減り、新しい仕事を、新しい気持ちでする必要がある。 過去においては、軍曹のような上司が、部下に考えさせないようにして、作業をさせて、収益を上げていった。大量生産、大量消費の時代においてはそれでよかった。 これに対して、今の社会においては、大量消費、大量生産が否定されている。シェアリングエコノミー、サーキュラーエコノミーは、まさに真逆

            日本のグリーン政策の流れ2

            https://www.enecho.meti.go.jp/committee/council/basic_policy_subcommittee/2021/043/043_005.pdf ESGというと、すぐにカーボンニュートラルという激流に乗る人がいるが、ピントがずれている。今、すぐにそこにシフトすると、若い人は寒風に耐え忍び、より世の中が暗くなるであろう。 100%再エネにすれば、今の状況であればコスト4倍になる可能性があり、日本は詰むであろう。火力か原子力にす

            日本のグリーン政策の流れ1

            1.菅政権菅政権では、 グリーン社会の実現  2050年カーボンニュートラルを宣言しました。もはや環境対策は経済の制約ではなく、社会経済を大きく変革し、投資を促し、生産性を向上させ、産業構造の大転換と力強い成長を生み出す、その鍵となるものです。まずは、政府が環境投資で大胆な一歩を踏み出します。 革新的なイノベーションの推進 エネルギー政策の推進 グリーン成長戦略の実行計画 グリーン成長に関する情報公開 脱炭素ライフスタイルへの転換 新たな地域の創造 サステナブルファイナン

            未来のビジネス解像度

            未来のビジネス解像度は以下の通りと認識している。 ①デジタルマーケティングの深い理解が未来への予測を生み出し ②世界観が「伝わり方」の解像度を深め ③コミュニティへの見方と醸造の仕方が、信頼を高める。 ④やらないことを失敗しながらやる機会を設けることが結果的に未来の自分を作る。 ⑤ESG投資は、設計の仕方であり、夢の見方ではない。付加価値のつけ方でもない。様々なストレスがある中で、どうしたら最大効率をストレスなしに構築できるかを考え尽くす。環境負荷とは感情負荷でもある。感情

            公取の「新規株式公開(IPO)における公開価格設定プロセス等に 関する実態把握について」

            概要 詳細 まとめ影響を与えた決定↓ 「成長戦略実行計画」(令和3年6月18日閣議決定)「緊急提言~未来を切り拓く『新しい資本主義』とその起動に向けて~」(令和3年11月8日新しい資本主義実現会議決定) 主幹事引受実績の上位5社で90.2%のシェアを占めている。 1 公開価格の設定 ⑴ 証券取引所への上場申請まで 主幹事の選定,平均初期収益率等の公表新規上場会社がより自主性をもって自らの価値を適切に理解すると考える主幹事を選択できるよう,公開価格の設定に関して参考と

            手持ちのカード。受動能動我慢

            すごい難しいことを言語化している。 受動の我慢は、コントロールできない事項の我慢の話かなと。 能動の我慢は、コントロールしがたい事項の我慢かなと。 コントロールできない事項の我慢は、外部的事情なので我慢をする以前に、まあそんなものだと手札を持っている感覚で良い気がする。問題なのは、本来的にはコントロールできる手札があるのに、気付かず諦めてしまうこと。例えば、貧乏=勉強できないとして、奨学金のカードを忘れる。なんでも諦めるのはまずい。カードをもう一度確かめておく必要がある。

            明けましておめでとうございます。2022年の抱負的なものと2030年は繋がっている。没頭

            明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします。 一寸先は闇とは、常に正しく、変化を常にしなければならないことと考えてます。伝統とは、変化をし続けることを厭わない証です。チャレンジをして風化に耐えるしなやかさをもつ程度に、根が深く、曖昧さをもち、人の心をうちます。 余白のなき、ギシギシしたものにすると、サクラダファミリアなど作れるものではないです。そして、健康を害し、辛い状況になり、継続どころか、他の人もついていきません。 イーロンのように週に100時間働け

            平均年齢が48歳から想起すること

            平均年齢が48歳 とすると有権者平均は、58か62くらいか。 だから、総理大臣が64歳 なるべくしてなった結果だな。 可能性に賭けよというのが僕の行動ポリシー。 大半が48歳以上の場合、何に可能性をかけるべきだろう。 まず企業法務は48が平均年齢の場合、総じてシュリンクしていくことはみえてくる。 とするとシュリンクしないエリア、つまり若い世代が集まるエリアは何かを真剣に考えないと。 お題目、抽象論、批判論に耳を貸す必要性は全くない。今大事なのは、何が伸びるかを決めて、この可能