マガジンのカバー画像

デジタルトランスフォーメーション(法的リスク検討も含む)

75
2025年までにDXは完結しなければ企業は終焉する確率が高いです(個人は除く)。外資(黒船)によってなされるのか、それとも内資によってなされるのかによって、日本の収支は異なります… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

相続税対策の新しい方法

1.旧来型の節税対策 以下の通り、NotionAiにまず考えてもらいました。Aiもまだまだです。 __…

変革とは時代にフィットすることであり、それは技術にあわせた業態になることである。

今の時代において、 「変革」とは時代にフィットすることであり、 それが最大の戦略の要素に…

Growth hackと人工知能は親和性が高い

1.記載の目的と対象 ぶっちゃけ、ChatGPTを自分が楽をするためだけに使うというスタ…

求人です!!

新しくメンバーを入れ替え、面白きを作ろうと思います。中途半端に作るのではなく、エッジのあ…

消費者保護、プライバシー保護、競争法の三位一体という嘘 民主主義の死を想定して …

カーン氏の最近記事「独占企業が消費者に与える害を測る指標は、価格設定だけではない」という…

なぜ、今パーパス経営か 儲ける法務その26 DXその61

過去は、ビジョン、バリューはお飾りだったとぼやく人もいる。うるさい、目の前に有ることで精いっぱいだよと怒り出す人もいる。綺麗ごとばかり言っていないで目の前にある仕事をきちんとしろという人もいる。 だから、パーパス経営なのだという現実がある。80%のサービスで良いところ、ベストプラクティスばかり追い求めて、95%のサービスにしようとすることは形式主義であり、企業に害なす行為であることをメンバーは知らなければならない。 やらないことをきっちり決めないと、やることは決まらない。

Lina Khan氏以前のアメリカ独禁法の流れ 儲ける法務その25 DXその60

カーン氏について現れるのは、以上のサイトからである。 同人についての記事が盛りだくさんに…

IFARSとESGとコミュニケーション 儲ける法務その24 DXその59

今日会ったのは優秀な会計士。 非常に楽しかった。 マグロって、一本200万円程度だったり…

ネットワーク効果の分解の仕方(ネットワーク効果その2) 儲ける法務その23 DXその58

先日は、マーケットの選定や何をするかの際、ネットワーク効果を頭の片隅に置かなければならな…

ネットワーク効果の分析と再現性(ネットワーク効果その1) 儲ける法務その22 DXその…

全ての仕事はネットワークエフェクトであると言っても過言ではない。 これを理解しない人は、…

FTC(公正取引委員会)を含むアメリカなどのGAFAに対する包囲網 儲ける法務その21 DX…

⓪スターティングポイントカーン氏以前のムーブメントと、GAFA包囲網について少し検討する。 …

アメリカのテック・民主断絶と日本 儲ける法務その20 DXその55

「西洋のテクノロジーチャンピオンである米国は、自虐的になることを決めました。両政党とその…

法務における発想の転換(リスクテイク)とDX 儲ける法務その19 DXその54

「当然のことながら荷物を置きっぱなしにすることで、盗まれる、壊れる、雨に濡れてダメになるなどのケースが発生します。アマゾンはそれを前提にしてしまったうえで100%補償したほうが安いじゃないかと考えたわけです。」 自動コンビニについてセルフ決済は手間と否定しつつ、「それで出口のゲートをくぐると自動的に精算結果がスマホに送られてきます。もし支払額が違っていればお店にもどってクレームをすることができますが、実際に使っている人に聞いたところ、一度も間違いが起きたことはないそうです。