映画「COME&GO」が、東京国際映画祭TOKYOプレミアに🎬
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

映画「COME&GO」が、東京国際映画祭TOKYOプレミアに🎬

インフラを声で🎤支えるアナウンサー・ヨガ講師の奥窪峰子です。

日本における映画発祥の地、神戸生まれの私が、少しだけ出演しております多国籍な映画の

公開について、嬉しいニュースが届きました!!

第33回東京国際映画祭2020(TIFF)は、

10月30日から11月9日、

コロナ禍で多数の課題を抱えながらも、

開催される運びとなりました。


開催の目的は、3つ挙げられています。

①映画を観る喜びを再確認し、映画の未来に

 希望の光を灯す。

②映画を通じて国際的な連帯を強める。

③コロナ後の映像作品について考察を深める。


・基本的には映画館でのフィジカルな実施。

・従来のコンペ形式をやめ、

 お客様からの投票だけを残す。

・台湾特集を用意。


この企画構成に込められた

主催者からの高いインテリジェンスと愛を

感じます。

さて、ご紹介いたします映画「COME&GO」は

リム・カーワイ監督の声かけによって集まった

10数カ国の俳優とともに、

昨年、大阪キタで、自主制作されました。

コロナ以前の、桜の咲く前後の昨年3月、

大阪には様々なアジアの人々が行き交い、

共に生きる日常がありました。

その様子を、多国籍な群像劇にすることで、

大阪におけるアジアの縮図や、

日本が抱える問題がみえてくるのではないか?

リム監督からの映画制作の提案は、昨年1月に、

インターネットを通じて一般公募されました。


リム・カーワイ監督は、

マレーシア出身で、大阪大学工学部への留学を

期に来日されました。

日本での会社員を経たのち、北京で映画を学び、

小さなリュック1つで世界を旅しながら映画を撮る

自称drifter、映画流れ者です。

今回の最新作の前に、大阪の新世界とミナミで

それぞれ映画を自主制作しており、

映画「COME&GO」は、大阪3部作の最後の作品となります。

以下、オーディション、クランクイン、アップ、

TIFFに参加が決まるまでの取材記事のリンクです。

自主制作で低予算にも関わらず、

交友関係の広い監督の呼びかけに応じたキャストは、各国のトップクラスです。

日本人が知っているアジアの映画スターが

どれほどいるのかを考えたとき、

今回のキャスティングがもたらす

アジアの文化交流について、

TIFFの開催目的を、近所付き合いレベルで超えていく、リアルでディープな大阪の地域性と、

そこに惚れ込んだリム監督のユニークさを、

知ることが出来るでしょう。

画像2


画像1

このような、背景の面白い映画に参加する

ことになった私ですが、

実は、映画の内容を知りませんし、

キャストが誰かという事実も、

東京国際映画祭の公式サイトの予告編を観て

やっと知り得たところです(笑)

クランクイン初日の3日前に、私だけ呼ばれて

撮影現場に参りましたが、シナリオやセリフが

無かったからです(驚)

これほどまでに多言語、多国籍な映画!

どうぞ、皆さまにご視聴いただきますよう

お願いいたします。


予告編の第一声は、私の声です。

人生には、パンも必要だが、バラも必要だ

という言葉がありますが、

長い間、置かれた場所で咲き続けた先に、

私自身を映画に投影するご縁をいただきました。

感謝を込めて🌹

予告編を観て、クランクイン初日に、

監督からこう言われたのを記載しておきます。


「あなたを初日に呼んだら

映画が、うまくいく気がして!」












この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
solayoga

いただいたサポートは、映像制作を手伝って下さる友人への感謝にあてたいと思います。

ありがとうございます😊
インフラを声で🎤支えるアナウンサー 奥窪峰子です。(元NHKキャスター)   神戸でレスキュー隊にヨガを教えています。 インド・ヨガアーユルヴェーダ省の設立に伴 い、国家資格を取得(日本初&世界2例目)           多国籍な映画「COME&GO」に出演。  登山家⛰