スクリーンショット_0031-12-11_15

北極圏へ

まだ来年の渡航は色々考え中ですが、北極に住んでいる海外の写真家さんと連絡が取れたので、来年はアラスカ方面からそちらに行ってみようかな〜と考え中。

スティーブン・カズロフスキーっていう方で、ナショジオの雑誌も飾っているシロクマ界では有名な人。

ダメ元で一緒に同行してくれないか?って連絡取ったら何と返信してくれたので、日程や予算、向こうの都合が合いそうなら行ってみようかな。


シロクマはさすがに一人じゃ死んじゃうので。。(笑  

スクリーンショット 0031-12-11 15.18.13

ただセスナ乗り継いだり、そもそも行くのが結構困難な場所なので、また渡航面でクラファンやったり何がししないと一人ではたどり着けない場所だけど。。^^;

でも遠い知らない世界ってやっぱり憧れがるし、過去に2回カナダ北部にシロクマは撮りには行ったけど、あれだけ大きな動物を柵もなしに目の前にすると、体が竦んで自然界では人間ってちっぽけだなって思うんですよね。 

ただ多少危険を冒しても、守られたつまらない場所からは撮りたくないって常々思ってる。 

写真の良し悪しよりもそういう経験が人生を最大限に楽しむコツだと思うのだ。 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
職業 自然写真家。 NBPhotograph50カ国中、風景部門1位。年間750万人来場スミソニアン自然史博物館で写真展示🇺🇸北海道の風景と動物、北極圏の野生の北極熊が撮影のテーマ🐻デジタルカメラマガジン掲載📖 北極に複数回渡航。 HP siknu.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。