死闘_ジュクゴニアっ__

死闘!ジュクゴニアっ!!

ジュクゴ。
その恐るべき超常の力を駆るジュクゴニア帝国は、今や怒涛の勢いで世界を飲み込もうとしていた。

帝国占領下の街。
震える人々を睥睨しながら、帝国の壮麗なる隊列が進む。隊列の先頭、前軍を率いるのは馬に跨がった女、帝国が誇る二字ジュクゴの将、劫火のカガリ。

霧がかった街の中、その隊列の前に一人の少年が立ちはだかった!

「…ゴミ」

カガリは気怠そうに呟き、すっと右腕を突きだした。その拳には赤く輝く「劫火」の二文字。

次の瞬間!ドゥン!!
爆音。一帯が巨大な炎に包まれる!

…だが!

「決して屈しない。決して屈しはしない…!」

声とともに、炎の中から少年が決然と歩み出した。

その右の眼には「不」
その左の眼には「屈」

両の眼に、鈍く輝く「不屈」の二文字!!

「…はっ」

頬を上気させ、カガリは恍惚と呟いた。

「ジュクゴ持ち…!」

少年はカガリを指さし、凛として叫ぶ。

「俺はハガネ、不屈のハガネ。お前たちジュクゴニアを滅ぼす者だ!」

【次回「四字ジュクゴの男」に続く!!】


「死闘!ジュクゴニアっ!!」の連載を開始しました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

きっと励みになります。

やったぜ!
8
ただひたすら功夫あるのみ。