【9/11受診・更新】今飲んでいる薬の話

本日病院。医者との診察の結果、薬の量がまた減った。

備忘録代わりに、現在処方されている薬を。
【】内は前回比


28日分【←14日分】

朝食後
・アナフラニール 10mg
・ベンスブロマロン 25mg

昼食後
なし

夕食後
・アナフラニール 10mg【←20mg】

就寝前
・トリプタノール 25mg
・セパゾン 1mg
・トリアゾラム 0.25mg
・センノシド 6mg


減ったのは、夕食後のアナフラニールが20mgから10mgになった点。
そして、薬の処方が14日分から28日分になった。

前回の減薬で、アナフラニール10mgだけで朝食後から日中・夕食後まで過ごすことになった。
気分の落ち込みや、過度な悲観的な考えなどが出ないか、若干ここは心配していたが、
思いのほか乗り切れた。ここは良いポイント。

夕食後のアナフラニールが減った。
20mgを服用して、「効いている」実感はあったが、それ以上に「効きすぎている」感があった。
口の中で泡を吹く状態だったり、頭の中で考えがまとまっても、口が回らなかったりと。
こういった症状を主治医に話し、減薬という運びになった。


主治医が重きを置いているのは、「睡眠」がよく取れているかという点。
寝付きだったり、睡眠時に夢を見ているかだったり、寝起きの状態だったりと。
まずはここをしっかりすることを大事にしている。そんな話もした。

昨年冬~今年の正月にかけて、自己判断で勝手に断薬をしたとき、様々な症状が出たが、
睡眠がことごとくひどかったのも一つの症状。
結果、1日2~3時間の睡眠の生活を、2~3週間続けたような状態だった。
心を病んでいない人でも、こんな睡眠状態で生活をしていると、どこか支障が出るに決まっている。


何度も書くが、心の病に関しては、人それぞれ症状の強弱などで飲む薬の種類や量が違う。
あくまでも私はこれ、という一例。

できるだけ早く減薬をできれば良いというゲームではない。
治療は長期戦だというのは、この身を持って体感した。焦らず、徐々に。

#うつ病 #薬 #抑うつ #心の病気 #処方箋 #トリプタノール #薬の服用 #アナフラニール #備忘録

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

m(_ _)m
4
あなたと同じく、私も生きてます。 あなたと違って、生き方が不器用なだけで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。