【11/06受診・更新】今飲んでいる薬の話

本日4週ぶりの病院。薬もしっかりと処方された。

ついでに、インフルエンザの予防接種もしてきた。
とはいえ過信せず。風邪なんてひくときにはひくんだからくらいの心意気で。

備忘録代わりに、現在処方されている薬を。
【】内は前回比


すべて28日分

朝食後
・アナフラニール 10mg 1錠
・ベンスブロマロン 25mg 1錠

昼食後
なし

夕食後
・アナフラニール 10mg 1錠

就寝前
・トリプタノール 25mg 1錠
・セパゾン 1mg 1錠
・トリアゾラム 0.25mg 1錠
【・センノシド 6mg 1錠】


減った部分といえば、下剤のセンノシド。
アナフラニールの副作用として、便秘がある。
アナフラニールを飲みはじめの頃は、気づけば2・3日便秘が続くということも普通にあった。

当初は1回に12mg錠を1錠だったのが、それでは効果が強いということで、
わざわざ薬剤師がひと手間かけて半分に割ったもの(12mgの半錠)を処方されていた。

だが、薬に慣れてきたのもあり、その症状も徐々になくなっていった。
なので、前回処方時からは頓服的な扱いで、「出なかった場合翌日に飲む」という扱いに。

で、この期間(10/9~)は、非常に便通がよく、ほぼほぼ良い状態で毎日出ていた。
ので、今回からセンノシドはなくなった。
(というはこの期間中はセンノシドはほとんど飲んでいなかったのだが)


メインのアナフラニールやセンノシド以外の就寝前の薬の量は変わらず。
自分の中では、今の量で過度に悲観的になることもなく、頭の中がキレッキレになることもなく、
心身ともに心地よく過ごせている。
こちらをお話した結果、前回と変わらず。

このメインの部分の減薬は、やや慎重にならざるを得ない。
昨年末から今年の正月くらいにかけて、自己判断で減薬をした結果、
それはまるで生きた心地がしなかった。
その反省があるので、心に掛かるメインの部分は慎重に。


何度も書くが、心の病に関しては、人それぞれ症状の強弱などで飲む薬の種類や量が違う。
あくまでも私はこれ、という一例。

できるだけ早く減薬をできれば良いというゲームではない。
治療は長期戦だというのは、この身を持って体感した。焦らず、徐々に。

#うつ病 #薬 #抑うつ #心の病気 #処方箋 #トリプタノール #薬の服用 #アナフラニール #備忘録

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

m(_ _)m
6
あなたと同じく、私も生きてます。 あなたと違って、生き方が不器用なだけで。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。