Shohei Ito

読書家兼ソーシャルアクター。年間読書量100冊以上。読書や活動での学びを若者やソーシャル界隈の人たちと共有して、一人ひとりの可能性を支えられる社会をつくりたい。その情報発信の一つとして、note書きます!
固定された記事

イメージは「道を整備する人」

新年も始まりましたし、自分の人生の使い方について今思っていることを書きたいと思います。 先人たちの積み重ねの上に今がある 本をたくさん読んできた中で感じたことは…

コロナ禍の消費についての備忘録

皆さんも感じているかと思いますが、コロナの影響で人が消費するものに変化が起きています。 私は小売(スーパー)に関わっているのでひしひしと感じているのですが、今起…

行きつけの店とコスト志向

学生の頃から変わらずに通っている店が何軒かありますが、最近ふと「なんで毎回行っているんだろう」と疑問に思いました。もしかしたら他の店に行った方がコスパが良かった…

月が綺麗ですね~「I Love Youの訳し方」

タイトルでピンと来た人はいらっしゃるでしょうか? このタイトルは日本の有名な文豪、夏目漱石が言ったセリフを基にしています。 漱石が英語教師をやっていた頃、生徒の…

消費が変われば、社会が変わる

今月から再び小売業で、苦い思い出のある役職に就くこととなります。 あの時抱えていた「お客さんはこの商品を本当に欲しいと思っているんだろうか?」「自分はお客さんの…

「戦わなくていい場所」があること

今月いっぱいで、2年間働いた今の職場から離れ、出向元に戻ることとなりました。 出向期間中の詳しい業務については伏せますが、関連会社でもない完全に他社への出向では…