shishi_72

日々のこと、ふと思ったこと
  • 第七十一候 スキンクリーム / No.71  SkinCream

    第七十一候 スキンクリーム / No.71 SkinCream

    七十二候より、第七十一候 さわみずこおりつめる私には夢があるアシナガバチやスズメバチの女王が動き出す春の日にたった一匹で巣をつくる姿を見つけた時。その素晴らしさに心動かされる人々が増えることを。このスキンクリーム からニホンミツバチたちはあなたにどんな問いかけをするだろうか。岐阜県・奥美濃地方で暮らすニホンミツバチのはちみつとミツロウ、オーガニックハーブなどの天然由来成分で作られたスキンクリームです。日々のなかで、ニホンミツバチが暮らす豊かな自然を身近に感じていただきたいという想いから誕生しました。お顔を中心とした、全身の保湿にオールシーズンでお使いいただけます。日常使いだけでなく、荷物を少なくしたい旅行やキャンプのスキンケアにも。柔らかな柑橘系の香りで刺激が少ないので目元や唇にもお使いいただけます。腕や脚などにお使いになる場合は、ホホバオイルなどのオーガニックオイルと混ぜてお使いいただくのもおすすめです。紫外線によるダメージを受けやすい春・夏のケアには化粧水後に、薄くよく伸ばしてご使用ください。※蜂蜜を使用しておりますので、1歳未満のお子様の口に入らないようご注意ください。※今回より、COSMOS認証取得はしておりませんが、素材、製法すべてにおいて変更はありません。内容量:28g成分:ヘチマ水、水、プロパンジオール、グリセリン、シア脂、マカデミア種子油、エタノール、ホホバ種子油、ジ(クエン酸 / ステアリン酸)ポリグリセリル−3、ハチミツ、ミツロウ、コメヌカ油、カルナウバロウ、ラベンダー花 / 葉 / 茎エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウエキス、セイヨウイラクサ葉エキス、セイヨウハッカ葉エキス、水添ナタネ油アルコール、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、スクレロチウムガム、リゾレシチン、プルラン、キサンタンガム、クエン酸、シリカ、ラベンダー油、オレンジ果皮油、ローマカミツレ花油、ユズ果皮油、ニュウコウジュ油
    ¥4,400
    シシ七十二候
  • 第七十三候 /  ようみつ / クロガネモチの蜂蜜 (国産天然)  / 600g

    第七十三候 / ようみつ / クロガネモチの蜂蜜 (国産天然) / 600g

    第七十三候 ようみつ近代養蜂によるセイヨウミツバチの蜂蜜です。"獲物を獲りたいが敵にもとられまいと忙しそうです。そこにわたしも網を持って参戦します。喧嘩しているところをヒョイっと、まるでそよ風のように。" ━━━Biophilia.No.0 P45よりクロガネモチは名のごとく金運をはじめとても縁起が良い木とされてます。5〜6月に開花し冬に真っ赤な身をつけます。蜂蜜の味はあっさりとした甘味と爽やかな香りの中に程よいコクを持ちあわせた美味しい蜂蜜です。市場にはなかなか出回らない貴重な蜜です。無くなり次第今年の分は終了となります。縁起物としてお祝い、贈り物にもおすすめです。600g ☆ 冬季は結晶化しておりますので、予めご了承ください。※1歳未満のお子様には与えないでください。○シシ七十二候がセイヨウミツバチの蜂蜜を取り扱うようになったきっかけ日本の養蜂でよく使われる、セイヨウミツバチはヨーロッパやアフリカ、中近東が原産のミツバチです。長らく、日本の環境では野生化しないと言われてきましたが私たちがニホンミツバチと暮らす中で、巣分かれをしたセイヨウミツバチの群に出会ったり同じくミツバチと暮らす方から、セイヨウミツバチが野生化しつつあるのではないかという話を聞くことが近年増えてきました。その原因のひとつに、知識や管理が不十分なセイヨウミツバチの飼育があげられます。シシ七十二候では、長年の知識と技術の上きちんと管理されたセイヨウミツバチの蜂蜜をお届けし、問題を知っていただくことが生態系を少しでも守ることにつながると考えています。
    ¥3,645
    シシ七十二候
  • 書籍  /  Biophilia.No.0    バイオフィリア 第0候

    書籍 / Biophilia.No.0 バイオフィリア 第0候

    シシ七十二候代表・西村玲子による書籍です。ニホンミツバチをはじめとした、いろいろな生き物たちとの13年間の物語に足を踏み入れてみてください。  "何かを食べながらこちらを興味津々でうかがっていて、わたしは窓越しに猿の群れを見ているつもりですが、もしかすると、わたしが動物園の動物のようにサルに見られているのかもしれない。” ━━━Biophilia.No.0 P60より 表紙のロウ引きから、製本まで 一冊づつ手作りで作っております。 和紙をミツロウでロウ引きし表紙としました。日本古来の和綴じ(わとじ)本を参考にして、アレンジしております。ロウ引きも手作業で行っておりますのでロウが濃い所薄いところがあり、全く同じ仕上がりのものはございません。お手元に届いた一冊の、個性をお楽しみください。 丁寧に扱っていただければ読み繋げていただけるかと思います。 長い年月ととも趣のある一冊として、ご家庭にお招きいただけたら 幸いです。 Biophilia,No.0 / ばいおふぃりあ 第0候  著者 ReikoNishimura 西村玲子 13年にわたる、著者とニホンミツバチと、その周りの小さな生き物や動物たちとの暮らしを綴った物語。 そこから学んだことは、「わたしは何も知らない」ということであった。日本の田舎に生まれ育ち暮らす著者の視点は、誰もが見向きもしなくなってしまった、小さな小さな世界で起こる優しくも厳しく、かわいらしく、淡々とした生き物たちの姿を、素朴に著した一冊である。人間の中にある先天的な、生物や生気に引きつけられる心理的傾向を、著者の言葉として記しながら、あくまでも「素人」というスタンスで、現代の人々の様々な思考に刺激を与えられるかという著者なりの試みでもある。多くの人々が倫理的には良い方向を向きつつも、いったいその「良い方向」がどのあたりの視点で見ているかによって、全く、あるいは少しのズレが生じるのではないかという著者なりの問題提起に挑んだ作品。   A5サイズ / 80p
    ¥1,800
    シシ七十二候
  • 第七十三候 /  ようみつ / クロガネモチの蜂蜜 (国産天然)/120g

    第七十三候 / ようみつ / クロガネモチの蜂蜜 (国産天然)/120g

    第七十三候 ようみつ近代養蜂によるセイヨウミツバチの蜂蜜です。"2019年2月、私はミツバチのいない養蜂家になりました。" ━━━Biophilia.No.0 P5よりクロガネモチは名のごとく金運をはじめとても縁起が良い木とされてます。5〜6月に開花し冬に真っ赤な身をつけます。蜂蜜の味はあっさりとした甘味と爽やかな香りの中に程よいコクを持ちあわせた美味しい蜂蜜です。市場にはなかなか出回らない貴重な蜜です。無くなり次第今年の分は終了となります。縁起物としてお祝い、贈り物にもおすすめです。120g ☆ 冬季は結晶化しておりますので、予めご了承ください。※1歳未満のお子様には与えないでください。○シシ七十二候がセイヨウミツバチの蜂蜜を取り扱うようになったきっかけ日本の養蜂でよく使われる、セイヨウミツバチはヨーロッパやアフリカ、中近東が原産のミツバチです。長らく、日本の環境では野生化しないと言われてきましたが私たちがニホンミツバチと暮らす中で、巣分かれをしたセイヨウミツバチの群に出会ったり同じくミツバチと暮らす方から、セイヨウミツバチが野生化しつつあるのではないかという話を聞くことが近年増えてきました。その原因のひとつに、知識や管理が不十分なセイヨウミツバチの飼育があげられます。シシ七十二候では、長年の知識と技術の上きちんと管理されたセイヨウミツバチの蜂蜜をお届けし、問題を知っていただくことが生態系を少しでも守ることにつながると考えています。
    ¥1,080
    シシ七十二候
  • 第八候 リップトリートメントスティック

    第八候 リップトリートメントスティック

    ※こちらは、予約販売の商品となっております。お届け予定は、1月下旬です。七十二候より、第八候 ももはじめてさく"どこかに行かなくても、すぐそこに小さな世界があることに気がつくかもしれません。それは、あなたにとって素敵な宝物になるかもしれません。"━━━Biophilia.No.0 P62より保湿だけでなく、美容ケアも。フランキンセンスとローズの優しい香りで、マスクを使っているときのリフレッシュにもおすすめです。アボカドオイルやシアバターなど天然成分がベースとなっており、唇をしっかりと保湿し、潤いのある唇へと導きます。なめらかな質感で塗りやすく、ベタベタとしないのが特徴です。年齢肌や、紫外線のダメージにも良いラズベリーシードオイルも使用しています。使いごこちはマットな質感ながらもナチュラルなつやを出すので、リップのケアだけでなく口紅下地としてもお使いください。ツヤツヤした感じが苦手な方にもおすすめです。内容量:4g成分:ホホバ種子油、アンズ核油、キャンデリラロウ、シア脂、アボカド油、ヨーロッパキイチゴ種子油、ダマスクバラ花油、ニュウコウジュ油、パチョリ油、スサヌススピカツス木油、ニオイテンジクアオイ油※リップを回し繰り出しご使用した後、稀に戻りづらい場合があります。
    ¥1,250
    シシ七十二候

story / シシ七十二候のはじまり

2006年シシ七十二候の創業者西村玲子はニホンミツバチとの暮らしを始めました。 西村は1999年から2019年までパティスリーの運営に携わります。 その洋菓子店では1999年〜2…

私には夢がある 私の家で暮らすミツバチが、近所の畑の花々から花粉や蜜を集め その実がたわわに実る時、花粉交配のお礼として 野菜やその果実で作ったジャムのお裾分けを…

あけましておめでとうございます。

2021年が始まりました!本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 私にとっていつもと変わらないお正月です。いつもと変わらないことがとてもありがたいと思える2020年で…

秋の昼下がりの散歩にて

山への散歩みち 小虫の大群に出会いました。 3億くらい?はいたかもしれない。笑 蜂の分蜂を追いかける時の癖なのでしょうか、この旅の始まりがどこからか知りたくなり山…

なぜ、セイヨウミツバチの蜂蜜を取り扱おうと思ったか。

セイヨウミツバチとニホンミツバチ、違いはいくつかあります。ニホンミツバチは、プロポリスの採取をしないのもその一つです。セイヨウミツバチは、プロポリスを巣の壊れた…

かみなりすなわちこえをおさむ

かみなりすなわちこえをおさむ  七十二候より 9月22日〜27日ころ 秋分 / 初候 / 第四六侯  七十二候が秋分の初候に かわりました。  春分の末候である…