マガジンのカバー画像

【電子書籍】 社会人のための楽器の継続と上達の手引き

11
■ 楽器を弾く力は「続け方」と「上達する能力」でできている! 週末に人前でライブをしている筆者も、成人後に独学で楽器を始めた「ごく普通の社会人」のひとりでした。本書は、その試行…
書籍「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」のnote版です! 楽器を楽しく続けるにはどうしたら…
¥1,150
運営しているクリエイター

記事一覧

[SR-001-11] おわりに:あなたに伝えたかったこと

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の11ページ中の11ページ目で、「おわり…

200
シロイ
5か月前
3

[SR-001-10] 第九章:ヒントと寄り道

本ページは「社会人のための楽器を楽しんで上達する考え方」の11ページ中の10ページ目で、「第…

200
シロイ
5か月前
3

[SR-001-09] 第八章:モチベーションが落ちたときには

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の11ページ中の9ページ目で、「第八章…

200
シロイ
5か月前
4

[SR-001-08] 第七章:人間関係から得られるもの

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の全11ページ中の8ページ目で、「第七…

200
シロイ
5か月前
2

[SR-001-07] 第六章:視界を広げる、自分の軸を持つ

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の全11ページ中の7ページ目で、「第六…

200
シロイ
5か月前

[SR-001-06] 第五章:人前で演奏すること

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の全11ページ中の6ページ目で、「第五…

200
シロイ
5か月前
1

[SR-001-05] 第四章:レッスンの必要性を考える

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の全11ページ中の5ページ目で、「第四章:レッスンの必要性を考える」の章です。 ※本書にはペーパーバック版およびKindle版も存在します。また、書籍の詳細については、シロイブックス公式サイトの書籍情報のページもご利用ください。 独学でもよいが、レッスンで得るものは多い幻想を取り除く レッスンについて、私の考え方を最初に明らかにしておきます。それは「独学をメインにしても大丈夫だが、レッスンで得られるものは多いので、しっ

¥200

[SR-001-04] 第三章:テクニックの話

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の全11ページ中の4ページ目で、「第三…

200
シロイ
5か月前

[SR-001-03] 第二章:練習をどう続けるか

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の全11ページ中の3ページ目で、「第二…

200
シロイ
5か月前
3

[SR-001-02] 第一章:最初に考えること

本ページは「社会人のための楽器の継続と上達の手引き」の全11ページ中の2ページ目で、「第一…

シロイ
5か月前
5

[SR-001-01] はじめに:本書が目指すもの

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

シロイ
5か月前
5