見出し画像

ありあまる

わざと手を離した

私にはもったいなかった

そのありあまる愛は

私には大きすぎた

そのありあまる優しさは

私には窮屈すぎた

そのありあまる居場所は

私には足りなかった

ありあまるあなたの全てを囲うキャパシティが

わざと手を離した

スローモーションで後ろに倒れ

別れ という崖を転がる

嗚呼、さよなら

私のありあまる想い達



#散文 #詩 #思い

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでくれてありがとうございます。 スキしてくださるととても嬉しいです。 してくださらなくても、目を通してくれてありがとうございます。

明日も良い日になりますよきっと。
5
大したものは書けないですが私の頭の中があなたの暇潰しになればとても嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。