薬剤師が解説『柑橘類とお薬の飲み合わせ』
見出し画像

薬剤師が解説『柑橘類とお薬の飲み合わせ』

諸注意とお願い

グレープフルーツジュース (4)

プロフィール

グレープフルーツジュース (3)

それでは、本編に入りましょう!

今回のお話のポイント

薬とグレープフルーツジュースは一緒に飲んではいけないと聞いたことがある人がいるかもしれません。
それはどうしてなのでしょうか?

今回は、
一般的なグレープフルーツジュースに関する注意の記載例について
グレープフルーツジュースはどんなしくみで薬に対して作用するか
どんな薬が影響を受けるのか
一緒に飲んではいけないとは具体的にどういうことなのか
個人差はあるのか、等
グレープフルーツジュース以外に気を付ける果物は何か
についてのおはなしをします。

グレープフルーツジュース (5)

薬の説明書やシールの記載

グレープフルーツジュース (6)

調剤薬局で薬を貰うと、一緒に薬について説明した印刷物やお薬手帳にシールを貼ってもらえるかと思います。
これは、そこに記載されているグレープフルーツに関する記載の例です。
「この薬は、グレープフルーツジュースと一緒に服用しないでください。」

Q:んー? 水の代わりにグレープフルーツジュースで飲んではいけないということでしょうか??
A:そう思っちゃうかもしれないですね。

「[摂取に注意する飲食物] グレープフルーツジュース」


Q:注意するって...??
A:どうしたらいいかわかんないですよね。

最後の記載例は、少し丁寧ですね。でも、
「本剤の服用中は摂取しないようにしてください。」

Q:絶対ダメっていうことでしょうか?
A:長く薬を飲んでいる人にとっては厳しいですよね。

この続きをみるには

この続き: 4,426文字 / 画像7枚

薬剤師が解説『柑橘類とお薬の飲み合わせ』

ネット心理教育(双極性障害)

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ネット心理教育(双極性障害)

ネット心理教育は全てボランティアスタッフで活動しております。サポートしていただいた分は今後の活動にいかしていきます。これからも応援をよろしくお願いいたします♪

大吉!スキありがとうございます!
薬剤師(当事者)×公認心理師です。心理教育とは、知識や治療法の情報を得て当事者が『生きる力』を持つ為の心理療法の1つです。YouTubeで発信し、Zoomを使ったグループワークで意見交換をしています。 詳しくはこちらから⇛https://www.shinrikyoiku.com/