見出し画像

マレーシア政府の活動制限による会社の方針

こんにちは。

マレーシアで働いていますが、マレーシア政府の活動制限に併せて仕事も在宅に切り替わりました。

会社からPCを支給されセットアップをして仕事に備えます。

会社側からは仕事のスタート日は今の段階では伝えられておらず、家でゆっくりしているだけですがそろそろ始まりそうです。

期間は一応月末まで。もちろん政府や会社の意思で柔軟な対応になりそうですが。

在宅と言っても、もともと会社まで徒歩3分とめちゃくちゃ近いため自分的にはそれほど大きく変わりません。

それより会社から夜の8時以降の外出は厳禁と言われ、また日中でも不要な外出は避けるように通達されています。

会社員のためキチンと従いますが、先月とは世の中が明らかに様変わりしています。

日本の友人の話だと、日本はまあまあ外出も自由だし行動の制限もそれほど厳しくなっていないらしい。

どちらが良い悪いじゃなく、個人としては決定事項に粛々と従うのが正しいやり方だと思う。

マレーシアでは夜の8時以降の外出者には警察からの尋問があり早く帰宅するように言われるらしい。

適切な理由がない限りややこしくなりそうだから、最小限の外出(食品の買い物)以外は家にいることになる。

仕事が再開するまでは英語の勉強や副業をこなしながら、少しでも自分のスキルアップをしていきます。

月末にはコンドミニアムの引っ越しもあるし、ドタバタしそうです。

マレーシアに住んでもうすぐ1年。

日本で働いていた時よりストレスが驚くほどなくなった。

こちらで次のチャンスを掴むべく、さらに行動してやり切りたいと思ってます。

画像1

#マレーシア #海外生活 #現地採用 #海外起業 #起業 #クアラルンプール #日記 #noteのつづけ方

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂いたお金は2020年のマレーシアでの起業のために使っていきたいです!

応援ありがとうございます!ハゲになります、じゃない励みになります!
15
カンボジアでゲストハウスと屋台カフェ経営。 今はクアラルンプールで外資系企業勤務。2020年内にコワーキングスペースxHostelで起業予定。 好奇心が服着て歩いており、考える前にアクションしちゃう系です。 https://www.cambodia-guest-house.com