紅葉目指して下れ、下れっ!霧降高原
見出し画像

紅葉目指して下れ、下れっ!霧降高原

無空真実

2020年9月、コロナ渦、恒例である日本の冬の時期、夫の故郷であるニュージーランドに帰ることは無理だろうと判断し、久々に寒い冬を越すことが決定しました。寒いの苦手なんだよな。

ならば苦手な冬がやってくる前にもうひと登りどこか行きたいなぁと気学盤で吉方で楽しめる方位を見つけてコースを探します。

この時期、東京の感染者人数は多く残念ながらGOTOトラベルキャンペ-ンから除外されていましたが、

ーーだけど11月になると大丈夫じゃない?

11月ならば方向は北方が良いようです。

ーー北なら日光?

そう思い、ハイキングコースをいろいろ調べていたところ以前、バスの関係で行くのを諦めていた霧降高原コースが、ちょいとコース変更すればどうやら行けそうと判明しました。

折角なので日帰りよりもどこかの宿と選び抜いてスケジュールを立てます。

幸い10月に入ると東京も無事、GOTOが始まり、早速お目当ての宿をゲットです。

二人二泊朝・夕食付き46000円が29000円。

なんたる安さっ、ありがとうGOTOキャンペーンっ!!

ウフフ・・・・楽しみっ💛

しかし出発2週間前に膝に激痛が走り、正座すら出来ない状態になってしました。

どうしよう、どうしよう、どうしようも出来ないから接骨院行こう。

良き先生の元、膝の調子も順調に回復。

「今回は珍しく下りメインのコース、ならば大丈夫じゃないかな」と根拠なしの判断の元、多少の痛みを抱えたまま日光へと向かいます。

日光駅周辺は見事な紅葉に包まれ、もうハイキングが楽しみで仕方がない。

満室御礼の宿からは眩しいほどの黄金色の紅葉が広がっています。

「自然の恵みって半端ない・・・・・・・・」

翌朝、しっかりと朝食をいただき、まずはバスに乗って霧島高原キスゲ平園地を目指します。

到着後、少し時間に余裕があったので園内を散策。

上へと続く続く階段に呆気にとられ、栃木名物二荒颪を全身で体感しながら歩き進めます。

なんて美しい景色なんだろう。広くて壮大な景色に言葉を失います。

だけどここは温度も低く色づく木々はわずか。

紅葉の中、ハイキングしたかったな。

とりあえず、霧降の滝目指して下って行こうっ!


ハイキング詳細は以下の本の中でご紹介しています。よかったら手にしてください。


無空真実の電子書籍です。よろしくお願いします。

#旅のフォトアルバム


この記事が参加している募集

旅のフォトアルバム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しくて満開っ。
無空真実
心身ともに自由に生きていくことをモットーに。旅、ハイキング、合気道、瞑想と自己啓発をこよなく愛し、旅行記、空想会話、詩、ショートストリーなどを書いています。生きている道中、いろいろあるけど楽しいがいいっ https://muku-room.com/