第31回

「女すごろく」のゴールはどこか

おぎゃあと産声を上げてこの世に誕生した時点では、誰もが赤子だった。
そこから数年、就学児となる頃にはじわじわと個性が形成され、発育にも少しずつ差が出てくる。
成人した頃には、すでに結婚し子供をもうけるほど仕上がっている人もいれば、中二レベルから大人になりそびれ「永遠の思春期」に突入してしまう人もいる。

いわゆる「中年」と呼ばれる40代。ここまで生き延びると、実に多様化した生活ぶりになってくる。
子育てが終わり、第二の人生的に熟女ライフを謳歌する段階の人もいれば、思春期の子供に翻弄されつつ、必死で働き家のローンに追われる段階の人もいる。社会人歴20年のキャリアでバリバリ働く脂の乗った人もいれば、人生半ばにして「このままでいいのかな」と自分探しの旅に出てしまう人もいる。

どんな人生を送ろうとその人の自由。何が正解で何が間違いということはない。
ただその時々で選び進んできた結果が如実に表れ、人によりステータスが大きく異なってきた「現実」を、否応なく意識させられるのが「40代」という年頃ではないだろうか。

この続きをみるには

この続き: 1,678文字
記事を購入する

「女すごろく」のゴールはどこか

島田佳奈(Kana Shimada)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」ありがとうございます!
1
作家/女豹ライター/コラムニスト。 ここでは、ブログや連載媒体では書けない「女の本音」や昔の秘蔵原稿などをアップします。 コンテンツは基本有料ですが、一部無料または投げ銭もアリ。

こちらでもピックアップされています

熟女はつらいよ!?
熟女はつらいよ!?
  • ¥400 / 月
  • 初月無料

レベル51(2020年現在)の熟女・島田佳奈が実際に遭遇した「熟女ならでは」の辛辣さから旨味まで、包み隠さずリアルに語ります。 意外と知られていない「熟女の生態」について、色眼鏡を外せること間違いなし! 似たような悩みを抱える同世代の熟女、これから熟しはじめるアラフォー女子、パートナーが熟女の男性諸君は特に購読推奨。