突然の自信喪失

【突然の自信喪失】

なんとなく自信が持てない、自己肯定ができない、なんてこと、ふとした時に思いついちゃうことがあります。
やっかいなのは、こうした自分への否定的な気持ちって、なかなか取り除けないってこと。

「いいんだ、いいんだ、ぼくなんか・・・。」ていう悲観的な気持ちって、意外と気持ちがよい。
こうした憂いや悲しみの気持ちって、ココロやカラダが疲れている時、ふつふつとわいてきます。
とくに忙しかったり、強いプレッシャーを感じた後にね。

こんなとき、必要なのが、十分な休養と気晴らし。

一時的な自信の喪失、突発的な意味不明な自分への否定的な気持ちって、ココロとカラダのエネルギー不足が原因。
そんな気持ちがわいてきたのは、いつもの暮らしの中に、「自分をとりもどすゆとり時間」を必要としているわけです。

「いいんだ、いいんだ、ぼくなんか・・・。」っていう気持ちがむやみにわいてきたときには、「自分と取り戻すゆとり時間」を持つようにしよう。
そんなゆとり時間の演出のために、今日のわが家にはマドレーヌが登場。
そんなわけで、現在、マドレーヌレシピを探している真っ最中。

マドレーヌはフランスの女の子が最初に習うホームメイド焼き菓子なのだとか。
そんなフランス焼き菓子の定番を作りながら、ココロを満たす時間にしてみよう。
日照時間の短いフィンランドでは、そんなお菓子とお茶をみんなで囲んで、和気あいあい過ごす「フィーカ」という時間があるそうです。
※デンマークでは「ヒュッゲ」というのがあるみたい。

日常の忙しさや、プレッシャーの多い仕事や人間関係に疲れきっちゃう前に、ココロ満たす時間、積極的にもてたらいいね。
と、そんなことを思いつつ、現在、マドレーヌレシピ、創作中。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9
易占家・仙亀(せんき)です。 東洋の占術である「易占」は、人生の荒波を軽快に乗り越えていくために必要な、豊かな叡智が満載です。 そんな「易占」の知恵を気楽に楽しめる読み物として、noteに掲載していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。