Seizsakaki

この2年間で、介護のほとんどが終了しました。そのことを書いていってます。コロナでなくても、こもってます。

介護の終わりに(9)

父親は、危篤状態の人らしくしていた。具合が悪いというアピールを入念にしていた。私は全く相手にしなかった。 父「あちこち、痛い」 私「そうなんだ。そりゃきついね」。…

800

介護の終わりに(8)

危篤の、今にも死にそうと母から父のことを聞いた時、私は前頭葉でしか考えてなかった。理性的に、娘であれば父親の危篤の際にこのようにものを言い、このように行動するの…

介護の終わりに;ちょっと休憩

記事を有料にする。その設定を、何回か使ってみた。その感想を書く。 当初、自分の書いたものの有料化は、全く思ったことがなかった。卑下しているわけでもない。自分はラ…

介護の終わりに(7)

これまでの人生でよくあったことだが、結局自分が何をしたいのかわからなくなることが多い。 例えば、外来の担当の日。たくさんの人の話を聞いていると、自分が一体何をし…

300

介護の終わりに(6)

おそらく、だけれども、最近のコロナウイルスのことを私の家族で一番怖がるのは、父だろう。生きていたら、の話だけれども。

700

介護の終わりに(5)

今日、職場から正社員化=常勤化は待ってくれ、と言われた。といっても、10月からの予定だったのを、来年4月にしてくれ、というものだった。 このような話は、これで3回目…

600