政策アウトプット

政策を考えアウトプットします。

政策アウトプット

政策を考えアウトプットします。

    最近の記事

    日本がとるべき原子力政策について

    趣旨 原発や原子力潜水艦、核について日本はどのようにするべきかを述べる。 核融合エネルギーへの投資核融合エネルギーを実用化できればすべてのエネルギー問題が解決する。 火力発電が必要なくなるため脱炭素問題が解決できるだけでなく、既存の再エネと違って自然環境に影響されないため安定供給もできる。 さらには核のゴミがほとんど出ず、ゴミからも発電することができる。 技術にメドが立って、早めに商用化できるかがカギだが、いち早く確立させて世界で高いプレゼンスを誇れるようにすべき。

      • 少子化の解決に必要な子育て政策

        趣旨 異次元の少子化対策という言葉が出てきたが、具体的にどのような政策を打ち出すべきかの考えを述べる。 1.所得制限の撤廃現在児童手当には所得制限があり、年収1200万円以上の家は児童手当を受け取れない。960万円以上だと一律5000円になる。 頑張れば頑張るほど損をする形であり、児童手当を受け取れば子育てをする余裕がある程度ある世帯が児童手当を受け取れず、そのような世帯も子育てに余裕がなくなってしまう。 児童手当が受け取れないから昇給昇進をためらうという事例もあるが、

        • イノベーションを加速させ、新産業で経済を伸ばすために必要なこと

          イノベーション、スタートアップの新産業を生み出すためにすべきこと 市場がどう変わるべきか 新しいアイデアを潰さない、過去の実績で評価しない市場に持っていくことが大切だ。まずは行政が積極的にスタートアップ事業を抜擢して先例を作るべき。 また既存の企業のデジタル化、新サービスへの対応力も必要である。サービスを買う法人がアナログでは新サービスも普及しない。 アメリカでは、ベンダーだけでなくユーザーの方がITスキルがあり、デジタルがわかる経営者が多い。だから新サービスが普及する。

          • がん検診を全年齢対象にし、安価で検査できるようにするべきです

            趣旨 がん検診を40歳以上などの年齢制限を設けずに全年齢対象で検査できるようにすることで、がんの早期発見、予防医療を推進するべきです。 背景 がんは早期発見をすることで治る確率が上がります。特に若い世代の人が癌になると進行が早く、気づいた頃にはステージ4になっていることがあります。 最近ではプロ野球選手が複数人早期でがんが発見されました。早期で治療した結果回復して現在プレーしています。 早期発見早期治療がとても大切であるが、自治体や企業で受けられるがん検診は基本35歳や

            地方議会が他の仕事と兼業しやすくするために、開催時間などを改革すべきです

            趣旨 地方議会を改革することで、企業従事者などが気軽に議員になれるようにし、議員の成り手不足を解消するべきです。 背景 地方議会選挙が四年に一度開催されるが、ここ最近立候補する人が減少し、定員割れする自治体が増えている。特に若い人や民間で成功している人が立候補しない傾向が強まっている。 その理由の一つとして、立候補をすると今の仕事を辞めなければならないことが挙げられる。特に落選してしまったら無職になってしまうリスクがあるため、立候補を躊躇ってしまう。 そこで今の仕事を辞

            日本型新卒一括採用を廃止し、新卒にもジョブ型の通年採用を導入するべきです

            趣旨 新卒一括採用を廃止し、ジョブ型の通年採用を行うことで、適性に合った部署に入ってもらい得意分野を伸ばせる仕組みを作るべきである。同時に企業がジェネラリストに育て年功序列で昇給する仕組みを終わらせることで、給料が上がりやすい仕組みを作るべきである。 背景 新卒の就活は大学の3〜4年生に一斉に採用活動を開始する。特に部署を決めずに一括採用をし、採用後に希望関係なしに必要な部署に配属する。昭和のように、終身雇用で企業がジェネラリストに育てる時代であれば、このやり方はマッチして

            解雇規制や農地規制、乗り物などの規制改革を主張します

            趣旨 様々な規制緩和を行うことで、競争原理を働かせて成長を促すべきである。 解雇規制 まずは解雇規制の緩和をするべきである。終身雇用でメンバーシップ型の雇用では、給料は上がらず頑張るモチベーションもない。 解雇規制を緩和し、ジョブ型雇用を完全に導入することで、活躍できる人材がしっかり高給を得られるようにするべきである。 実際に外資系の金融やコンサル、ITなどの業界は解雇が根付いており、その分優秀な人に思い切って高い給料をオファーできている。この性質を他の業界にも導入する

            免許更新時以外にも交通安全のビデオをみるような制度を作るべきです。

            趣旨 免許更新の時以外にも交通安全の意識を高めるために、交通安全のビデオを見る規則を作るべきである。 背景 自動車の免許は3〜5年に一度更新をすることになるが、その際に交通安全のビデオを見ることになっている。 そこで運転する際に何を注意すべきなのかを確認でき、安全への意識が高まる。 しかし数年に一度しかそのようなものを見る機会がなく、普段は交通安全の意識が下がってしまう人も少なくない。 そこで交通安全の意識が高まるよう、ビデオを少なくとも毎年、または年に2回ほど見なけれ

            私が考える今日本に必要な安全保障政策

            政治家を志したきっかけ私が政治家を志したきっかけは、2019年の香港デモを見て、日本の自由主義が当たり前ではなく、隣国の脅威にさらされていることを実感したことである。 そして、日本を守るためには防衛力の強化と長期的な経済の発展が大切だと学んだ。 安全保障に有効な施策とは高橋洋一氏によると、アメリカの研究結果から①強固な同盟による集団的自衛権、②民主主義国同士であること、③防衛力の均衡の3つが戦争リスクを減らすのに有効であると明らかになっている。 この方針をもとに、以下の政策

            私が考える今日本に必要な経済政策について

            政治家を志したきっかけ私が政治家を志したきっかけは、2019年の香港デモを見て、日本の自由主義が当たり前ではなく、隣国の脅威にさらされていることを実感したことである。 そして、日本を守るためには防衛力の強化と長期的な経済の発展が大切だと学んだ。 日本が抱える問題日本が抱える問題は多数ある。以下に主な日本が抱える問題を述べる。 まずは防衛力を強化し、周辺国の脅威から国民を守ることである。 実際のところ防衛費が増えれば防衛力が強化される。一般的にGDP比2%が防衛費と言われ

            経済の発展のため、緩和するべきだと思う既存の規制を述べます。

            1.電波オークション テレビの電波オークションを導入するべきです。日本以外の先進国はほとんど導入しており、導入していないのは独裁国家くらいである。 電波オークションを導入することで以下のメリットがある。 一番は、競争の原理が生まれ、コンテンツの質が高まることである。今の時代は情報社会で人それぞれ好きなものを見られるため、よりコンテンツの中身が問われる。コンテンツの質を高めないと収益が得られなくなり、電波を獲得できない。 また、既存のテレビ局以外のメディアが成長しやすくなる

            株式市場を流動的にするべきです

            趣旨 日本の株式市場を流動的にすることで、新しくて時代に沿った企業がより評価されるようにするべきです。 背景 日本の株式市場では、昔から売上を高めている伝統的な大企業が東証一部などを席巻している。基本落とされることがないため、企業が変革を強化しなくとも東証一部などに居続けられる。 一方でアメリカの市場では入れ替わりが激しい。特にエネルギー分野では、旧来の石油系企業がS&P500などから陥落することはよくある。そして次世代エネルギー企業やIT企業などの比較的新しい企業が株式

            移住支援の拡充、改善を主張します。

            趣旨 移住支援制度の拡充を図ることで、東京一極集中の解消を加速させる 背景 近年各自治体が移住者を増やすためにさまざまな施策を行っている。国の視点としても、地方に人口が集まれば、災害時の被害や少子化の対策につながるというメリットがある。 そのため地方移住は加速させるべきである。 一方移住のブロッカーは職やお金の問題が挙げられる。しかし最近ではテレワークが進み、都内に住む必要がない人も増えた。 そのような人に移住をどんどんしてもらうのが良い。 今の制度は以下である。

            自治体にマーケティング課の設置を推奨します

            趣旨 マーケティング課をあらゆる自治体に設置することで、様々な施策のPRを強化して、投資対効果を高めるべきである。 背景 千葉県流山市ではマーケティング課が設置されている。流山市が子育て支援が充実している市として広く知られていることからも、マーケティング課の意義があると考える。 マーケティングの本質は、少ない投資で大きな効果を出す、人手をかけずにサービスを広めるということである。一方で自治体が使える予算は限られており、特に地方によっては税収が少なく予算が少なくなってしまう

            高校の学費支援を学校ではなく個人に支援する提案

            趣旨 高校の学費補助金を学校に支給するのではなく、個人に支援することで個人がどこで何を学ぶか選択しやすくなり、競争を創出する。 背景 高校の授業料無償化を各自治体で行っているが、基本的には学校法人に支援することで授業料無償化を実現している。 ※1 大阪府の支援制度 https://search.yahoo.co.jp/amp/s/czemi.benesse.ne.jp/open/nyushi/exam/27/feature/1276092_13746.html%3Fusq

            インターネット投票を実現するための提案

            背景 若者の投票率が低い状態が続き、若者向けの政策が重視されにくい社会になっている。一方で大半のことがインターネットでできるようになった社会なので、投票もインターネットでできるようになれば、若者の投票率が上がると言われている。 しかし現状ではインターネット投票が実現されない。もちろんベテラン議員の一部が敬遠するからという理由もあるが、個人が周りに影響されない環境で、個人の意思で投票できるのかが確認できないことが問題点である。 そこで、本人が投票している証明と、周りの人に影