沖 さやこ

2009年3月音楽系専門学校卒→音楽ライターアシスタント→2010年5月からフリーランスライター。2016年にアルバイトを辞め専業に。ウェブマガジン「ONE TONGUE MAGAZINE」運営中。FMラジオでマンスリーコーナー。s_o_518(at)yahoo.co.jp
    • 月別お仕事リスト

      執筆した記事を月ごとにまとめています

    • 日記

      日々の出来事、思考

    • ONE TONGUE MAGAZINE

      ワンタンマガジンに関する投稿

    • 音声ブログ「世紀末少女」

      1990年代末に中学生だった沖が中学生時代の音楽事情について語る音声ブログ

    • すべてのマガジンを表示
  • 商品の画像

    エッセイ本『就職できなかったフリーランスライターの日常』

    文庫本216ページ。ワンタンマガジンに掲載された『しょくふに』を大幅にリアレンジし、書き下ろしを2本プラス。それに加えてnoteに掲載した選りすぐりのテキストのリアレンジ版を掲載しています。しおりつき。 こちらから試し読みができます!(PDF 47.0 MB) https://www.dropbox.com/s/o1tk6zzquvtx96d/shokufunibook_sample.pdf 皆様からのありがたいリアクションをまとめたTwitterモーメントはこちら https://twitter.com/i/events/1373906832511565824 エッセイ『就職できなかったフリーランスライターの日常』を書籍化! http://one-tongue.net/2021/01/24/5601/
    1,250円
    ONE TONGUE MAGAZINE official shop
固定された記事

10周年記念エッセイ本販売開始から1ヶ月半経ちました

 今年1月にnoteでもご報告したとおり、個人出版でエッセイ本『就職できなかったフリーランスライターの日常』を作りました。  わたしみたいなしがないライターがおこが…

1年前

6/25 猫の死のショックで眠れず、朝5時近所徘徊。コンビニでハーゲン買い。食べたら知らない間に寝ていて、起きると13時。何もやる気が起きない。夕刻母と猫が病院から帰宅、猫の好きなシフォンケーキを母と食す。ひとり海沿いを歩く。軽い熱中症、バスで帰宅。帰宅後、猫の横で仕事。

13時間前

6/24 猫点滴のため日帰り入院3日目。頭撫で見送る。病院ではうろうろ歩きよく食べたとのこと。母が迎えに行き18時に帰宅。22時半に永眠。わたしはライブ終わりすぐ帰宅したけど10分死に目に間に合わなかった。たぶん家に帰ってこれてホッとしたんだ。点滴のおかげで苦しまずにすんだんだ。

1日前

6/23 猫、点滴日帰り入院2日目。ひたすらテープ起こし。夕方から暑くなる。猫帰宅。昨日より元気はない様子。水に顔を突っ伏してしまうこと多々。歩いていて倒れることも。夜中に少しずつ動くようになる。

2日前

6/22 夜中猫の調子が明らかに悪化。朝病院に行くと脱水症状とのこと点滴を打つ。夕方戻ってきた猫は、千鳥脚になりながら家1階のお気に入りスポット巡礼をしていた。人生の総集編みたいなことするなよ。血液検査の結果もどんどん悪くなっている。臀部も痛く、仕事が手につかず困った。

3日前

6/21 5時就寝11時起床。家をバルサン、定休日の母のお店へ避難。うちの猫は元来冒険心が強く、環境が変わるとテンションが上がるため店内を積極的にうろうろ。帰宅後もその余韻か家じゅううろうろ。寝転がっているわたしの足2本も超えた。よたよたながらに軽い足取り。気力大事。

4日前