見出し画像

人生の経営者=自分


「自分との約束を守る手帳」を
作って全国に届けている
山口さやかです。

私の手帳には
こんなページがあるのですが、



6つのプロジェクトを見える化できる年間一覧表・私の手帳より

「年間のページに
何を書けばいいかわかりません。
やっぱり書いた方がいいんですかね?」

と、質問をもらいます。


今日は「年間計画は必要か?」
というテーマで
綴っていこうと思います。

もしこの手帳を使っていなくても
あなたの手帳や予定表の
「年間」のページを活用できる術が見つかります。





01・ママが家族の経営者

この手帳は
フリーランスのママのために
作った手帳です。

「フリーランスのママ」は
言い換えると

「小さな会社の経営者」だと思っています。


自分のビジネスはもちろん、
家庭円満のために
計画を立てることも
「自宅の経営者」=あなた
です。

経営者に必要なスキルは
たくさんありますが、
その中でも特に大切なのが

どんな「目的」に向かっているのか?

今やるべきことを逆算して考えること。

つまり、
「長期的に見る目」です。

現代は

・目の前のことだけで精一杯
・今さえ良ければいい
・自分のこともままならない

そんな人は意外と多くて
それは立派な「従業員思考」=言われた通りにしかできない


という状態です。



すると、
色んな悩みが
絡まってストレスになっている
エセ経営者が多いな~・・

って感じています。

「見た目だけ」のカッコヨサゲな経営者
のことです。


でもやってることは
うわべだけのブーム的なものだったり・・

誰かのマネごとを無理くりオリジナルにしてみたり・・

それ、経営なのかな?

瞬間風速がいいだけのハナシでしょ?

ってわたしは違和感が止まりません。笑




02・勢いで経営はできるのか?

例えば、
あなたに部下がいたとして相談をうけたとしましょう。

「社長、このプロジェクトの目的は何ですか?」

と。

するとあなたは答えます。

「ん〜わからない!なんか楽しそうじゃん!」

ってノリで言ったとします。

尋ねたスタッフは思うでしょう。

「ノリ?やばいな。。一生この人についていくのはやめよう・・」

って。

結果、誰もついてこない会社の
出来上がりですよね

そして孤独だと言いながら、
誰も信頼できないと言いながら
泣かなくちゃいけなくなる。



家族の場合も同じです。

「ママはなんでお仕事してるの?」

って子どもに聞かれたら

「お金を稼いで好きなことするためだよ」

「たくさんお金があったら好きなものが買えるよ」

とか言いますか?

・・(。´・ω・)?


そんなこと言ったら子どもは
「この世はお金が全てなんだな!」
って思うでしょう。

立派なセンノーが完成しますね。

それはホントの教育ではないと
わたしは思っています。

親のものさしは
子どものものさしになる。

親がお金のために働いて
子どもに「夢を探しなさい」なんて馬鹿げています。

その子は将来、お金を追う働き方をするでしょう。




03・自分との約束を守ることが経営になる?


私が作っている手帳は
「自分との約束を守る手帳」と名前をつけています。


自分との約束が一番むずかしかったりする・・だからこのタイトルです


「自分との約束を守る」
とは
「自分の人生を経営している気持ちを忘れない」
ということです。

よく
「人に信頼してもらいたい」
という人がいます。

まずは自分への
信頼度を上げること

あなたの自信につながります。

でないと・・
目の前の人は
あなたのに信頼を寄せたりしないでしょう。

ウジウジ悩んでいる人に
お金を出したくないでしょ?

みな、同じです。

だから、この手帳の愛用者は
自分の芯を強くしていくために
手帳を書き続けています。



時間管理やタスク管理だけではなく

・感情コントロール

・感謝日記

・年間の逆算


という項目があるのは

自分自身を強くしていくための
材料を書き留めているのです。


すると、お客さんや家族に伝染して
「うまい経営」ができていくのです。

ここでいう経営は
お金を動かすだけでなく
・気持ちをくみとるチカラ
・チームで動くチカラ
・役割を与える声かけ

なども含めて書いています。

「私は自分で決めた約束を守れるんだ!」
という自分への信頼度を上げるためにも

まずは手帳を活用するのが
一番、心に刻まれるのではないかと思います。


どんなに素敵なノウハウを100個
頭に叩き込んでも・・
心にストンと落ちてなきゃ
それはただの飾りであり
いつまでたっても火の車操業です。




04・経営する=逆算する

・あなたの人生経営
にせよ
・あなたのゼロイチ起業の経営
にせよ

上手くこなしていくには
まず細かく「逆算」をしていきます。

スマホでもやれますが
わたしは手書きの手帳をオススメします。

今、あなたが持ってる手帳で
けっこうなので、開いてから
読み進めてください。





05・1年の時間管理


~逆算できる人は最強説~

まず、年間スケジュールを立てていますか?

・予定の流れを把握
・プロジェクトの書き出し
・何月頃何をするのか?

「春だけ暇~」
「秋はめっちゃ重なって忙しい~」
とならないように
組み込んでいくイメージです。

もちろん家族との行事も入れてくださいね。

全体を見ながら、
面松にヒーヒー言わないために
予定を分散していくとスッキリと年越しできます。




06・月単位の時間管理

月間の予定は
年間の予定を見ながら
立てていきます。

マンスリーページの上部分に
注目してみてください。

「自分との約束」

という枠がありますね。


この手帳にはプライベートとビジネスの2つのジャンルで決めていきます

ここに1ヶ月で
必ず達成するべきことを
書いておきます。

例えば、


8月にゆった家族旅行に行くために
仕事でやることはやっておかないと!

だから
4月はインスタを毎日投稿して
公式LINEに20人登録してもらう

という感じです。


これを達成するために
ひと月をどのように過ごせばいいか
考えていきます。

ほとんどの人は

・ノープランで勢いで投稿
・できなかったら落ち込んで反省は無し
・できたらラッキーでしかない

だから感覚で繰り返し
人に上手く伝えることもできない。。


永遠に「自分だけのループ」で幸せを
探すしかなくなるのです。




07・週単位・1日単位の時間管理

月間の予定は
年間の予定を見ながら
立てていきます。

注目してほしいのは
ここです!


毎日優先順位を決める欄が大きめにあります

月曜日〜日曜日までの
時間のバランスをチェックしながら、

「自分との約束」を達成するために
いつ何をするかを書いていきます。


例えば、
①インスタのネタをマインドマップで書き出す。週2回投稿だから8回分のタイトルを決める。60分時間を取る。終わらなかったら夜に回す。
②窓の掃除をする。もらってきた新聞紙を使って、1階の窓を拭く。60分で終わらせる。
③買い物に行く。予算は3000円。いつもとは違う食材を1個買ってみる。

やる気の起きないこと
初めてやることほど
具体的に書いていきます。

優先順位が決めれない人が
めちゃくちゃ多いです。

でもここではハッキリ
書き留めておきます。

私の手帳はこんな感じです。


決してキレイにはかけてないけど、決めればあとは配置するだけ

優先順位が決まらないって
いうかたの多くは・・

「どう生きていいのかワカラナイ」
に直結しています。

・自分らしく生きたいです
・ありのままの自分で~・・
・今の自分を許してHAPPYに・・

などと口にしていると、その傾向があります。


辛口に書きますが
漠然とした形のない答えを求めて
一生悩み続けて人生オワルんだろうなって思います。

自分のことを小刻みに見つめる。
これが地味だけど、めっちゃ大事な作業なんです。



08・目標・タスクを書くときのポイント

逆算を成功させるためのコツは
できるだけ具体的に
目標やタスクを書くことです。

・回数

・金額

・期限

どの目標にも
「数字」を入れること
意識してみてください。

特に大切なのは「期限」です。

期限の入っていない目標は
目標じゃない!

くらいに思ってちょうどいいです。


お尻(期日)を決めるから
そこまでに何をするか
初めて逆算が始まります。

過去の私もそうでしたが
「数字が苦手で・・」とよく言ってました。

それは言い訳だ!
ということに気づきましょう。
※胸イタ~~・・

苦手なんじゃない。
カンタンな算数でしかないのです。


子どもには
「時間をしっかり見なさい」
とか

「使うお金は考えなさい」
とか

言ってる親自身は
けっこー数字にルーズ


って、どうなんでしょうか

※あ~胸イタ~・・笑

子どものため!と願うのなら
まずは自分がやる。



09・年収を上げたいのなら「自分への信頼」をあげる

こうやって
時間を行ったり来たり
することを

「時間の抽象度操作」と言います。

※難しいことばなので
今覚える必要はありません。

※わたしの有料サポートになれば
絶対覚えてもらう大事な言葉です



時間の抽象度操作をマスターすることが
私が手帳を使うひとつの目的です。

ただの時間管理だけじゃもったいない。

ただのタスク管理だけじゃもったいない。

手帳をあなたの「資産」に変え
「財産」をうむ手帳にしたいのなら・・


やっぱり無知ではいられない!
手帳を通して逆算さいこ~!


と感じています。

実際わたしはこの手帳のおかげで
年収がパートの10倍となり
さらに20倍を目指して使っています。


日めくりカレンダーの11/29のメッセ

はじめは1年スパンで考えることが
難しいかもしれません。

1年が難しければ、
3ヶ月くらいの短い期間で
設定して、OK

まずは挑戦してみてください。

自分との約束を守って、
自分への信頼をあげていきましょう。

あなたが今日も
自分を助ける自分に
なっていきますように

標高400mの山のてっぺんより
山口さやか


レンタルスペース借りたらこたつがあるバーだった。笑



このページで紹介した
手帳の詳細はここからチェックできます。

ぜひ一緒に使いましょう。

▼自分との約束を守りたい女性が愛用中▼


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?