ゲームコレクター酒缶のトリビアガーデン

51

ゲームトリビア047 『AI将棋』は対局が長引くとギブアップしてしまう!?

将棋ソフトは定番になっており、ゲーム機とともに強くなってきました。今回は、そんな将棋ソフトの中から、意外な弱点があるものをご紹介。

511手までが限界です

ちょっと前には、コンピュータとプロ棋士の対局も話題になりました。AIの進化は目覚ましく、最近はコンピュータ側が有利なようですね。

でも、将棋ソフトの中には意外な弱点を持つものもあるんです。3DOの『AI将棋』(1994年/アスキー)は、2

もっとみる

ゲームトリビア046 耳たぶをつままれて興奮しながらプレイするゲーム!?

新しいゲーム体験を提供するために、さまざまなコントローラ・センサーが開発されてきました。そんな中でも変わり種なのが、このバイオセンサー。

耳に洗濯バサミで興奮度アップ!?

Mっ気のある人ならば、耳を洗濯バサミで挟まれると興奮するかもしれません。そしてゲーマーならば、難度が高いゲームに興奮するものです。

そこで更に、耳を挟んでゲームをすれば……、と考えたかはわかりませんが、『テトリス64』(1

もっとみる

ゲームトリビア045 ゲーム内容からバグまでそっくりなファミコンゲーム

同じプログラムを使いまわして別のゲームにしてしまうのはよくあること。でも、バグまで同じなのはちょっと困ります!

「プログラムの都合」は直してください!

ファミコンゲームをプレイしていると、たまにデジャヴを感じることがあります。違うソフトのはずなのに、遊んだことがあると感じるアレ。

1990年発売の『キャデラック』はトランプカードを並べて消していくパズルゲームなのですが、1991年の『グレート

もっとみる

ゲームトリビア044 両手で1つずつコントローラを持って遊ぶファミコンゲームがあった!

WiiリモコンやPS Move、Switchなどなど、両手で2つのコントローラーをもってプレイするゲームが増えてきました。しかしこの「両手にコントローラー」は、ファミコン時代からあったのです。

左手に1コン、右手に2コン

WiiリモコンやPS Moveのように、両手に1つずつ持ってプレイするコントローラがありますが、これらの入力機器は最初から両手に持つように設計されています。

しかしファミコ

もっとみる

ゲームトリビア043 「人」を4人揃えて消す落ちゲーが存在した!

落ち物パズルゲームは定番となり、様々なものが落ちてきては消えていくことになりました。その中でも異色なのが、ファミコン版『ぷよぷよ』のオプションモードなんです。

あの落ちゲーに謎オプションが!

ファミコン版『ぷよぷよ』(1993年/徳間書店インターメディア、通称『旧ぷよ』)は、後のぷよぷよシリーズとはちょっと違った作品でした。中でも、「ぷよ」を人型の「ヒューマン」に変更する機能はちょっと異様。

もっとみる

ゲームトリビア042 3DSで遊べる『○○モン サン&ムーン』は「ポケ」だけじゃない!

任天堂携帯ゲーム機は、旧機種のソフトも遊べるように作られてきました。その結果、ちょっと奇跡的なかぶりが生じていたのです。

実は『デジモン』の方が……!?

3DS『ポケモン サン・ムーン』が発売されたのは、2016年11月18日のこと。しかしそのはるか前から、3DSで遊べる『○○モン サン&ムーン』は存在していたのです。

というのも、2007年にDS向けに発売された『デジモンストーリーサンバー

もっとみる

ゲームトリビア041 「サン」「ムーン」は、ゲームボーイ時代から存在した

『ポケモン』をはじめ、バージョン違いのソフトを出すタイトルは多数あります。どうやらこの「バージョンの名前」が枯渇しつつあるようで、けっこうかぶってしまっているんです。

サン・ムーンのバージョン違いは被りすぎ!

初代『ポケモン』登場から20年。その間、「2種類のバージョン違い」を真似たフォロワー作品がとてもたくさん登場しました。

その結果、現在ではタイトルに深刻なネタ被り問題が発生しています。

もっとみる

このミスがすごい!【3】 ファミコン版『イースⅢ』最後の謎!?

ゲームのパッケージや取扱説明書を読み込んでいくと、ときどきアリエナイ間違いに遭遇します。そんな「すごいミス」を集めていきましょう! これもまた、ゲーム業界の歴史の一部!

ビクターおと楽……!?

ファミコン版『イースⅢ』(ビクター音楽産業/1991年)は、攻略に詰まった人への対応として、メーカーに応募券を送って質問できるシステムを採用していました。

低年齢層のユーザーに配慮した、素晴らしい対応

もっとみる

ゲームトリビア040 伝説の番組「TVチャンピオン」のゲーム版はパチンコゲー!?

伝説的な人気番組をゲーム化したら、なぜかパチンコゲームに! 当時の版権ゲームは、奇妙なものが多かったですよね。

パチンコ番組じゃありませんからね!?

かつて様々なジャンルでその道の面々が“一番の達人”であることを競う人気番組がありました。それが「TVチャンピオン」(1992年~2006年/テレビ東京系)です(なお、筆者も出演した経歴を持っています)。

実はこの番組、ゲームボーイ『TVチャンピ

もっとみる

ゲームトリビア039 写メのない時代に5秒で消える画面を撮影させる無茶なゲームがあった!

ファミコン時代、クリアしたりハイスコアを出したりで認定書などが貰えるゲームがいくつもありました。中でもやたら難しいのが、この『スーパーピットフォール』なのです。

クリア後の画面撮影が最難関!?

海外の人気シリーズ『ピットフォール』のアレンジで、期待も高かったファミコン版『スーパーピットフォール』(ファミコン/ポニーキャニオン/1986年)。

このファミコンソフトは、キツい難易度もさることなが

もっとみる