実家が全焼したサノ

■実家が全焼したことのある新橋のサラリーマンです。■毎日、切なかった出来事を投稿しています。 ■大学院で経営学を学びましたが、経営していたBARは潰れました。■親が始めたカフェの食べログの評価は2.9です。

実家が全焼したサノ

■実家が全焼したことのある新橋のサラリーマンです。■毎日、切なかった出来事を投稿しています。 ■大学院で経営学を学びましたが、経営していたBARは潰れました。■親が始めたカフェの食べログの評価は2.9です。

    最近の記事

    • 固定された記事

    父が亡くなった話

    こんにちは。 実家が全焼したサノです。  僕の父は、アルコール依存症でした。  父は普段は心優しいのですが、 お酒を飲むと、知らない人と よく殴り合いの喧嘩をしていました。  いつも喧嘩をすると、 相手は無傷、父は血だらけでした。  それなのに父は  「今日も引き分けやったな・・・。」  と僕にだけ聞こえる声で 虚勢を張っていました。  そんな父なので、母はある日、 家を出て行ってしまいました。  それからしばらくは、 僕と父で二人暮らしをしていました。 

      • 間違えてVIP待遇を受けた話

        こんにちは。 実家が全焼したサノです。 もう何年も前の話ですが、 大阪に住んでいた頃、 当時お付き合いしていた彼女と、 リッツカールトンという 高級ホテルに宿泊したことがありました。 当時の僕はお金に余裕が無く、 かなり背伸びをしてホテルを選んだので、 予約した部屋は1番安い部屋でした。 立派な部屋でないことは 彼女にあらかじめ伝えていたものの、 それでも目を輝かせて喜んでくれました。 僕はホテルに行き慣れているわけでもないので、 彼女をエスコートしつつも、 内心、と

        • カジノで感情を失った友人の話

          こんにちは。 実家が全焼したサノです。 僕は数か月前から、 ポーカーをやり始めました。 まだルールを覚えたばかりですが、 オンラインゲームでは、 少しずつ勝てるようになりました。 そして先日、僕とほぼ同時期に ポーカーをはじめた友人と、 アミューズメントカジノ (お金を賭けないカジノ)に 行こうという話になりました。 ポーカーは、ポーカーフェイスという 言葉があるように、 感情を悟られずに相手の感情を読む戦いです。 だけどオンラインでは互いの表情を 読むことはできな

          • 美容整形した話

            こんにちは、 実家が全焼したサノです。 突然ですが、先日僕は 目を二重に美容整形しました。 僕は自分の顔をイケメンだと 思ったことはありませんが、 見た目が原因ですごく嫌な思いを したこともありません。 イケメンを見るたびに 「イケメンの人生送ってみたいなぁ」と 人なみに思うことはあるものの、 30年以上この顔で生きてきたこともあり、 馴染みのある顔ではあったので、 わりと満足していました。 それでも今回、 整形してみようと思ったのには いくつか理由があります。 1

            親ガチャの話

            こんにちは、 実家が全焼したサノです。 最近、「親ガチャ」という言葉が話題です。 生まれる際に親は選べないため、 経済力や容姿など、あらゆる境遇が 運で決まるということを、ガチャガチャに なぞらえた表現だそうです。 確かに僕も人生は、 ほとんど運だと思っています。 人生の成功の定義は 人それぞれだと思いますが、 なんらかの成功をおさめるには、 「才能」「努力」「環境」「運」の 4つの要素が大切だと僕は思っています。 そしてこれら4つの要素のうち、 「才能」「環境」は

            天才に憧れた話

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 小学生の頃、僕は本気で 魔法使いになりたいと思っていました。 ハリーポッターの世界に憧れていたからです。 ハリーポッターを読んでいると、 まるで本当に魔法の世界が あるように思えてきて、 ハリーポッターという作品は、 魔法使いによる人間界への暴露本 だとすら考えていた時期もありました。 魔法使いになりたいと願い、 具体的に何をしていたのかと言うと、 道端に落ちている木の枝が、 魔法の杖じゃないのか確認するため、 木の枝を拾っ

            「多様性」と「多面性」

            こんにちは。 実家が全焼したサノです。 僕は今から10年以上前ですが、 ホストクラブで働いていました。 ホストクラブは、僕の人生の中で 最も多様な人たちが集まる場所でした。 僕の初めて出来たお客様はシンガポール人で、 お客様の中には官僚の方もいれば、 風俗嬢の方もいました。 バイセクシャル、同性愛者の方もいました。 同僚は僕のように親がいない人もいれば、 エリート家系で育った高学歴の学生もいました。 仲良しの先輩は 「借金していないと生きている実感が無い」 という地獄み

            ネガティブの乗りこなし方

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 先日、大阪経済大学で、 講演させていただく機会がありました。 「ネガティブの乗りこなし方」 というテーマでお話しました。 このテーマで話したいと思ったきっかけは、 ふとTwitterで「就活」と検索した時でした。 関連ワードの「死にたい」という言葉を見て、 胸がぎゅっとなったのです。 誰もが人生で苦しい瞬間があると思います。 そんな時に少しでも気が楽になるといいと思い 話すことにしました。 学生に限らず、今辛いと感じてい

            弱者こそが強者の世界

            先日、The Breakthrough Company GO という広告会社の代表、 三浦さんとサウナに行きました。 写真は、令和版のトトロではなく、 サウナを楽しむ三浦さんです。 三浦さんと色々なお話をしましたが、 僕が特に印象に残ったのは、 「今の時代、強い人はSNSで応援されない」 と何気なく言った三浦さんの一言でした。 三浦さんと別れた後も、 なんとなくその一言が頭に残っていました。 昨今、強者(に見える人)が 叩かれやすい風潮にあることは 誰もが感じてい

            小学校で貨幣制度が崩壊した話

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 僕の通っていた小学校では、 毎年冬になるとマラソン大会がありました。 小学生の頃は足が速いとモテるので、 特に男子は一生懸命取り組んでいました。 しかし当然ながら競争なので、 走るのが得意な人もいれば、 不得意な人もいます。 同級生のぽっちゃり体型の クボ君は、毎年ビリでした。 ビリだからと言って 差別されることはありませんが、 本人からするとやはり 気持ちのいいものではありません。 ある年のマラソン大会、 クボ君は壊

            危険な組体操の話

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 僕の通っていた小学校では、 毎年6年生になると運動会で 組体操をすることが決まっていました。 毎年やることはほとんど同じですが、 一応毎年テーマがあり、僕らの代は 「世界旅行」というテーマに決まりました。 例えば、 フランス旅行という演目では エッフェル塔を作ったり、 エジプト旅行という演目では ピラミッドを作ったりします。 とはいえ、組体操だけで 各国を表現するのは難しかったので、 組体操で表現できない国は、 ダンスをし

            好きな子の部屋で放尿した話

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 大学生の頃、僕は幼馴染から こんなことを相談されました。 「最近好きな子ができたんやけど、 その子の家に行くことになってん。 でも2人で遊ぶと緊張するから、 サノもついて来て欲しい。」 家に呼ばれるくらい好印象なら よっぽど変なことをしない限り 2人で遊んでもうまくいくと思いましたが、 幼馴染はかなり奥手な性格なので、 僕は了承し、ついていくことにしました。 当日、幼馴染と先に 待ち合わせして作戦会議をおこないました。

            おっぱいがスープカレーになった話

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 僕は大学生の頃、 冬休みに友人と北海道旅行に行きました。 札幌に着くとすぐにジンギスカンや 山盛りのいくら丼などを楽しみました。 どれも美味しく、 食事に満足した僕たちは 少し浮かれてしまったのか、 人生で初めてキャバクラに 行くことになりました。 友人は 「キャバクラとか余裕だし」 とキャバクラが余裕な人は 絶対に言わないであろうセリフを 何度も念仏のように唱えていました。 案内所のお兄さんにお店を紹

            ポケットからキュンした話

            「ポケットからキュンです」 という歌が若者を中心に流行っています。 「キュン」とはトキメキをあらわす言葉です。 しかし、僕がその歌で思い出すのは、 亡くなった祖母のことです。 大学生の頃、僕は祖父母と 3人で暮らしていました。 特に不自由はありませんでしたが、 世代の違いなのか宗教上の違いなのか、 たまに祖母は僕から見て おかしなことをしていました。 その1つに、 「ポケットに塩を入れてくる」 というのがありました。 祖母は、僕の全ての衣類と鞄のポケットに、 『小袋

            友人が亡くなった話

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 僕は新橋の広告会社で 営業として働いています。 僕はホストクラブやバーで働いた後、 28歳で新卒入社したので、 同期とは結構年齢が離れています。 「醜いアヒルの子」みたいにならないかな、 と不安でしたが、実際に入社してみると 同期は僕にも優しく接してくれました。 入社式では一人一人挨拶しますが、僕は 「私は実家が火事で全焼した話をしたら 採用していただけました。」 「実家のように 完全燃焼できるよう頑張ります。」 と

            過激なエッチで身を滅ぼした話

            こんにちは。 実家が全焼したサノと申します。 皆さんがエッチなことに 興味を持ったのはいつからでしょうか。 僕がエッチなことに興味を持ち、 エッチな動画を初めて見たのは 中学生の頃でした。 当時は携帯の通信費が 定額制でなかったため、 エッチな動画を見るのにも 細心の注意が必要でした。 つい動画を見すぎてしまい、 何十万円もの通信費を請求される 若者が後を絶ちませんでした。 だから当時の中学生は、 最短距離でお気に入りのエッチな動画まで 辿り着くスキルが求められて