さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)

ピアノ弾く人。東京藝術大学卒・院修了→1年就職→フリーで演奏&音高講師13年。趣味はブログ運営💻犬と紅茶好き🐕☕️本noteでは〈オンラインレッスンサロンマガジン🎀〉と〈サークル💫〉を運営してます🌷運営サイト、演奏動画はこちらです→https://sairie.com/

メンバーシップに参加

ピアニストさいりえが運営する、「ふだんのピアノ練習にちょっとプラスするサークル」です。 (内容) ・皆さんの練習日記や動画をシェア、交流 ・月に一度のオンライン成果発表会 ・音楽トーク、雑談掲示板 ・さいりえの応援サポート ・オンラインレッスンサロン内の有料記事を一部プレゼント(プラスプラン以上) ・月に1回演奏動画やご相談にアドバイスをお送りします!(アドバイスプランのみ)

ライトプラン

¥330 / 月

プラスプラン

¥1,000 / 月

さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)

ピアノ弾く人。東京藝術大学卒・院修了→1年就職→フリーで演奏&音高講師13年。趣味はブログ運営💻犬と紅茶好き🐕☕️本noteでは〈オンラインレッスンサロンマガジン🎀〉と〈サークル💫〉を運営してます🌷運営サイト、演奏動画はこちらです→https://sairie.com/

メンバーシップに加入する

ピアニストさいりえが運営する、「ふだんのピアノ練習にちょっとプラスするサークル」です。 (内容) ・皆さんの練習日記や動画をシェア、交流 ・月に一度のオンライン成果発表会 ・音楽トーク、雑談掲示板 ・さいりえの応援サポート ・オンラインレッスンサロン内の有料記事を一部プレゼント(プラスプラン以上) ・月に1回演奏動画やご相談にアドバイスをお送りします!(アドバイスプランのみ)

  • ライトプラン

    ¥330 / 月
  • プラスプラン

    ¥1,000 / 月

マガジン

  • さいりえのオンラインレッスンサロン

    ピアニストさいりえによるオンライン講座&小さなコミュニティ。 ピアノ練習やレッスンのポイント、さいりえ自身の練習内容やブログで書かない話をテキストや動画で配信します。 ※購読中の方からはご質問やリクエストも受け付けています。 ※各noteは途中まで無料公開していますので、ぜひいろいろのぞいてみられてください。

  • ピアノの細かなテクニック・奏法まとめマガジン

    オンラインレッスンサロンのnoteから、細かい技術・奏法のトピックを取り出してひとつにまとめたマガジンです。 これからも追加していきますが、一度ご購入いただければ追加の note もお読みいただけます。 ※トピックが増えるときに料金改定することがあります。

  • より美しい演奏をめざすためのマガジン

    オンラインレッスンサロン note の中から、美しい音や演奏表現につながるトピックを取り出してまとめたマガジンです。これからも追加していきますが、一度ご購入いただければ追加の note もお読みいただけます。 ※トピックが増えるときに料金改定することがあります。

  • ピアノ楽曲分析マガジン

    オンラインレッスンサロンのnoteから、楽曲分析や和声分析に関する note だけをひとつにまとめたマガジンです。これからも追加していきますが、一度ご購入いただければ追加の note もお読みいただけます。 ※トピックが増えるときに、新規購入の料金を改定することがあります。※YouTubeでも楽曲分析はたくさんやっていますので、ご参考になさってください。

  • 練習動画まとめマガジン

    オンラインレッスンサロンnoteから、練習動画の note だけをまとめたマガジンです。 ・系統だった解説動画ではありません。さいりえが気ままに(&真剣に)日々の練習に取り組んでいる動画です。 ・ピアニストの練習をちょっとのぞいてみたい方向け ・こちらのnoteはテキスト解説付きだったりテーマ別だったりします。 ・#4「ドビュッシー」のnoteの中に、無料で観られるダイジェスト版がありますので、そちらをご確認の上、イメージに合いそうでしたらお買い求めください。また練習動画はYoutubeでも公開していますのでそちらもご参考になさってください。 ・練習動画の数が増えたら値上げ or マガジンを分割する予定です(値上げされても、一度購入された後は料金はかかりません/新たなマガジンの購入には料金がかかります)

最近の記事

  • 固定された記事

生徒さんに知っておいてほしい本・動画

こんにちは、さいりえです。 ふだんのレッスンでは、本当に山ほどの角度からレッスンします。 ・曲の分析、楽譜の読み方 ・曲の背景 ・作曲家、時代の特徴 ・弾きにくいところの練習方法 ・からだの使い方 ・音の聴き方、響かせ方 ・曲にこめられた感情の話 ・「雰囲気」とか「空気感」みたいな話 ・鍵盤のこのポイントをこんなふうに…という細かい話 ・リズムの実践 ・理論、ソルフェージュ的な話 ・理論を演奏に生かしていく過程 ・ほかの楽器の話 ・演奏家の演奏の話 ・毎回のレッスン計画、

    • #177 重要な練習方法!【終わりから弾いていく】ぜひお試しください♪

      皆様、こんにちは! ぎりぎりですが、11月最後の動画です。 今回のテーマは、とても大切な練習方法 ということです。 これは、曲の終わりというだけでなく、一つのモチーフやパッセージの終わりからでもあります。 理由はいくつかありますが 技術的に安定する 音楽的な文脈がわかる=説得力のある演奏につながる 初めから弾くモード、そして後ろがいい加減になってしまっている頭や体を修正することができる 最後まで聴ける耳を作れる 暗譜も確実になる! など、さまざまな理由が

      • #176 【アウフタクト】についてあらためて考える!とくに気をつけたい点と練習方法

        皆様、こんにちは! 今日のレッスンnoteのテーマは です。 アウフタクトの曲は、強拍から始まる曲とはまた違った感覚が必要ですよね。 それは曲の冒頭だけでなく、途中でも同じです。 とくに、アウフタクトでなんとなくやってしまいがちな悪い例もご紹介しながら、アウフタクトの特徴や魅力を生かすポイント、練習方法をお伝えしていきます! さっそくですが、今回のポイントは3つ。 アウフタクトの曲や部分を弾く時の基本の注意点〜弱拍と強拍どちらも大切!〜 アウフタクトの分析〜曲の

        • #175 脱力って本当?からだの中で力の入りやすい部分とその改善方法。

          皆さま、こんにちは! 今回のnoteは、 についてのお話です。 ピアノを弾いていたら誰でも「脱力」について考えたり、指導されたりする経験があると思います。 ただ、私は「力を抜いて」という表現はレッスンでほとんど使いません。 力みや硬さは取り除きたいですが、脱力=ぶらーん、という図式になっては、それも弾けないからです。 今日はそんなお話です。 力が入りやすいところとは?ピアノを弾いていて力みやすい・・・というと、体のどの辺りが思い浮かびますか? おそらく、肩や腕

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • さいりえのオンラインレッスンサロン
          さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)
          ¥980 / 月
        • ピアノの細かなテクニック・奏法まとめマガジン
          さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)
          ¥1,980
        • より美しい演奏をめざすためのマガジン
          さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)
          ¥3,150
        • ピアノ楽曲分析マガジン
          さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)
          ¥1,580
        • 練習動画まとめマガジン
          さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)
          ¥2,280
        • レッスンnote〜おためしマガジン〜
          さいりえ(ピアニスト/ピアノレッスン)

        メンバーシップ

        投稿をすべて見る すべて見る
        • 【レビュー🎶】当サークルメンバーの方のご感想を公開…

          〜この掲示板のみ、サークルメンバー以外の方も含む一般向けに公開されています〜 みなさま、こんにちは! 当サークル「Piano Plus+(ピアノプラス) サークル」をご覧…

        • 11月の成果発表会会場はこちら🎶コメント大歓迎🌟

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11月の目標宣言コーナー🎶

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 🎃🎶10月の成果発表コーナーはこちらから!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 【レビュー🎶】当サークルメンバーの方のご感想を公開…

          〜この掲示板のみ、サークルメンバー以外の方も含む一般向けに公開されています〜 みなさま、こんにちは! 当サークル「Piano Plus+(ピアノプラス) サークル」をご覧…

        • 11月の成果発表会会場はこちら🎶コメント大歓迎🌟

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 11月の目標宣言コーナー🎶

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります
        • 🎃🎶10月の成果発表コーナーはこちらから!

          この投稿を見るには メンバーになる必要があります

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          #174 「私には無理…」とあきらめていませんか?今よりも豊かな音を出すためには?

          皆さま、こんにちは! 今回のレッスンnoteのテーマは、 ということです。 だれでも豊かな響きは出せる?出せない?今回はいきなり自分の話をします。 私は中高生時代、大変に音が細く、本番後にも親や先生に と、よく言われたものです・・・ 本当に、よく言われていました。 大学に入った頃も、自分と大学院生の演奏を比べると本当に まるで「大人と子ども」でした。 自分でもなんとかしたい気持ちはありましたが、 ・私は大きな音が出ないんだ ・私はこのくらいの音しか出せないん

          #173 表現技術をアップさせたい!速い曲で、コツコツやっても到達しない「域」に行くには

          皆さま、こんにちは!さいりえです。 10月の1本目のnoteは、初めて音声配信でお届けしています。 たくさん聴いてくださってご感想などもいただき、ありがとうございます。 まだの方はこちらからお聴きいただけます!(フル音声は会員の方のみです) さて、それでは今日のレッスンnote を始めてまいります! 今回のテーマは ミスタッチが少ないとか、速く弾けるとか、その技術だけでなく、 ということですね。 もちろん、その上では、実際の技術や正確さも必要にはなってきます。

          有料
          420

          #172 【音声配信】 コンサートを終えての「気づき」や最近のこと。

          マガジンを購入すると全編(25:14)を視聴することができます。

          #171 付点音符、スキップ風リズムの大事なポイント!!

          皆さま、こんにちは! 9月も末日になりました。台風が来たり、あっという間に夏から秋に変わったりで変化の多い月でした。 さて、9月3本目のnoteを更新します。 今回のテーマは もう少しざっくり言いますと、「長い音符と短い音符の組み合わせ」について、意識したいことや練習のポイントをお伝えします。 今回は、手書きでポイントメモを作りました。読めますでしょうか?

          #170 【第2回】 ベートーヴェンのソナタ、どの曲からやるのがオススメ?

          こんにちは!さいりえです。 今日は、ずいぶん前にこちらでお話しました、「ベートーヴェンのソナタに取り組む順番」の第2回をやってみようと思います。 第1回はこちらです。 上記noteでは、第1番、第5番、第10番をご紹介しました。 このnoteでは、1,5,10番をすべて、もしくは1〜2曲弾いて、 ・ソナタ形式の仕組み ・ベートーヴェンの音楽 ・古典派の音楽 ・そのほかあれこれ… を「すこし経験できたかな?」と思えた後、どの曲にどのような意識で取り組むと良いか?無理

          #169 「先に決めてから弾く!」シンプルだけど、とても重要なこと。

          こんにちは!さいりえです。 今日のレッスンnoteのポイントは その反対は、 ということですが… 考えながら弾くことがダメということはなく、弾きながら同時に聴いて判断していくことも大切なことではあります。 ただ、「これから何をするか?」を決めずに音を出し始めると、とても曖昧な演奏になりやすいので注意しなければなりません。 たとえば行き先までの地図や経路を知らずに、次の角を右、次の横断歩道を渡って…と、歩いていくようなものですよね。 曲を弾く前に。もしくは、ある一

          #168 ツェルニー練習曲で、【カンタン?楽曲分析のススメ♪】

          皆さま、こんにちは! 8月末日、かけこみのnoteアップです。 今回は、ツェルニー30番のシンプルな曲を用いて、基本的かつ大切な楽曲分析をすすめていきます。 分析はどんな曲でも大切ですが、その基本となる要素がたくさん入っています! 形式の分析 和声、調性の分析 非和声音、音型の分析 この3ステップで進めていきます。 今回はツェルニー30の練習曲より、第20番へ長調を例にあげています。 譜例も作りたかったのですが、とりあえず今月中にアップするために動画をまずア

          #167 "てのひら" の柔軟性、しなやかさが演奏にもたらす影響とは?

          皆さん、こんにちは! 今月2本目のnoteをお届けします。 8月はレッスンが非常に多く編集が遅くなってしまいましたが、重要なトピックをお届けしますので、ぜひじっくりご覧いただけますと幸いです。 今回のお話は、 皆さんはピアノを弾くとき、どのくらい「てのひら」を使っておられますか? 今日のnoteでは ・てのひらが柔軟=しなやかな状態とはどう言うことか? ・てのひらがしなやかだと、どんな良いことがあるのか? ・どんなことを意識して練習やトレーニングすれば良いか?

          有料
          440

          #166 練習動画〜クレメンティ「グラドゥス・アド・パルナッスム」より〜

          皆さま、こんにちは! 今日のnoteは、練習動画のシェアです。 曲はクレメンティの「グラドゥス・アド・パルナッスム」。 この名前を聞くと、原曲よりもドビュッシーの「子供の領分」を思い浮かべる方も多いかもしれませんね! クレメンティ「グラドゥス・アド・パルナッスム」について私もこの年になるまで楽譜を持っていなかったのですが、この度中学生のコンクールの課題曲になり、購入。 第1印象は…「ザ・練習曲!!」 弾く前にパラパラ楽譜をめくってみると、いかにも、指の練習曲ですよ

          #165 呼吸、息づかいのある演奏をしよう!今弾いている曲がガラリと変わる!

          皆さま、こんにちは! 今月もnoteをご購読くださりありがとうございます。 今日の動画は、「息づかいのある演奏」について。 今回の動画では、とくに「メロディ」の弾き方という点にポイントを絞りました。 大まかな内容は次の通りです。 ・息づかいのある演奏と、ない演奏との違い ・息づかいをもってメロディを弾くには? ・モチーフごとの違いを明確に表現するには ・4声フーガでそれぞれ息づかいを感じるのは至難!実例 例に挙げている曲は ・J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲

          #164 左手のリズミカルな伴奏と、のびやかに歌う右手のメロディ。その演奏ポイントは?

          皆さま、こんにちは! 今回のテーマは、 というタイプの曲での演奏ポイントです。 これまでも、メロディや伴奏についてはさまざまな観点からポイントをご紹介してきました。 今回は、 というのがポイントです。 イベール「物語」より、「小さな白いロバ」を題材にして、詳しくご紹介していきます。 このような曲では、次のような問題がよく起こります。 ・きっちり正しく弾くので精一杯 ・何かしようと思うと崩れそうになる ・体や表現が硬くなる ・メロディか伴奏、どちらかの表現に寄っ

          #163 「下行形」で大切なことと、やりがちなこと。今日から意識しよう!

          皆様、こんにちは!さいりえです。 今月もマガジンのご購読ありがとうございます☆ 今月は家族が1週間以上体調を崩してしまい、なかなかじっくり練習や撮影ができず、もう16日になってしまいました。 ようやく健康に戻ってまいりましたので、今月後半はいつもの通り、お役立ちnoteを3本以上お届けしてまいります! さて、今日のテーマは について。 山形のメロディや、高い音から下がっていくメロディなど、下行形の音型は曲のいたるところに出てきます。 その中で、けっこう無意識にや