見出し画像

知っておきたい「認知的バイアス講座」 *012*【立場固定効果】

組織や人は一度決めたことを簡単には辞められない。

立場固定効果

一度決めた行動や意思決定が状況の変化などで合理性を失っていたとしても、最初の決断を保持し続けてしまう行動パターンのこと

すでに多くの人や資金、時間をつぎ込んでいるとそれまでの費用を惜しみ、引くに引けない、、、と思ってしまう。

この効果は個人よりも集団になると強さを増してくる。初期に立てた方策を正当化し、守ろうとする。これは集団的保守主義とも呼ばれ、状況が変わって新しい方法が必要になったとしても集団は確立されたいつものパターンに固執する。

反対意見が少数でもあれば、意見を変えやすくこのバイアスから逃れられる可能性が高まる。

会議が始まる前にメンバーの1名は「反対意見を主張する役割」をつけることがオススメ。

参考:グロービス経営大学院
参考:http://lelang.sites-hosting.com/naklang/escalation.html
参考:WIRED

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いた資金は子供支援団体などに寄付していきます。

今日、絶対いいことありますよ。
16
人の行動をデザインしようと悪戦苦闘しています。日々の学びや人間の理解を深めるコンテンツを発信中。週末はサーファーです。 https://www.linkedin.com/in/ryo-coby-kobiyama/

こちらでもピックアップされています

明日から使える「人」と「心」の動かし方
明日から使える「人」と「心」の動かし方
  • 92本

行動経済学や認知心理学を通して人とその心はどう動くのか?探求していくマガジンです。ほぼ毎日140字でエッセンスを載せています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。