認知心理学

人間は1日に◯万の物事を考えており、その◯は忘れる。

いくつかの脳科学認知心理学の研究でこんなことがわかった。

人間は1日に5万件以上の物事を考えている。

その物事の9割を忘れる。

残りの1割の中の9割は前日の内容の再現。

その前日の内容再現の半分はネガティブな考えで占められている。

1日の思考の9割が忘却するということが分かり、いかにメモすることが重要かを学んだ。

もっとみる
スキありがとうございます!
3

今さら「ファスト&スロー('14)」を読んだのですが感慨深く。21章で「アルゴリズムによる医療ミスはヒューマンエラーと比べ耐え難い」「この敵意は日常生活で活用が広がるとやわらぐ」という内容があるのですが、現在('20)の医療AIブームを思うとたったの6年でそんなに変化したのかと。

Thank you ! I really like you, too.
20

【ピース:17】この機に考える限定合理性と社会的証明(まとめ編)

最後に。

電車通勤をしている私が勤務先から帰宅すると、手洗い・うがいを急かされ、子どもたちからスプレー型消臭剤で一斉に消毒されますw。
つい先日まで、おもちゃを買ってほしいとおねだりされていたのに、まるで絵本「アンパンマン」に登場する「ばいきんまん」です。この行為も、母親やテレビなど限られた情報から、子供たちは合理的な選択をし「パパというコロナ菌を保有している恐れのあるモノを消毒する」という使命

もっとみる

ビジネスセンスを最短で磨くデザインモデル

前回、ビジネスセンスという感覚的な言葉を、「顧客の感覚を理解(共感)し、目に見えない価値を伝達するスキル」であり、ビジネスが成功するかどうか分けるほど、重要なものだと書きました。

今回は、どのようにビジネスセンスを身に付け、実践していけばいいのかについて書こうと思います。

ビジネスセンスと聞くと、感覚的な話であるため、実践できないと思われがちですが、前回の記事と合わせて、今回お伝えするフレ

もっとみる
Kiitos!! 励みになります!
2

【ピース:15】この機に考える限定合理性と社会的証明(社会的証明編)

ではなぜ、人は限定的な合理性の中で、もしくは非合理的世界観の中で行動するのでしょうか。

その理由の1つに、ロバート・B・チャルディーニが提唱した、社会的証明という影響力があります。
社会的証明とは、人が「他人が何を正しいと考えているかに基づいて、物事が正しいかどうかを判断する特性」のことであり、特定の状況で、ある行動を遂行する人が多いほど、それが正しい行動であるとみなすのです。
G・ザルトマンは

もっとみる

【ピース:14】この機に考える限定合理性と社会的証明(ヒューリスティック編)

限定合理性とは、H・サイモンが提唱した概念で、人は自分の持っている情報に基づいて、きわめて合理的な意思決定を行うというものです。
繰り返しになりますが、人は完全な情報を持っているわけではありません。保有している情報という限られた範囲や時点で、受け入れられる選択肢を見つけ、それらから意思決定を行います。
つまり、人はすべてを知ったうえで意思決定するのではなく、限定的範囲の中で合理的に最適化しようとす

もっとみる

【ピース:13】この機に考える限定合理性と社会的証明(恐るべしネット編)

私は、まるでワニワニパニックのワニでした。
全国に緊急事態宣言が発令される少し前、東京や大阪など都市部の知事は、他府県に越境することを控えるようにと公表しました。
すると、それに反応した周辺地域の自治体や商店は、都市部住民の受け入れを拒否するようになってしまいました。
私は時々海に行きますが、この海においても「大阪府民の参加は断る」と、はっきりウェブサイトで発信するお店もありました。
これはフィク

もっとみる

【ピース:12】影響力の武器 ⑥希少性

影響力の武器という、もはやホラーの最終章です。最後のウエポンは希少性。

ロミオとジュリエットが希少性を一番イメージしやすいです。

人が「それ欲しい!」と感じてしまう希少性は、少数→制限→禁止(検閲) とレベルアップします。
つまり 
①残りわずか!  
②限定20個まで!
③実は禁止されているウラもん
の順で、「欲しい」という感情が高まっていくそうです。

独占、特別、公開、終了、間近という映

もっとみる

【ピース:11】影響力の武器 ⑤権威

これ ありますよね? 
医師とか弁護士とかに何となく感じてしまう「オレ詳しく知らんから そう言われると なるほどなぁ~」というアレです。

権威には、深く根差した義務感と服従という性質があり、自己の意思に反しても、権威者の命令には従おうとしてしまいます。
しかし、この権威への服従システムは、社会的コントロールのために洗練された構造を発展させたことなど、人類に多大な進歩をもたらしました(反対は無政府

もっとみる

【ピース:10】影響力の武器 ④好意

やはり 一番気になるのが、好きになる「わけ」ですよね。

好意を持っている人に頼まれるとイエスと言ってしまう圧力があるそうです。製品やサービスそのものに対する好意度よりも、友情、愛情、安心感などの人(社会的結びつき)に対する好意度の方が、影響力が強いというのはそりゃそうだなという感じで。

好意を抱く要因(わけ)は、この5つ。
 ①外見的魅力(身だしなみ)
 ②自分との類似性
 ③称賛
 ④接触・

もっとみる