見出し画像

知っておきたい「認知的バイアス講座」 【透明性の錯覚】*006*

デザインやマーケティングに役立つ認知的バイアスを紹介していきます。

透明性の錯覚

自分の考えや感情が、実際以上に他者に伝わっていると思ってしまうこと

スピーチや自己紹介で緊張していても、「緊張していないように見えた」など声をかけられたことがある人も多いはず。

つまり、想像以上に緊張する必要も「(自分の状態が伝わって相手に)こう思われているんじゃないか」と気を使う必要はないのだ。

逆に、自分が伝えたいと思っていることも実際には他人にそれほど伝わっていないことになる。

伝わりやすく話したり、メールを工夫したりすることは大切だが「思っている以上に相手には伝わっていない」と考えたほうがよい。

何かを伝えるときは酔っ払った幼稚園児(存在しないが)に伝えるぐらいの気持ちで臨もう。

参考:BLOGOS


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

頂いた資金は子供支援団体などに寄付していきます。

まいど!
26
人の行動をデザインしようと悪戦苦闘しています。日々の学びや人間の理解を深めるコンテンツを発信中。週末はサーファーです。 https://www.linkedin.com/in/ryo-coby-kobiyama/

こちらでもピックアップされています

明日から使える「人」と「心」の動かし方
明日から使える「人」と「心」の動かし方
  • 87本

行動経済学や認知心理学を通して人とその心はどう動くのか?探求していくマガジンです。ほぼ毎日140字でエッセンスを載せています。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。