りょかち

現代に生きるひとたちの気持ちを、言葉にするのがすきです。コラム、小説、シナリオ、コピーなど幅広く"ことば"のしごとをしています。noteでは、どこよりも好き勝手に書いた文章を載せていきます。
    • りょかちのおしごと
      りょかちのおしごと
      • 12本

      しごとまとめ

    • なんでもないこと
      なんでもないこと
      • 8本

      右脳っぽい記事

陰キャラだとか、陽キャラだとか、くだらないけれど、それが全てだった #私が14歳だった頃

クラスにカーストがあると感じたのはいつからだっただろうか。 “クラス”というものがあった頃、自分がどんなキャラクターかということは、もっと切実な、毎日の楽しさを…

新しい時代をつくるには、"良き聞き手"が重要。

去年からずっと、様々な社会問題(特にジェンダーや差別の話)において、聞き手の心構えが重要だなと感じることが何度もあった。 いくら大声で話しても、聴衆が聞いていな…

2020年のりょかちまとめ

年末恒例のものを今年も書きます。 今年は仕事実績も書いたのでどうしようか迷ったのですが一応… 連載 今年はお仕事入れ替わりの時期で、いくつかのコラム連載を終えま…

この曲を聞くと、思い出す

どうして、忘れられない恋の曲があるのだろう。 かなわない恋なんて、すぐに忘れてしまったほうがいいのに、かなわない恋の歌がいつまでも人生に鎮座するのはどうしてだろ…

誰かが喜ぶ顔に、導かれている

人生で「働く人」について考えた一番古い記憶は、小学6年生の頃のものだ。 6年生の運動会で腰を痛めた私は、整形外科にしばらくマメに通っていて、そこの先生となんでも無…

不自然な出会いの研究。Tinderで面白い出会いがあった人の話を実際に聞いてみた。

最近、出会いについてよく考える。 なぜか突然、「誰かに会わなくては!」と思ったり、現状の人との出会いをUpdateしなければならないという焦燥感に襲われるのである。 …