RUNBRIDGEのこと

株式会社ランブリッジのnoteへようこそ。 RUNは『何かをつかみとる』 BRIDGE…

RUNBRIDGEのこと

株式会社ランブリッジのnoteへようこそ。 RUNは『何かをつかみとる』 BRIDGEは『架け橋』という意味を合わせた言葉です。 スポーツを通して皆さんの夢、目標や想いを掴み取る為の架け橋となる事業をおこなっています。 そんな想いのメンバーで、綴っているnoteです。

マガジン

  • ランブリッジ のこと

    • 61本

    ランブリッジ の会社のこと

  • chief happiness Officerコラム

    • 24本

    ランブリッジ 初心者のCHOから見える、ランブリッジ とその周りの幸せエピソードを主観で。

  • BUSITUの なかまたち

    • 34本

    RUNBIRIDGEが運営する「BUSITUコミュニティ」のメンバーのnoteです。 コミュニティメンバーが読んで欲しい投稿を編集しています。 ーーーーーー 「BUSITU」とは『スポーツ×地域』を愛する仲間たちが、ともに掴み取る架け橋になるためのコミュニティです(※絶賛BUIN募集中)

    • ランブリッジ のこと

      • 61本
    • chief happiness Officerコラム

      • 24本
    • BUSITUの なかまたち

      • 34本

最近の記事

【RUNBRIDGEメンバー募集】Believe SPORTS.

こんにちは。RUNBRIDGEです。 2023年、新しいメンバーを募集します。 1)代表 余吾のエピソード(RUNBRIDGEの原点) 2007年の春、車いすの方を松山城の天守閣まで付き添うことがありました。きっかけは、一通の手紙でした。瀬戸内海に浮かぶ、興居島の老人ホームの職員の方から、当時私が在籍した独立リーグ球団へメッセージをいただきました。 「老人ホームに入っている車いすの方を松山城の天守閣まで行くことを選手に手伝ってほしい」 私は車いすを持ち上げて、石段の段差

    • RUNBRIDGEメンバーで、鹿児島県大崎町に行ってきた話 〜岡本 悠佑 編〜

      みなさんこんにちは。 ランブリッジで戦略アドバイスや研修担当をさせていただいているゆうゆうです。 今回ランブリッジの経営合宿を企画させていただきました。 企画者ですのでちょっとだけ内容紹介をはさんでおきます。 今回のコンセプトは「日常を問い直す」でした。 もともと関係性の良いランブリッジのメンバーで今更何をやるねん! だったのですが、だからこそ今一度日常を問い直し、新たな関係性を築けるのでないかと思ったワケです。 ① わたしとランブリッジ  カラバリューカードを

      • シン・ミライ2075〜拝啓 おじいちゃん〜

        ※この手紙はフィクションです。2023年4月にランブリッジ経営合宿で作成された「トンデモだけどちょっとありそうな未来」を編集したものであり、記述される人物、団体、出来事とは弊社内を除き一切関係ありません。 ただし、トンデモ世界であってもランブリッジは独自の価値を提供することは事実です。 みなさんならこのシン・ミライでどんな仕事をするでしょうか? そんな問いを頭におきながら読んでみてください。 拝啓 おじいちゃんへ おじいちゃん、元気にしていますか。私は元気です。今日は20

        • 武雄市スポーツコミッション、はじまります。

          佐賀県武雄市でスポーツコミッションがいよいよ始動します。 3月19日(土)に武雄市図書館で「武雄市スポーツコミッション設立シンポジウム」が開催されました。 今回はRUNBRIDGEのnoteから、武雄市スポーツコミッションについてのお話とイベントの様子をお伝えします。 武雄市スポーツコミッションって? 「スポーツコミッション」とはそもそも、スポーツと地域資源を組み合わせてまちづくりや地域活性化に取り組む民間企業・スポーツ団体・自治体等が一体となった組織のこと。武雄市では、

        【RUNBRIDGEメンバー募集】Believe SPORTS.

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ランブリッジ のこと
          RUNBRIDGEのこと 他
        • chief happiness Officerコラム
          RUNBRIDGEのこと 他
        • BUSITUの なかまたち
          RUNBRIDGEのこと 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2022書き初め -安高-

          神田さんに続いて、インターンのキラさんの2022年の抱負。 キラさんは2020年の冬からランブリッジでインターン生として一緒にお仕事をしてきました。2022年2月18日のランブリッジ卒業まであと8日。 寂しいけれど、寂しいのは一緒に過ごした時間が充実していたからこそ感じることのできる感情です。 Q:今年の書き初め(抱負)は? 今年は『楽』という言葉を選びました。 この文字を選んだ理由は1つです。 『楽しむ』ことを忘れないためです。 4月から正式な社会人として働き始

          2022書き初め -安高-

          2022書き初め -神田-

          2月も引き続き今年の抱負を(今月中に全員完了予定です) 今回は、1月からお手伝いいただいている神田さんの書き初め。 ■2022年の書き初め 『自分らしくいる』と書きました。   自分自身、過去数年の間にいくつか生き方に関わる意思決定をしました。そのなかで納得していることと納得できていないこと、後悔のないものと正直ちょっと後悔していること、いろいろありましたが   納得していないこと、後悔していることを思い返してみるとその意思決定をしたときは「自分が本音としてどうありたい

          2022書き初め -神田-

          2022書き初め -藤原-

          前回に続いてメンバーの書き初めについて 今回はコミュニケーションデザイナーの藤原に聞いてみました。 Q:今年の書き初め(抱負)は? 今年の書き初めは「◯」(えん・ゼロ)と「∞」(無限大) どんなときでも、その状態を◯(良し)として、その状態を0(ゼロ)として物事を考えられるようにという願いを込めました。 ∞(無限大)に関しては、◯ と ◯ を繋げてずっと続くような縁作りの役を 担えられますように、という想いです。 RUNBRIDGEが大事にしている「掴み取る、架け橋

          2022書き初め -藤原-

          2022書き初め -高橋-

          前回の代表余吾の書き初めにつづき、今回は執行役員高橋の書き初めのご紹介。 ーーーーー ■2022年の書き初め 今年は『実』という漢字を書きました。 この漢字を選んだ理由は2点。 1点目は「実行」という言葉から 最近ではまたコロナ感染者数が増えてきてしまっておりますが、徐々に合宿案件のお見積もりを頂くことが出来始めています。 3月と8月はランブリッジにとって1番の繁忙期であり、一番合宿の仕事をさせて頂く時期です。そこでこれまでコロナにより実行できていなかった合宿での事

          2022書き初め -高橋-

          2022書き初め -余吾-

          ランブリッジ では昨年に続き、1月5日の初出勤の際に初詣と書き初めを行いました。 今日は代表 余吾の書き初めをご紹介。 Q:今年の書き初めでは何と書きましたか今年は『創』です。 これまで関わってきた人、新しく出会う人と一緒に今年は今まで以上にいろいろなものを共に創っていきたいなと思っています。 自治体でのスポーツによるまちづくりや、スポーツ合宿も私たちの会社だけでは何一つ創ることはできません。 多くの人と共に創っていくことに努めていきたいと思っています。 Q:ちなみに

          2022書き初め -余吾-

          新年おめでとうございます

          昨年も、みなさまのおかげで沢山の気づきやきっかけをいただき、誠にありがとうございました。 スポーツ合宿は、繁忙期と比べるとやはり少ないですが、少しずつ活気を取り戻し始めています。 地域活性化支援は、西日本を中心にスポーツコミッションの設立サポート、「スポーツによる地域活性化」をテーマとした講演への登壇など複数地域で行わせていただきました。スポーツコミッションの設立においては、複数年間に渡って伴走してつくり上げるものとなっています。 日本ホッケー協会様からは、U15の大会

          新年おめでとうございます

          拝啓 まだ見ぬ迷える子羊へ

          こんにちは。RUNBRIDGE(以下 ランブリッジ)インターン1期生の安髙 きら(ヤスタカキラ)です。 ランブリッジにお世話になってもうすぐ1年が経とうとしています。 今日は、まだ見ぬ後輩のインターン生に向けて、ランブリッジの方々に1年間お世話になった感想や実体験などを綴ろうと思います。 ◼ 目次 1, はじめまして、迷える子羊 〜ランブリッジと私の出逢い〜 2,私にとってランブリッジとは●● 3,私に起きた「変化」 4,拝啓   まだ見ぬ迷える子羊へ はじめまして、迷え

          拝啓 まだ見ぬ迷える子羊へ

          8期目 迎えました

          2021年11月1日株式会社ランブリッジはおかげさまで 8期目を迎えることができました。 お客様、お取引先、BUSITUのみなさま、家族・友人、全てのつながりのある方々にいつも支えていただいています。 本当にありがとうございます。 8期目も、みなさまの”掴み取る 架け橋になる”をミッションに日々 精進したいと思います。 引き続きよろしくお願いいたします。 ------------- 8期目を祝うCEO余吾と執行役員 高橋 ランブリッジ の未来は明るい✨✨ --

          8期目 迎えました

          普通であることがイヤだというあなた へ

          ● 採用条件は「ヘンな人」という会社人材育成事業をする会社をするかたわら、 こちらの会社、株式会社ランブリッジで複業させていただいて1年が経ちました。 もともと通っていた大学院で知り合い、もともとひとりで事業をしていたぼくが 彼のオフィスに遊びに行ってるうちに互いの事業の意見交換をするようになり、 気づけばいつの間にか名刺をつくられて今にいたります。 代表のよごさんは本当に変わった人です。 自己肯定感にスキル全振りしたような人で、 何があってもブレない。 周り

          普通であることがイヤだというあなた へ

          【イベント報告】第3回カラバリューカードセッション

          2021年9月21日 今回のテーマは「アスリートとキャリア」 アスリートのキャリアを”わたし”はどのように捉えているのか!? 価値観カードゲームを楽しみながら対話しました。 今回は、「スポーツ」が今の自分のキャリアにおける価値観にどのようにつながっているかについて。 私自身はこのワークショップは何度も体験しているのですが、今回はスポーツ事業をされている方と学生時代のスポーツに注目しながら自分の価値観についてカードゲームを行いました! 私の選んだカードはこちら 自分の

          【イベント報告】第3回カラバリューカードセッション

          #一人じゃ気付けなかったこと ヤスタカ

          『 一人じゃ気付けなかったこと 』 マネージャーの安髙 きらです。 今回のテーマは『一人じゃ気付けなかったこと』ということなので、スポーツという視点を絡ませて考えてみようと思います。  満足は怖いこと スポーツ選手にとって一番怖いことは『満足』である。そう、私はずっと思っていました。 もっと速くなりたい。もっと強くなりたい。 誰よりも速く、強く 常にそのことだけを考えて生きていました。 『自分は頑張った。自分は偉い。』 そんな満足感を一度感じてしまったら、知

          #一人じゃ気付けなかったこと ヤスタカ

          #一人じゃ気づけなかったこと フジワラの場合

          #一人じゃ気づけなかったこと 今年の8月で38歳になりました。 一人じゃ気づけなかったこと 今まで生かされ過ごしてきて「一人じゃ気づけなかったこと」しかありません。 一人で生きている とまだ私には考えられていません。 常に、誰かのおかげで自分がいて 誰か・もしくはなにかに触れて気づかされる 一人じゃ気づけなかったことしか、ありません。 株式会社ランブリッジ コミュニケーションデザイナー フジワラ コウヘイ

          #一人じゃ気づけなかったこと フジワラの場合