寒い今が仕込み時期 親子で味噌作り挑戦
見出し画像

寒い今が仕込み時期 親子で味噌作り挑戦

根ざす生き方(ルーツピュアリィのブログ)

こんにちは。家族4人で自然と寄り添いながら暮らしている青木家です。

我が家は小学生のお姉ちゃんと幼稚園児の弟がおりまして、一緒にものづくりを楽しんでいます。

小寒から大寒へと向かうこの時期。

今年も味噌作りの時期がやって来ました!

味噌作りをやる前はなんとなくイメージで「めんどくさそう」「時間がかかりそう」などネガティブな要素が強かったのですが、やってみて楽しかったですし、そしてなりより完成した時の感動の方が強く、毎日のように有難くいただいていますので、ぜひ皆様へも体験いただきたいと思い、ブログを書かせていただきました。

誰でもできる。楽しめる味噌作りを素人ながらお伝えさせていただきます。

【材料】

・大豆 500g
・米麹 1㎏  
・塩 300g

こちらで2.5kg程度のお味噌が出来上がります。

それでは作り方をお伝えさせていただきます。

【作り方】

①前日に大豆をきれいな水で洗い水に浸しておく。

画像1

浮いてきた皮や大豆はもったいないですが、処分することにしました。

②浸した大豆を火にかけ、弱火で煮込む。

写真は撮り損ねましたが、耳たぶの方さくらいになるまで煮込んでいきます。途中お水を足したり、あくを取ったりしていきます。

初めてだったので、4時間くらい煮込みました。

圧力鍋では20分くらいでいいそうです。買おうかな……。

③煮込んでいる間に塩と米麴を合わせていきます。

ここで、子供達の出番!

子供達の手で作る味噌には美味しくなる秘訣があるとのことです。

さっそく揉みこんでもらいました。

画像2

画像3

塩きり麹を作っていきます。塩と米麴をしっとりとなるまで揉みこんでみました。(混ぜるだけでも大丈夫。)

頑張れ~!

④耳たぶくらいになった大豆をすり潰していきます。

(煮汁は捨てない取っておいてください。後で使います。)

画像4

画像5

はい。ぼくちゃんは疲れました~(汗)

⑤すり潰した大豆と塩きり麴を混ぜ合わせて揉みこんでいきます。

マッシャーを使うと早かったですが、粒が残りました。そこはご愛嬌。

そして、お姉ちゃんの出番です!

画像6

よく馴染むまで揉みこんでいきます。

ちょっとぱさぱさしていると感じたら、大豆の煮汁を加えて揉んでいきます。

ハンバーグを作る要領で、空気を抜くように両手でペタペタしながら、

保存容器に投げ入れます!

投げ込む音に誘われて、一度離脱した弟くんがやりたがって、ホーロー容器に投げ込んでくれました!

それからは、ホーローに投げ入れた時の音が楽しいらしく、どんどん投げ入れてくれました。

画像7

平らにならして塩を振り入れます。

カビが生えやすい側面にはしっかりと塩をふりかけ、まんべんなく空気が入らないように上からラップを貼ります。

落し蓋をのせて、後は暗室で寝かせて完成!


3か月後くらいに様子をみるために、天地返しをしました。

画像8

なにやら味噌っぽくなってきている!

味噌だまりと言われる醤油みないた液体が上がってきました。

調味料として使えますので、捨てないでくださいね!

約10ヶ月後……。


美味しい味噌が出来上がりました。

画像9

出来た味噌はお湯に溶かして、即席味噌汁で食べてみました。

子供達も自分たちが作った味噌だったのか、美味しいと言って飲んでいました。

麹菌。無事に発酵してくれてありがとう!毎日頑張ってくれてました!

今回使用した麴菌は、一般的に販売されている麴菌とは違い、蔵に棲み付く天然の菌。天然菌で作られた米麴を使いました。

一般的に販売されている麴菌は目的に適した菌を一つ取り除いて、化学薬品を使って培養される「単一菌」がほとんどで、旨味がないため、出汁を使う必要があったり、後からアミノ酸(グルタミン酸ナトリウム)を添加したりする必要があります。

天然菌とは様々なお味噌や発酵に適した菌が複数あり、まだ解明されていないような菌などがうま味などに働きかけ、奥深い味わいが楽しめます。

昔ながらの伝統製法の天然麴菌はこちら

大豆

大豆は自然栽培の大豆を使いました。

大豆の国内製造だけでも数パーセントの生産量。その中でも貴重な、農薬も肥料も使っていない自然栽培の大豆です。

なぜ自然栽培の大豆を選ぶかというと、自然栽培の大豆は自然の摂理に沿って成長していくために、細胞が機密で実がしっかりとしています。

その為、農薬で守られ、肥料で育てられた大豆とは違い、腐敗しにくく、発酵しやすい大豆となります。

初心者の私でも失敗しませんでした。

大豆はこちら。

塩は天日湖塩を使いました。

一般的に販売されている塩は精製され、ミネラルが失われてしまっています。

内モンゴルの高地で取れる天日湖塩は環境の影響が少なく、また、精製されていない塩ですので、ミネラルが豊富で旨味があります。

そのまま舐めても美味しいですよ。

天日湖塩はこちら



セットで購入すると作り方レシピも入っています。


作った味噌は両家のおじいちゃん、おばあちゃんへお裾分けしました。

孫が作った味噌は格別でしょうね!いつまでも元気でいてね!

本来は親から子へ、受け継ぐ日本の伝統文化ですが、残念ながら時代の流れで我が家でも途絶えてしまっていました。

私たちの代からでも、子孫へ伝えていきたいと思っています。

おじいちゃん、おばあちゃんも昔を思い出してもらって、孫と一緒に味噌づくりもいいかもですね!

皆様もオリジナル味噌をぜひお楽しみください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
根ざす生き方(ルーツピュアリィのブログ)
ルーツピュアリィは熊本城の城下町で明治初期に建てられた建物を再生した店舗を拠点に、日本文化継承、自然栽培専門店、レストラン、イベントなどを行い、循環型ライフスタイルを提案している。http://nh-purely.co.jp/