見出し画像

インターネットは正しい

さっき何気なくネットサーフィンをしていたら

「インターネットはすべて正しい?--危険な10代の情報リテラシー」

というタイトルの記事を見つけて「いやいやいや完全にオバサン視点の記事じゃん」となったので反論しようと思って「インターネットは信用に値するぞ」という記事を書きます。

正確な情報なんて

そもそもこの世にある真理なんてものは科学と事実だけだ。

人が人の意思で作った情報なんてものはたとえ新聞だろうと本だろうとテレビだろうとブログだろうとTwitterだろうとも、そこに偏見や誤認は必ずある。

何を今さら「インターネットは間違った情報がある」なんて言っているんだと。そんなの当たり前じゃないか。家族でも友人でも知識人でも間違いや嘘を平気で語ってしまうのが「話」というものだ。どんなに調べたって一切間違いのない情報だけを喋れる人にはなれない。

だから10代がたくさんネットで情報を仕入れているからと言って、みんながみんなその1つ目の記事を鵜呑みにして満足するはずがないだろう。まぁ一定数はいるだろうが、「ネット記事を複数見る」という若者の方が多いはずだ。

ネットを見ないバカが、ネットを見るやつをバカにするな。

ネットをたくさん見ている人ほど良い情報を持っている。むしろ、中途半端にネットに疎い大人がネットから仕入れた情報ほど信用できないものはない。

インターネットは確かに玉石混交に色々な情報があって、間違った情報ですら強固に理由づけされてたくさんの記事にまとめられ語られている。確かにそれはそうなのだが、

子供ならばどんな情報でも「正しい」「ウソだ」と判断する前に全てを読むだろう。そのどちらの情報もたくさんあるのだから子供は迷ってしまうが、時間をかけて実際に正しい方の情報を信用する。

大人は記事のタイトルを見た時点で「信用する」「信用しない」を決める。自分が正しいと思い込んでいる記事ばかりを見るのだ。

だから大人ほど簡単に間違った情報というのを信用する。人から聞いた話という第一情報をベースに調査を始めるのだから、その「自分は正しい情報を持っているぞ」という証拠ばかりを集めてしまう。

結果おっさんおばさんや爺さん婆さんは陰謀論を抱えている確率が高い。中二病という言葉を知っている子供の方がよっぽど「偏った情報」というのを恐れているのだ。大人は自分が中二病になっても自覚することができない。

子供はバカだが学びのプロだ。歳をとると賢い代わりに学ばなくなる。

「ネットの記事を複数見る」という手法は子供であれば子供であるほどよくやっている。検索ワードも「〇〇 メリット」を調べた後に「〇〇 デメリット」を均等に検索する。

むしろ歳を重ねるにつれ「一つの情報で満足する」人が多くなる。大人は「〇〇 デメリット」だけ検索する人が多い。

自分が「これは悪いものだ」と一度思い込んだら、「〇〇 問題点」だけ検索して「ほれ見たことか」と言ってしまうのが大人だ。

インターネットが偏っているのではなく、検索方法が偏っているのだ。

他人の情報は信用しない

「自分がネットで調べた情報より、家族や友人が言った情報の方が正しかった」なんてことはなかなかない。

むしろ「他人のアドバイスの通りに行動したら失敗した」という経験の方が多い。それは僕だけではなく大半の大人はそんな経験があるだろう。

情報というのは「複数人の語る常識的な意見」が最も正しく、たった一人の話ばかり聞いていては必ずどこかに間違いが含まれている。結局、色々な本を読んだり色々な記事を見たりという手法は、ネットだろうと活字だろうとも必要な手順になっている。その複数情報を仕入れるという手法だけが唯一の正攻法なのだ。

ネットはすべて正しい。

100%正しい情報というものは存在しないが、それでもほとんどの人は皆"正しい情報だと思い込んで"語っている

それだけは真実だ。好んで嘘を語る人など、アフィリエイター(広告収入目的のブロガー)くらいしかいない。利益のない悪事など進んで働きたくないのが人間だ。

だからどの情報も「誰かが善意のもとで書いている」という前提で読むならば早々に間違った結論になどたどり着くことなどない。「この人はそう考えるのか」「この人の理屈は説得力があるな」とそれぞれの記事に正確性を評価してやれば、どの情報がどのくらい真実に近いかというのは分かるモノだ。

僕の爺さんなんかがそうなのだが、「この記事を書いたやつは嘘をついている」だの、「この記事を書いたやつは勉強してない」だのと言う。

勉強不足や情報の間違いというのはそれはお互い様だ。一方的に話を聞いておきながらやれ「こいつは間違ってる」だの、やれ「こいつは騙そうとしている」なんてのは甚だ図々しい。

テレビの前でテレビに向かって文句を言っているのと同じだ。どちらが役に立ちそうなことを言っているのかなんてのは一目瞭然、情報を発信している側の方がよっぽど責任感の元に発言しているだろう。

多少なりとも尊敬の意を持って記事を読み、適度に「もしかしたらここは間違っているのではないでしょうか?」という謙虚な疑いを以って記事を読むのがネットのマナーだ。過度な信用も過度な疑いも自分を陰謀論へと導く。

インターネットで見つからない情報などない。

ネットにはほぼすべての情報が載っている。Twitterまで駆使すれば99%の情報は手に入る。

「自分が今どうすればいいか」「自分が今なぜ気分が悪いのか」なんて問題でさえ、どこかに助けになる言葉が書かれている。同じ問題を抱えた人がいる。

インターネットを疑うな。どうせ間違っているのは自分だ。その間違った情報にたどり着いたのも、正しい情報に辿り着けないのも、たいていは自分自身の検索力の低さや誤解が招いた結果だ。

インターネットが完璧でないと思うのならば、それは完璧なインターネットというツールを扱えない自分自身に問題があると思え。僕よりも検索力がない人が「インターネットはアテにならない」とか言っているのを見ると腹が立つ。(多分これが言いたかっただけ)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
iPadProのプロ。イラストとガジェット・情報系専門家。21歳の田舎PC修理屋です。