Ryo Kimura

ドルビーアトモス仕様の空間オーディオ作品を自主制作してリリースしています。ピアノ演奏の動画撮影に特化したピアノスタジオ「白金ピアノスタジオ」のオーナーでもあります。

Ryo Kimura

ドルビーアトモス仕様の空間オーディオ作品を自主制作してリリースしています。ピアノ演奏の動画撮影に特化したピアノスタジオ「白金ピアノスタジオ」のオーナーでもあります。

    マガジン

    • 録音、映像収録、ライブ配信、ポッドキャスト等の情報・技術系

      ためになったなー、というnoteをあとで振り返るためのブックマークです。

    • Sync Controller - 完成までの道のり

      • 17本

      映像・音響の同時多拠点収録・配信などに便利!?な Sync Controller というハードウェアを開発しています。βテストを始めたので、開発・評価・ブラッシュアップをこのマガジン上で。

    • マルチカメラ収録、タイムコード同期について(まとめ)

      複数のカメラを同時に使って映像収録を行う、マルチカメラ収録(マルチカム収録)の際に活用できるタイムコード同期について、DIYな視点で行った実験についてまとめました。

      • 録音、映像収録、ライブ配信、ポッドキャスト等の情報・技術系

      • Sync Controller - 完成までの道のり

        • 17本
      • マルチカメラ収録、タイムコード同期について(まとめ)

    最近の記事

    • 固定された記事

    ビンテージのベヒシュタインでピアノ演奏動画が撮れる"白金ピアノスタジオ"

    東京・港区白金の緑豊かな住宅街にある白金(しろかね)ピアノスタジオは、ピアノ演奏の撮影と録音に特化した音楽スタジオです。 1906年製のグランド・ピアノ「ベヒシュタイン Model B」と、Avid Tools Ultimateを中心とした録音機材および撮影用の映像機器を常設し、高品質な動画撮影および音楽レコーディングを行うことができます。 雁部一浩|シューマンのトロイメライ、ショパンのワルツ ピアニストの手元を真上から撮影する「俯瞰カメラ」を常設している珍しいスタジオ

      • 「ネオ・ソルフェージュ ― ポピュラー音楽のための読譜と聴音能力開発エクササイズ」を買いました

        「ネオ・ソルフェージュ ― ポピュラー音楽のための読譜と聴音能力開発エクササイズ」を買いました。これは昨年末に発売されたばかりの新書で、作曲家 古山丈さんの著書です。古山さんは大阪音楽大学の作曲科を卒業され、数々のアーティストのライブやレコーディングを手掛ける一方で、母校の大阪音楽大学で教鞭も取られている方です。 私自身はロックバンドの出身なので、ポピュラー音楽におけるコード理論と、クラシック音楽におけるソルフェージュや和声学を、自分の中で答え合わせをした時期がありましたが

        • WAOrchestra Tribeのストリーミングコンサートの音響オペレート頑張って来ました。

          新宿区神楽坂のWAO亭スタジオで活動する、社会人ビックバンド「WAOrchestra Tribe」のストリーミングコンサートの音響オペレート頑張って来ました。 普段ピアノ1台のミックスしかしてない私が、16人編成のビックバンドをリアルタイムでミックスするのは少々無理がありますが、前回に引き続き楽しくやらせていただきました。 実はビックバンドの音楽ジャンルは好きで、学生時代、関西の大学ビックバンドをつくか聞きに行って憧れていました。 しかし自分は管楽器をやってなかったし、

          • Everything But The Girlの「Rollercoaster」を Synthesizer Vと生ピアノでカバーしてみた

            90年代に活躍したイギリスのアーティスト、Everything But The Girl大好きなんです。そんなEBTGから突然、24年ぶりの新作アルバムをリリースするという知らせ。新曲「Nothing Left To Lose」のMVも公開され、何だこのかっこよさは!大ベテランなのに渋い音楽に行かずに最先端サウンド!なんてかっこいい人達なんだ。 ということで、思わず勢いで、私の大好きなEBTGの「Rollercoaster」という曲を、Synthesizer VでのAIボー

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 録音、映像収録、ライブ配信、ポッドキャスト等の情報・技術系
            Ryo Kimura
          • Sync Controller - 完成までの道のり
            Takumin 他
          • マルチカメラ収録、タイムコード同期について(まとめ)
            Ryo Kimura

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            +3

            アーカイブに、ピアノを弾きに来た猫が写り込んでいた。

            Lexicon PCM60を模したリバーブプラグインWave Alchemy「Pulse」を試す

            Lexicon PCM60を模したリバーブプラグインWave Alchemy「Pulse」を教えてもらったので、いきなり購入してみました。簡単ではありますが、Pro Tools Ultimate標準リバープAvid「Space」とプレート系リバーブの聴き比べをしてみました。 SpaceにはEMT140のIRを読み込み、PulseはPlateのプログラムを選んでいます。 Avid "Space" https://www.avid.com/ja/plugins/space

            まさかの2台目ゲット、ALESIS QUADRAVERB、今度は「GT」

            先日ブックオフでALESIS QUADRAVERBのジャンク品を2000円でレスキューしてきましたが、まさかのもう1台ゲットしてしまいました。今度は「ALESIS QUADRAVERB GT」。倍の3980円も払ってしまったよ。 外観レビューQUADRAVERBは1990年代のDTMでちょっと流行った機材で、リバーブ、ディレイ、コーラス、フランジャーなどがかけられるラックマウント型の空間系エフェクターです。 そしてALESIS QUADRAVERB GTはその名前の「GT

            ノイマンの最新コンタクトマイク「MCM」を体験した

            去年の話なのですが、ノイマンの新しいクリップマイク「Miniature Clip Mic System 」(ミニチュア・クリップ・マイク・システム、略称「MCM」)の音を、自分のスタジオで聞くことができました。 エンジニアの 加納 洋一郎さんが、製品レビューされるにあたっての楽器の試奏役として、私も一緒にMCMを体験させていただいたのですが、メディア・インテグレーションでレビューが掲載されるとのことですので、詳しくはそちらをお待ちいただければと思います。私もちょっとだけ感想

            カメラ答え合わせ Panasonnic GH4, GH5, GH5S or BGH1

            昨日、「Isn't She Lovely」のカバー動画をアップしましたが、実は裏テーマがありまして、Panasonic製マイクロフォーサーズ一眼カメラ「Gシリーズ」の画質の違いのテストをしておりました。 使用したカメラは「GH4」「GH5」「GH5S」そして「BGH1」の4種です。GH5SとBGH1はお借りたもので私の所有ではないのですが、比較テストさせていただきました。 「カメラ答え合わせ」と題したこの動画は、わかりやすいように、今映っている映像がどのカメラで撮ったもの

            弟夫婦に女の子が誕生したので多重録音で「Isn't She Lovely」をカバーしてみた

            あけましておめでとうございます。 弟夫婦に女の子が誕生したので多重録音でスティーヴィー・ワンダー「Isn't She Lovely」をカバーしてみました。私はピアノとギターとヴァイオリン、ヴィオラ、チェロを弾いています。 ボーカルは広島県のライブハウス 福山Cableのメイシュエさんが歌ってくれました。 https://twitter.com/MxUe_ 原曲の「タッカタッカ」というシャッフルのビートは絶対に使わないという鉄の意思でカバーしました。16ビートのリズムで

            ピアニストの須江太郎さんの美しくも儚いシューマン

            年内最後のお客様、ピアニストの須江太郎さんが、 白金ピアノスタジオ のベヒシュタインを弾きに来てくださいました。 シューマン 詩人の恋より「はれやかな夏の朝に」。この美しい音をどうやって奏でているのか、指先を観察してしまいます。 シューマンの連作歌曲集「詩人の恋」は、シューマンが特に歌曲をたくさん書いた1840年の作品ですが、生涯に作曲した270曲の約半分に及ぶ136曲をシューマンはこの1年に書きました。後に1840年は「歌曲の年」と呼ばれます。 この年はシューマンが恋

            NEUMANNマイクの聴き比べ動画に演奏役でちょい出演

            私がギター演奏の実験台として出演させていただいたNEUMANNマイク聴き比べ動画が公開になったみたい! エンジニアの 加納 洋一郎さん、サウンドウーノ 宇野 克郎さんと一緒にマイクの感想を語っています。視聴者の皆さん、ギターがマーチンじゃなくてヤマハですみません…。 撮影時、ヘッドフォンから返ってきている音はマイクごとにかなり違いがあって、それを正直ベースでお話しています。YouTubeでどのくらいわかるだろう?と思いましたが、改めて聞くと「全部いい音じゃん!」みたいな。

            ATEM用のタリーランプを自作しました

            ピアノスタジオに常設している4台のカメラのうち、演奏者の顔を正面から撮るカメラにタリーランプを設置しました。自作品です。 タリーランプとは放送局のカメラの上についている赤いランプのことで、現在どのカメラの映像がオンエアされているのかということを出演者やスタッフに伝えるための目印です。 演奏中のピアニストに対して、今どのカメラが映っているかという情報を伝える必要はないと思っていますが、MCの時はカメラに向かって喋って欲しいので、正面カメラにのみタリーランプを設置し、「今、顔

            なんてシビアなマイクなんだ。三角振動板のEhrlundを初体験して洗礼を受ける

            レコーディングエンジニアの 加納 洋一郎さんが「使ってみていいよ」と言って、Ehrlund(アーランド)のマイクを貸してくださいました。年末にこんなチャンスが巡ってくるとは! Ehrlundはスウェーデンのマイク・ブランドで、21世紀になってから誕生した比較的新しい音響メーカーです。特徴は三角形の振動板(普通のマイクの振動板は丸形)。このマイクの詳しい説明は加納さんが執筆されたレビューがありますので、それをリンクしておきます。 私も一度使ってみたかった憧れのマイクとという

            ジャンク品のAston Microphones Orginをじゃぶじゃぶ水洗い洗浄

            魅惑の言葉「ジャンク品」。その言葉に吸い寄せられ、またもや賭けで買ってしまった素性知らずの格安マイク。今回の一品はAston MicrophonesのOrgin。 届いたマイクは、触ると微妙にベタッとして油っこい。参ったなと思いつつも、Astonのマイクはネットの部分を水洗いできると誰かのレビューで読んだので、思い切って分解してみることに。 ダイアフラムを傷つけないように気をつけながらも、ばらばらになったネット周りのパーツを台所洗剤でじゃぶじゃぶ水洗い。マイクの外観も水が

            ピアニスト/ピアノ研究家の松原聡さんがベヒシュタインを弾きに来てくださいました

            ピアニストであり、ピアノ研究家としても活動されている松原聡さんが、白金ピアノスタジオにベヒシュタインを弾きに来てくださいました。 松原聡さんはピアノ研究家として、様々なメディアで執筆活動をされている方なのでピアノについて大変お詳しく、逆にベヒシュタインのピアノの歴史についてたくさん教えていただきとても勉強になりました。 そして、実際に演奏もしていただいたのですが、松原さんの優しいタッチに、スタジオに穏やかな時間が流れました。 動画撮影させていただいた中から、スクリャービ