【読書記録】ケン・リュウ「心智五行」アフターコロナの行き着く果ての物語
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【読書記録】ケン・リュウ「心智五行」アフターコロナの行き着く果ての物語

リューゴンス

物語は二等科学士の女の子タイラ・ヘイズのパーソナルAIアーティとの会話で始まる。調査船ダンデライオン号は265名の乗組員とともに爆発し、タイラは絶望的な状況の中父親の言葉を思い出してポッドの最後の動力を使い五万光年のハイパースペースジャンプを試みた。「自分の直感(ガット)を信じろ」。その先には未知の恒星系の未知の惑星ティコ409。
 もしこの我々が直面する新型コロナと戦うため、マスク、換気、滅菌の世界を突き詰めるならその先にある世界はどんな形だろう。そんなことを考えさせられる短編小説。
宇宙のどこか辺境に中国から派生した民族の末裔がいて、そこでは漢方の様な「西洋的に科学的根拠はないが経験上うまくいく」様々な知恵が発達した文明があったら。2つの世界を跨いだボーイミーツガールがあったら。そんなお話です。
タイラとファーツォン交互の視点で語られる話の組み立ても良い。
どちらの世界が優れているわけでなく、お互いをリスペクトし融合していく、そんな予感の中で物語が終わるのも爽やかで気に入ったのでした。


この記事が参加している募集

読書感想文

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
やほほほほ
リューゴンス
自由人です。平和主義。時々作曲、ベース弾く。巨匠の技術を学ぶべく名著の冒頭を写経したり、観たアニメやドラマを解析します。さすらいの購買部資材課。サプライチェーニスト。ロジスティッカー。コントラクティスト。バンド活動はBigdaddysとANYなど。現在無期限停止中だが近日復活予定