批評 東京はるかに

ワニの日と、盛夏火『ウィッチ・キャスティング』

団地演劇  団地で演劇を行う盛夏火(セイカビ)という団体のことはかねてから耳にしていました。新作の『ウィッチ・キャスティング』の情報を初日前夜にSNSで拾って、劇...

小池博史ブリッジプロジェクト『Fools on The Hill』

全体概要 小池博史ブリッジプロジェクト『Fools on The Hill』は2020年の1/17~23に、中野のスタジオサイで上演されました。 小池博史ブリッジプロジェクトは、演劇、ダン...

シニカルな没入③ ヌトミック『それからの街』『アワー・ユア・タワーズ』

ここでは「シニカルな没入」という語をテーマに、ヌトミックの直近の2公演、『アワー・ユア・タワーズ』と『それからの街』を貫いていたものを浮き彫りにしてみます。 ブ...

曖昧な水面を通ってーー岡崎藝術座『ニオノウミにて』

横浜駅を出て少し歩き、ビル街の途中で地下に潜ると劇場にたどり着きます。 入り口を抜けて中に入ると右手に奥深く舞台が続いており、床面積のほとんどを占めています。 階...

シニカルな没入② コトリ会議『セミの空の空』評

セラピー的社会  現代社会に蔓延する種々の文化の様態を、セラピー的文化と総称することができます。社会には様々な問題があって、マクロには政治や経済の問題、ミクロに...

シニカルな没入① ゴジゲン『ポポリンピック』評

弱者をめぐる演劇  ゴジゲンの『ポポリンピック』は、2020年の東京オリンピックの競技種目として選ばれなかったボウリングのプレイヤーたちが、選ばれなかった競技を集め...