見出し画像

新規事業の“事業化”までコミットする総合イノベーション支援カンパニー「ReGACY Innovation Group Inc.」が始動

大手企業や自治体、教育機関等からのベンチャー創出やオープンイノベーションによる事業化に特化したサービス開発・展開をおこなうReGACY Innovation Group株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長: 成瀬 功一)を、2022年2月2日に発足いたしました。
​また、ReGACY Innovation Groupは、2022年4月1日付で、国内有数のベンチャーキャピタルである株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎)より、大手企業・自治体向けにイノベーション支援を行うコンサルティング事業を譲受し、本格的に事業展開を始動しました。
始動から2ヶ月で既に30を超える大手企業、大学、政府・自治体、教育機関等との産業イノベーションプロジェクトを運営しています。

ReGACY Innovation Groupについて

ReGACY Innovation Group ロゴマーク

■ 社名の由来
英語の「Legacy」の頭文字「L」を「R」に変更した造語です。

■ 社名に込めた想い
これまでの産業・社会・企業(Legacy)を活かしつつも次世代へ変革・再創造(Reform・Reborn)していく想いを込めました。

■ ロゴマークに込めた想い
社名の頭文字の「Re」をシンボルマークとし、変化しないことがリスクの時代に、社内外に対して「変革」を起こし続けるチームでありたい意思を示しました。

■ ReGACY Innovation Group のビジョン
「もう一度、日本から世界の産業を変える」
戦後、日本は産業革命を牽引し、最もユニコーン企業(今の大企業)を輩出しました。
そして今、デジタル化や社会課題が急速に進む中で、世界のイノベーションの焦点は、これまでスタートアップが牽引してきたIT・ソフトウェア単体の領域から、デジタル技術と産業の融合が必要な領域に大きくシフトし始めています。多分野の融合が必要となる次のイノベーションには、日本の技術力やノウハウ、産業基盤が生かせる時代だと考えています。
当社は、日本からもう一度世界をリードしていける新たな仕組みの実装と先行事例の創出に挑戦し続けていきます。

ReGACY Innovation Group の課題意識

日本におけるイノベーションの課題

「産業起点の“事業化”を10倍に」
現在、多くの大企業や自治体がイノベーション活動を活発化させていますが、その活動の大半は、アイデア検討やPoC、また、ベンチャーへのマイナー出資等にとどまっており、事業化・収益化に至る事業はほとんど生まれていません。
当社では、事業化フェーズに求められるイノベーション手法と社内体制を構築しており、それらを展開していくことで、グローバルへの日本発イノベーションを量産していきます。

サービス全体構造について

サービスの全体構造

「経営変革と事業創出を融合した “総合イノベーションカンパニー”」
この10年、多数のベンチャーが生まれ、急成長する一方で、既存企業では多数の技術・アイデアがあるにも関わらず、大半は市場に出すことなく頓挫します。これは、既存事業での意思決定や経営手法が、イノベーションにはフィットせず、根本から見直しが必要であることを示していると考えています。
我々は、意思決定や事業管理、ファイナンス、組織・人材開発などイノベーション最適な経営ナレッジを提供し“新事業を量産するイノベーションマネジメント”の設計・運用を支援します。
同時に、個別案件を“事業化”へ導くために、技術や事業開発だけでなくファイナンスや人材育成も統合した “インキュベーションやオープンイノベーション”の推進を行います。そして、ラボやファンド等の機能も内製化して事業化を加速する総合的な支援を行なっていきます。

サービス内容や所属メンバーについて

メンバーの集合写真

2022年4月1日の事業の本格始動に際してオープンしたコーポレートサイトにサービス内容を記載いたしました。
https://regacy-innovation.com/

会社概要

社名   : ReGACY Innovation Group Inc. / ReGACY Innovation Group株式会社
本社住所 : 東京都千代田区大手町2-7-1 TOKIWAブリッジ13階
設立   : 2022年2月2日
代表者  : 代表取締役社長 成瀬 功一

問い合わせ先

ReGACY Innovation Group 株式会社
コーポレート担当 稲葉
info@regacy-innovation.com


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!