スライド1

『人生の指針レーダーチャート』

企業や事業は「使命(ミッション)」「信条(クレド)」「行動指針」が全てであり、それらが無いのであれば、その事業を辞めたほうが良いと思っているタチです。

経験上、使命・信条・行動指針に照らせば、迷いは9割は無くなり、無駄な会議や面談や付き合いや作業はバッサリなくなります。


はて、これを個人の人生にも応用できないか?
と考えました。


個人の人生は悩みや選択、分岐点の連続であり、体調と心の調子が弱っていると、すぐ無思考に行動してしまいます。


ちまたには本やWEBにタメになる哲学や金言があふれているのですが、分かった気になるだけで行動に移しにくいという難点がありました。


そこでつくったのがこのパワポです。


『人生の指針レーダーチャート』


まず、「人生で大切にしていること」を5つ書き出します。
それぞれに、5点中の何点か、該当するラインに丸をつけ、5つの丸を5角形に結んで完成です。


ポイントは、持ち点が20点しかないこと。

つまり、全部5点満点だと25点とオーバーしてしまうので、人生の優先順位を考えるきっかけとなります。


併せて、「やりたくないこと」のレーダーチャートも作成します。


”やりたくなさ” が高いほうが満点です。


大切なのは、「人生で大切にしていること」に入ってこないコトや、「やりたくないこと」は、ちゃんと辞めること。
断捨離し、人生に優先順位をつけること。


そして、「人生で大切にしていること」の優先順位が高い順に、その実現に向けた行動をカレンダーアプリや手帳に書き入れてしまいましょう。


人生は有限。


実際やってみたのですが、人生の使命・信条・行動指針が決まったので、迷わなくなりました。
人生で大切にしていることと仕事内容が同一線上にならび、
WORKとLIFEがイコールで結ばれました。


ひとつ驚いたのは、夫婦でそれぞれこのレーダーチャートをつくって寝室に並べて貼ってみたのですが、めちゃくちゃ効果高いです。


夫婦喧嘩の9割5分は「価値観の戦争」だと思っています。


つまり、相手の「人生で大切にしていること/やりたくないこと」の優先順位を知らないので、イラついてしかたが無いわけです。


それが全部見える化されるので、チームとして相互理解がめっちゃ深まって喧嘩が減ります。


あと、「ソレ、ほんとは嫌でしょ。辞めちゃいなよ?」とめちゃめちゃ鋭利に切り込んで来られるようになりましたww

惰性に流れがちなところを、芯を捉えたブレーキ役になってくれます。


ご夫婦やパートナー同士は絶対オススメです。
あと、仕事に悩んでいる方にも!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とっても嬉しいです!ありがとうございます。
7
日本を心おどる街に。 サーキュラーエコノミーサービスの開発やプロダクトデザイン、新規事業立ち上げや地域活性化の伴走支援をしています。 株式会社REBRANDING代表取締役
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。