見出し画像

地域を超えた対話が生み出すものとは?

こんにちは。
「問い」をカタチにするインタビューメディア「カンバセーションズ」の原田です。
今日はカンバセーションズがプロデュースしている新しい企画のご紹介です。

インタビューサイト「カンバセーションズ」を運営している株式会社カンバセーションズ(何のひねりもない社名ですみません…)では、地域と地域をつなぐインターローカルプロジェクト「◯◯と鎌倉」というプロジェクトも主宰しているのですが、そちらの関係で、昨年度から長崎県佐世保市にある俵ヶ浦半島の活性化プロジェクトに関わってきました。

カンバセーションズとは別ラインで、こんな企画こんな企画に携わってきたのですが、今年度はこれまでの「俵ヶ浦半島活性化プロジェクト」を振り返るとともに、半島の未来を考えていくことを目的に、「半島 Meets...」というインタビューシリーズ企画を行うことになり、カンバセーションズがプロデュースを担当しています。

画像4

2018年にリニューアルしたカンバセーションズですが、実はリニューアル前には、日本各地で出張取材を行う「Qonversations Trip」というスピンオフ企画も時々行っていました。(旧サイトが見られないのでスクリーンショット↓)

画像1


当時から、同じ地域の人たち同士が、「対談」ではなく、「インタビュー」という形でコミュニケーションをすることに、大きな可能性を感じていました。
そして、「半島Meets...」でも、各地でインタビューを収録することになったのですが、今回は同じ地域同士の人たちの対話ではなく、「俵ヶ浦半島活性化プロジェクト」に関わってきた佐世保市の方たちが、全国各地で同じような職種、立場で働き、暮らす人たちにインタビューを行います。

画像2

すでにいくつかインタビュー収録を終えたのですが、まちづくり団体の代表や農家さん同士が、地域を超えた対話を通して、問題意識や課題、悩みを共有したり、それぞれの地域の方法論を交換したりと、インタビューする側、される側どちらにも大きな気付きや学びがあるようです。

結果的に、「地域間交流」をテーマにさまざまな地域とプロジェクトを進めてきた「◯◯と鎌倉」と、「問い」をカタチにするインタビューメディア「カンバセーションズ」の間の子のような形になった今回の企画は、今後色々な広がりも生まれそうでワクワクしています。
肝心のインタビューの内容は、追って「半島Meets...」のサイト内で公開していく予定なので、ご期待下さい!

佐世保市内でイベントも開催

この企画の一環として、10月29日には佐世保市内で公開インタビューイベントも開催することになりました。

画像3

「俵ヶ浦半島活性化プロジェクト」にプロデューサーとして関わってきたルーツ・アンド・パートナーズの佐藤直之さんが、
issue+designの代表で、『持続可能な地域のつくり方』『ソーシャルデザイン実践ガイド』などの著作でも知られる筧 裕介さんに公開インタビューを行います。
下記サイトより参加申し込みを受付中ですので、九州近辺でご興味のある方はぜひご参加ください。参加費は無料です!


以下はイベントの概要です。

俵ヶ浦半島活性化プロデューサー・佐藤直之さんが、issue+design・筧裕介さんに聞く、「計画を実行するうえで大切なこと」

▼登壇者プロフィール
インタビューする人
佐藤直之(ルーツ・アンド・パートナーズ 代表取締役)
大阪府生まれ。2004年に建設コンサルタント会社に入社、九州各地の公共交通の再生プロジェクトや交通政策、まちづくりプロジェクトに従事。「地域に密着したまちづくりに関わりたい」という思いから、九州大学の博士課程に入学。NPO法人や地域活性化プロジェクトの事務局長を複数務めながら、福岡市や唐津市、佐世保市などの地域密着型のまちづくりに携わる。2010年、唐津市に設立されたまちづくり会社に入社。商店街再生、集客事業、建物のリノベーション・再生をはじめとして、中心市街地活性化に関する様々なプロジェクトの企画・プロデュースにどっぷりと浸かり、地域密着型のまちづくりの難しさ、やりがいを学び、まちづくりプロデューサーとして独立の道を決断する。2013年にRootsを開業、2016年、株式会社ルーツ・アンド・パートナーズを設立。
「俵ヶ浦半島活性プロジェクト」では住民をサポートするチームのリーダーを務める。

インタビューされる人
筧 裕介(issue+design 代表 / 慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任教授)
一橋大学社会学部卒業。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。2008年issue+design 設立。以降、社会課題解決、地域活性化のためのデザイン領域の研究、実践に取り組む。
著書に『持続可能な地域のつくり方』『ソーシャルデザイン実践ガイド』『みんなでつくる総合計画』『震災のためにデザインは何が可能か』など。グッドデザイン賞、日本計画行政学会・学会奨励賞、カンヌライオンズ(仏)、D&AD(英)他受賞多数。2019年7月より慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科特任教授。

▼イベント概要
日  時|2019年10月29日(火)18:30~21:00(開場18:00)
場  所|BRICK MALL SASEBO (長崎県佐佐世保市万津町2-8)
アクセス|「JR佐世保駅」から徒歩10分
定  員|50名 
参加料金|無料
主  催|一般社団法人チーム俵
協  力| 佐世保市政策経営課、(株)カンバセーションズ、(株)ルーツ・アンド・パートナーズ 

▼タイムスケジュール
18:00~ 開場
18:30~ オリエンテーション
19:00~ 公開インタビュー
20:00~ 参加者からのインタビュー
21:00 閉場

みなさまのご参加お待ちしています!
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

「◯◯と鎌倉」でもnoteやってます。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39
「QONVERSATIONS(カンバセーションズ)」は、「問い」をカタチにするインタビュアーメディアです。新規プロジェクトや作品制作のアイデアを持つクリエイターや起業家らが、インタビューを通してプロジェクトの実現を目指しています。http://qonversations.net/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。