たかはしかよこ@おやさい料理研究所

株式会社社員食堂CEO/栄養士 ・映画「もったいないキッチン」 https://bit.ly/3kPihxN ・起業サプリ http://bit.ly/2WSth2j ・TEDxFukuoka 2018 http://bit.ly/2SiMnQB

たかはしかよこ@おやさい料理研究所

株式会社社員食堂CEO/栄養士 ・映画「もったいないキッチン」 https://bit.ly/3kPihxN ・起業サプリ http://bit.ly/2WSth2j ・TEDxFukuoka 2018 http://bit.ly/2SiMnQB

    マガジン

    最近の記事

    「哲学の門前」@吉川浩満

    自分は長いこと人文系の本が読めない人生を送ってきましたが、今 #食農倫理学 の本に挑戦しています。これが、ほんと読めない、読めない(泣)そもそも論として、哲学とは、倫理学とは、道徳とは?からしてわかってないわけです悪戦苦闘中です。 そんな中、注目している #吉川浩満 さんがこの2022年9月に #哲学の門前 を上梓されたとのことで、  哲学と仲良くするヒントがあるに違いないと「読みたいです!」と手を上げて献本いただき、さっそく拝読、2日間で読み切りました。↓ #読書メモ 

      • 「この魚はどこからきたの?」を問いかけよう〜映画「ゴースト・フリート」〜知られざるシーフード産業の闇

        2022年6月5日、渋谷のシアター・イメージフォーラムへ 今回見たこと知ったことわかったことをA4一枚にグラレコしました。文章を読むのが面倒な方はこちらを眺めてくださいませ。 ■食べ物とフェアトレード かつて日本が米不足だった時に外国から米を緊急輸入してことがあります。当時は「外米」という言い方をしていて日本の米に比べたらおいしくない、、みたいなことを日本人は言っていたわけですが、、それによって輸出国に小さな飢餓が起こっていたということを最近知り衝撃を受けました。 みん

        スキ
        7
        • 「ナチスのキッチン」〜栄養学という科学の歴史と裏側を知る

          ようやく「ナチスのキッチン〜食べることの環境史」( #藤原辰史 著 ) 449ページを読了しました。スタートは2月13日で、大学院の卒業と入学と他の本を読むのを挟んで2月弱くらい舐めるよう読書メモ(グラレコリーディング)をとって5月10日ゴール。 台所という空間と機能と技術(家政学)の歴史を辿っていくと、、後半に出てきたのが「栄養学」という科学であり、この科学がナチスの支配のためのメディアとして存分に機能したというオチ?には栄養士として衝撃を感じずにはいられませんでした。

          スキ
          22
          • ナチスのキッチン_読書ログ_1-28

            元旦から始めたグラレコリーディング、大学院のレポート提出や仕事が詰まった時以外は、ほぼ毎日30分から数時間続いています。 正直、書いたから読めてるか?と言われるとそうは思えないんですが、とりあえず「読んでいる気持ちになれる」だけでも十分よいです。 書写はきれいじゃないわけですが、これ、自身の言葉の認知のズレに気が付くし、著者の表現の癖もまた気が付くので、間違えても敢えて打ち消し線にして残しています。誰かに見せるためというよりも、本との関係をつくるための身体的な行為です。

            スキ
            3

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • Psty七転八倒の備忘録
            たかはしかよこ@おやさい料理研究所
          • おやさい料理研究所だより〜株式会社社員食堂
            たかはしかよこ@おやさい料理研究所
          • 映画「もったいないキッチン」とともに考える。
            たかはしかよこ@おやさい料理研究所
          • シェアキッチン協会設立準備室
            たかはしかよこ@おやさい料理研究所
          • 読み返したい〜ブクマ
            たかはしかよこ@おやさい料理研究所
          • 社員食堂研究ノート〜はたらく人の日常の食を考える
            たかはしかよこ@おやさい料理研究所
            ¥100

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            楽しく読むためのグラレコ風読書メモ for study

            あけましておめでとうございます。2021年の1月に「独学大全」を買ったら9月に大学院に行くことになって、勉強生活が始まりました。 大学のカリキュラムが素晴らしく、なんとなく勉強いいよね、、とぼんやり思ってちょこちょこ勉強風なことはやってきたけど、もっと早く大学院と出会いたかったよと後悔したくらい。体系的に学ぶことの大切さをしみじみ味わっています。 さてさて、読みたい本がどんどん山積みになっていくのだが、読み始めても終わらないし、読んだことも忘れるし、、どうしたものか?と読

            スキ
            24

            1月に独学大全を買ったら9月に大学院に行くことになった話

            今年2021年1月21日に「独学大全」(全788ページ)を購入しました。 購入したきっかけは、広部潤氏のFacebookでの超絶おすすめ文に刺激されて↓ 昨年9月の発売以来、紙の書籍が13万部を突破、電子書籍が1万ダウンロードと好調の『独学大全 絶対に「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法』。私も遅ればせながら年末年始から少しずつ読み進め、ようやく読了しました。定価2800円、分量は800ページ超と枕になりそうに分厚い1冊ですが、私にとっては、時間をかけて読ん

            スキ
            190

            緒方恵美さんと段ボールカッター「カイちゃん」の話

            久しぶりの更新です。テレワークのうえ寒さで引きこもっていたら胃腸をやられてしばらくぐったりしていました。3月後半からの暖かさでようやく復調してきましたよ。 #シン・エヴァンゲリオン劇場版 先日から見てきました。一応、過去作も全部見てるんですが正直、さっぱりわかりません(笑)わからないけど見てしまいます。 そんな私が思い出したのが、シンジの声の #緒方恵美 さん。これまた、私あまりよく知ってないのです、、が、ほんとにたまたまバイトしてた時に「コンサートに行けなくなったので誰

            スキ
            8

            食事と料理をごきげんにすごしたい2021

            2020年はCOVID19ですっかり風景が変わってしまい、異次元の世界に突入した感でいっぱいでした。 個人的には3月から完全在宅ワークとなり食事はほぼ自炊で過ごすという貴重な体験はいまも継続しています。 2016年から始めた食育のワークショップは2020年は再開しないままに、自粛に突入してしまいあらためて自分はなにを実現したいのか?を考える一年になりました。 わたしの興味は「食と気持ちよくむかう姿勢」はどこから来るのか?ということです。 子供の頃からお菓子作りをし料理

            スキ
            17

            ミールキットは、食材付きの料理本

            こんにちは、おやさい料理研究所の所長で栄養士のたかはしかよこです。 私は今年2020年の3月くらいから在宅勤務が始まり、三食をほぼ自宅で作って食べる暮らしをして過ごしました。 自分でごはんを作るとは言うものの、違う味(レシピ)との出会いが恋しくなってきていろいろ食材系通販を試してみてのヒットはOisixのミールキットでした。 料理ができる人から見たときはミールキットは割高なのです。が、作ったことがない料理(味)との出会いや時短のアイデアなどの知恵が詰まっててどうやって料

            スキ
            19

            コンポストで出会ったBlack Solger Fly(アメリカミズアブ)君のこと

            さてさて、 #LFCコンポスト 12月は8巡目に突入しております!! 最初にはじめたときは1か月続ける自信もありませんでした。 1巡を1か月のペースで回しておりまして、わたしにとっての大きな変化といえば!なんといっても虫(アメリカミズアブ)君と仲良くなったことです。 正直どちらかというと虫は苦手なほうでした。コンポストって虫がわくんじゃないの〜?!(だめじゃん)ってネガティブな印象しかありませんでした。 1.コンポストでこんにちはある日コンポストを混ぜてたら白くてうにょ

            スキ
            44

            料理は孤独かもしれないと思ったはなし

            こんにちは、おやさい料理研究所の所長で栄養士のたかはしかよこです。この書きだしでnoteをかくのご無沙汰しておりました。 先日、自分の誕生日に「オンラインでいっしょに料理を作る会」をやりました。例年だと、会場を用意して私がつくるおやさい料理をふるまう会でしたが、今年は思い切ってオンラインでやってみました。 昨年までやっていたワークショップ「おやさい350サロン」のメインプログラムでもある「キャベツのアチャール」をみんなでいっしょに作りました。 材料は、キャベツと塩・酢に

            スキ
            16

            今歳をふりかえる_20201031@還暦です

            毎年、誕生日前後はバタバタしていていつもお礼が遅くなりますごめんなさい。さらに今年は忙しくて、やっと一息ついたと思ったらだいぶ経ってしまいました。お祝いのメッセージありがとうございました。 来年還暦だよ!をあたまにおいて「身体はどうやって歳とるのかな?」を観察しつつな1年になりました。 2017年にnoteに書いた #更年期障害 の記事に今年になってリアクションを多くいただきました。歳をとることが悪いことなら生きてることそのものが悪いことじゃん!ですが、肉体はその歳に応じ

            スキ
            17

            漆器と漆器の修理と漆のこと。

            漆器スキスキじつは、陶磁器は重いのと割れるのが怖くてちょっと苦手です。とくに飯茶碗はどれを手に持っても重い!と思ってました。 そんなときに輪島の人々の食器は全部漆器!ときいて、探してみると漆器の飯茶碗があるんですね。以来、漆器すきすき人になりました。 いまの飯茶碗は、さくら材でとっても軽い!たぶん20年くらいは使い続けてて、すっかりハゲハゲ! さらに、汁椀や盛り付けにつかってるおおぶりのお椀もはげはげ!これは30年くらい使ってるかもひとつはヒビも入ってる。愛用しすぎ!w

            スキ
            87

            LFCコンポスト5巡目〜年間240キロの生ゴミがバッグひとつに消えていく!

            こんにちは!おやさい料理研究所の所長で栄養士のたかはしかよこです。現在、全国ロードショー中のフードロスをテーマにした映画「もったいないキッチン」にもったいない料理担当で登場しております。東京はいったん上映を終わりましたが、関東近県全国上映中です。(2020年9月26日現在) この映画の中でであった循環生活研究所が2020年になって手軽に始められるバッグ型のLFCコンポストをスタート!  自分にコンポストは難しいんじゃないかとおもっていたのですが、コロナで在宅・自炊が増えて

            スキ
            21

            バトンの渡し方のだいじなはなし〜皆川明さんにきいたこと

            皆川明さんは中学・高校時代、長距離の選手だったそうです。今のミナ・ペルホネンというブランドも100年続くブランドになるようにと考えている。次の人にバトンを渡すその態度のことを熱を込めて語られていました。 自分の距離を走りきって力を出し切っている、もうへとへとで次の走者へバトンを渡すバトンゾーン。最後の力を振り絞って(決して苦しそうな顔は見せず)明るく、軽やかになんでもないさ〜って「君にだってできるよ!」という元気いっぱいのエネルギーで渡さないといけないんです、これが大事なん

            スキ
            4

            映画「もったいないキッチン」でもったいない料理つくりました。

            こんにちは!おやさい料理研究所の代表で栄養士のたかはしかよこです。 1.  映画「もったいないキッチン」に料理担当で出演2020年8月8日から公開された映画「もったいないキッチン」に、もったいない料理担当で出演しております。 パートは映画の後半、福岡の循環生活研究所(じゅんなまけん)の畑でのシーンです。このじゅんなまけんはLFCコンポストを生んだローカルフードサイクリング取り組みの拠点で、その地域で出た少しのもったいない食材と、コンポストで育ったおやさいを使ってその場で料

            スキ
            20