見出し画像

新規イベントの話【Philosophy For Protagonist】について

こんにちは。
株式会社プロタゴワークスあかねです。

昨日の12月12日(木)に、第1回目のPhilosophy For Protagonist(通称:P4P)を開催しました。

「開催しました」と言いながらも、今回の記事はその様子について報告する内容ではありません。当日のイベントの様子についてはまた別に記事を書く予定なのであしからず。今回は、このP4Pをやろうと思った経緯についてです。


このイベントは、【『わかりあえない』をわかりあう】をコンセプトに、哲学対話を行うイベントです。

詳しくはコチラ

イベント名を直訳すると、“主人公のための哲学”。

「自分の人生の主人公として生きるために、日々を頑張っている人達に『哲学』を楽しんでもらう為の場として利用してもらえたら。」
そんな想いで起ち上げた哲学対話イベントです。

このイベントは、敢えて“平日の夜”に開催しています。

・・・・・・・・・・

当たり前に過ぎていきそうになる日々の暮らしの中で、ふと頭の中をよぎる色んな想い。そういうちょっとした想いについて、好きなように話をしていい場所はなかなかない。それどころか、そんなちょっとした想いについてじっくり考える時間もなかなか取れない位に忙しく過ぎていく時間。自分でも、何かを思いついた気はするけど、それが何だったのか今となっては思い出せないし、それを思い出す事もすぐになくなって、また新しい一日が始まっては終わっていく。そうやって、気が付くと、毎年師走になるとこんな会話をついしてしまう。

「今年も一年早かったよね」
「いや、ホントあっという間だったよ」
「気が付いたら、あと半月くらいで新しい年来ちゃうね」

そんな自分に気が付きながらも、なんとなく忙しい気分に紛れていきながらも、年末年始休みの事を考えてソワソワしながらも、休み明けの仕事の怒涛ぶりにも思いを馳せながら、どんどん薄れていく自分の中のちょっとした想いの数々。

あの時、確かに浮かんだ想いは一体どこにいって、また浮かんでくる事はあるんだろうか?それとも、そもそもそんな事すら考える事はもう無いのかもしれないし、それよりも毎日の学業や仕事や家事やその他様々な物事でいっぱいになっている日々の暮らしの中で、ただただ「忙しいなあ」と思いながら走り回っていく日々を過ごしていくことになるのか。
どこかで、自分の中をしっかり見つめたり想いに耽ったり考えたりしたい。この想いを誰かに話して聞いて欲しい。共感なんてしてもらえなくてもいいから、せめてダメ出しとか上から目線のアドバイスとかそういうモノとは無縁の状態で誰かと話をしてみたい。

・・・・・・・・・・

そんな、以前に自分達が抱えていた漠然とした“悩み”とも“不安”ともつかないような、だけど、確実に自分の中に鬱積していた想いを解消できる場があったらなあという僕たちの想いから、平日の夜に開催することに決めました。
それに、何しろ平日を忙しく過ごしている人達は、休日にはやりたい事もあるだろうし、何ならたくさん寝てゆっくり家で過ごしたいと思う僕みたいな人も少なからずいるんじゃないかな?なんて思ったんです。だから、敢えての平日の夜に開催して、家に帰って頭のスイッチがOFFになる前に。浮かんだ想いが流れていってしまう前に、ガッチリ捕まえて、しっかり吐き出す。そんな場として。

スライド1 (1)

P4Pは『哲学対話』です。
普通のおしゃべりとは別物です。討論でも無ければ演説でも無いし、何なら議論ですら無いかもしれない。

「え?じゃあ何するの?」

そう思った方がいれば、是非来てみて下さい。
体験してみて下さい。
この哲学対話を体験してみたら、恐らく目から鱗が落ちる事は確実です。

「え?何でかって?」

何故なら、恐らくほとんどの人が体験した事の無い状況がそこに生まれるからです。その状況に加えて、その場限りでしか生まれ得ない場が出来上がるからです。それが理由です。しかも、それでいて、とても気軽に参加できる場なんです。

「でも、行ったら強制的に話をさせられたりするんでしょ?」

そんなことはありません。強制的に何かをさせようとする場ではありません。セミナーや講演会とは全くの別物です。僕たちが何かを教えるわけでもありませんし、参加者のみなさんがドカッと座ってるだけで僕たちが次から次へと何かを提供する場でもありません。

P4Pでやるのは『哲学対話』です。その場にいる誰もが対等で誰もが自由でいられる場です。

ここまで読んで、「なんか面白そう」と思ってくれた方、是非ご参加お待ちしています。そして、「結局のところ何だかよくわからない」と思った方は、なおのこと是非参加してみて下さい。

一緒にP4Pを体験してみて、その時に何を感じてどう思ったのかについて聞かせて欲しいなと思っています。

毎日暮らしているこの街で、たくさんの人達と、一緒に『哲学』をしてみたいなと思っています。

あかね


株式会社プロタゴワークス

https://www.protagoworks.com/


#プロタゴワークス #ビジネス #仕事 #考える #思考 #0を1に #矛盾の統合 ##『考える力』の育成 #群馬県高崎市 #群馬 #高崎 #哲学対話 #哲学カフェ #哲学 #Philosophy For Protagonist #P4P #Mutual Cafe #知的アクティビティ#ワーカーズコモンセンス #挑戦と達成をデザインする #人間関係を整える #外部メンター #主役から主人公へ #主人公製作所 #群馬で哲学対話

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7
『主役から主人公へ』を合言葉に2019年4月に起業したブートストラップ企業。新しい概念を用いて、全てのヒトの”『挑戦』と『達成』をデザインする”集団です。個人・企業・団体向けに様々なサービスを手掛ける主人公製作所。https://www.protagoworks.com/
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。