沖縄、カメラ、星空、そして焚火

47
記事

下戸ですがバーテンでした

自宅での自粛が長くなると、いろいろなことを思い出したりするもので、今回は沖縄に来る前、まだライターをやっていた頃に遊んでいた場所の話。

契約社員だった頃からフリーになってしばらくは、東京は世田谷の下北沢が遊び場でした。家は千葉でしたが(笑)、バイクやクルマで通勤して、仕事終わりに下北で遊んで、家に帰るか、会社に戻るか、という生活を続けていました。なにぶん下戸なので、身を持ち崩すようなことはありま

もっとみる
スキありがとうございます!
1

伝統美

去年、与論島に行ったときに撮らせてもらったのですが、この瞬間を見たときに、本当に「美しいなぁ、ステキだなぁ」と思って、声をかけて撮らせていただきました。

初めて沖縄に来たとき、取材で喜如嘉に行ったのですが、そこで芭蕉布の糸を績(う)んでいるおばぁさんに会ったのですが、そのときはライターだったので、写真がないんですよねぇ。当時はまだフィルムの時代でしたが、いま思えば撮っておけば良かった。

いまで

もっとみる
スキありがとうございます!
1

Campビギナーなりのナイフのススメ

焚火がしたいに始まり一年ちょい。テント泊を初めてまだ3ヶ月ほど(笑)。
そんなキャンプビギナーなオイラですが、今回はナイフについてのお話を。

現在オイラが使っているナイフ。
下から購入順に並べてます。一番最初に買ったのが一番下の「MOSSY OAK ナイフ シースナイフ フルタング構造 全長225mm 天然ウッドハンドル 【ケース付き】」。

購入のきっかけはバトニング。

バトニングとは「斧で

もっとみる
とっても嬉しいです!
2

外出自粛中なので……

外出自粛で外に行けず、仕事もなく、毎日泣きそうになっているポルコです。

今回はカメラにもキャンプにもまったく関係のない話になります(笑)。自粛中に家で時間をつぶせて、かつ気分の良くなるクルマのヘッドライトカバーの黄ばみ取りのお話です。簡単に安くやる方法です。

クルマのヘッドライトカバー。年数が経つとけっこう黄ばんでしまいますね。でも意外と簡単にキレイにできるんです。チカラも特別な道具も特にいら

もっとみる
スキありがとうございます!
1

ベランダでミニ焚火

沖縄も緊急事態宣言が出て、キャンプにも行きづらくなり、そろそろ禁断症状も出てきそう。そこで火に十分気をつけて、小さな焚火台を使いベランダでミニ焚火しました。

ちゃんとそばにバケツを置いて、終わった後は火消しツボで処理しました。

あ、ナイフ使うとき素手だった……

スキありがとうございます!
1

焚火がなかったら縁がなかっただろう物

たぶんキャンプ、というか焚火をしなかったら絶対に縁がなかったモノがある。まさかこんな物を買うとは、つい一年くらい前は思いもしてなかったかも知れない。

それが斧。まさかこんな物を自分が持つようになるとは。斧なんて木こりの方やバイキング、ネイティブアメリカンの人たちが持つ物だと思っていた(あくまで個人のイメージ)。

あの名作ロボットアニメ、ゲッターロボもゲッタートマホークを武器として使っていたなぁ

もっとみる
とっても嬉しいです!
2

怠け者のためのワンポールテント

我が輩はフユーナーである。それも並のレベルではない(笑)。

フユーナーとはウチナーグチで「怠け者」のこと。オイラ、とにかく面倒くさがりなのである。キャンプをしながらも2年くらいテントを使わずに車中泊にしていたのは、単にテントを張るのが面倒だからという理由。

まだ二十歳くらいのころ、バイクでツーリングしていたときにテントを持っていくときもあった。その頃のテントは立てるのがすごく面倒だったような気

もっとみる
とっても嬉しいです!
2

日頃の行いは大切です

現在Stargate Entertainment主催による「星空浴と宙さんぽ」のカメラマンを担当しているのですが、星と関わるということはかなり天候に左右されます。

カヌチャリゾートでの「星空浴と宙さんぽ」の場合は、雨天でもお客様がいれば決行となるのですが、前回の開催がまさに雨交じりの一面雲が覆うという状況でした。雨の場合は星をバックに撮ることができないので、普通の記念写真的な撮影になってしまいま

もっとみる
スキありがとうございます!

焚火で鶏もも肉を焼く

ただただ鶏もも肉を焼く動画です(笑)。

この肉が焼ける音、本当に食欲をそそります。
皮もパリッとして美味しいですよ。

キャンプのとき、最近はフライパン代わりにホットサンドメーカーを使ってます。アルミなので熱伝導が良すぎるのが注意ですが、ウチのはふたつに分かれるのでフライパン代わりにもいろいろな料理に使えます。

ちなみにサンドして肉まん焼くと最高にンマいです。

とっても嬉しいです!
1

キャンプ場のモニターをしてきました。

先日、知り合いから“新規にキャンプ場を施設内に設置するのでモニターをしてくれないだろうか”という話があったので、ぜひぜひ! と喜んで行ってきた。

場所は沖縄県糸満市真栄里にある「糸満市の海ぶどう養殖場 『海ん道~Uminchi~』」の施設内で、ビーチが目の前にある最高のロケーション。

今回ほかに二組デイBBQのみというモニターさんがいましたが、宿泊は我々ソロ組3人だけ。サイトは4つだったので、

もっとみる
とっても嬉しいです!
4