見出し画像

【作品集のご紹介②】

皆さんこんにちは。島村です。
今日は午前中のお仕事がおやすみだったので陶芸教室に行きました。粘土を触っていると全ての情報がシャットアウトして、ものづくりだけに集中できます。初心者でもすぐにゾーンに入れちゃうのが陶芸の面白さだと思っています。


画像1


さて、今日は粘土繋がりでこちらの作品集を紹介します。
イギリスのマン島で制作をしているステファニー・クエールさんの「ANIMAL」です。
彼女の作品は動物をモチーフとしていて、粘土でドローイングをしているような躍動感があります。
また、スケッチを重ね動物の理解を深めることで、生命力溢れる野生の動物を表現されていることが分かります。


画像2


制作しているところを見たことがないので憶測ですが、粘土をちぎる、とる、つける、といった動作を素早くやっているのではないでしょうか。そして、その作り方が野生の動物とリンクして、本当に今にも動き出しそうな作品として仕上がっているのだと思います。

以前作品を見た時は、動物と目が合うと視線を逸らせなくなり、一気に心を奪われました。
蛇に睨まれた蛙のような緊張感のある時間だったことを覚えています。
今でもたまにこの作品集を読み返すと、もう一度あの緊張感を味わいたいなと思います。

【Tokyo Artist Book Fair 2021 アーティスト募集】
Tokyo Artist Book Fair 2021は作品集がテーマの企画展です。
あなたの作品がぎゅぎゅぎゅっと詰まった作品集や画集、イラスト集、版画集etc...を出展して下さるアーティストを募集しております。
皆様の参加を心よりお待ちしております。

会期:2021年6月5日〜8月29日
募集〆切:2021年5月16日
出展料:無料
詳細:https://picaresquejpn.com/staff-letter/tabf2021/

2021.5.11 島村愛美

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
「わたしにちょうどいいアート」を店頭&オンラインでご紹介!全作品、通販でもお求めいただけます。ぜひ作品一覧ページをご高覧下さい。https://picaresquejpn.com/work/