青海エイミー/ 「ジミー」著者&クンダリーニヨガ
運動も英語も苦手な私が、日本人一人の海外トレーニングに行ってみた→思ったより100倍辛い
見出し画像

運動も英語も苦手な私が、日本人一人の海外トレーニングに行ってみた→思ったより100倍辛い

青海エイミー/ 「ジミー」著者&クンダリーニヨガ


行く、と決めた時には、それほど不安もなかったのです。この時はまだ、何が起こるか考えていませんでした。 

海外で、日本人一人のクンダリーニヨガのティーチャートレーニングを受講してみた話です。

ところで、 当時の私は、こんな状況。

1)英語は下手。日本以外の国に住むのは、マレーシアが初めて。 留学経験もなく、英文科卒でもなく。英語で仕事した経験もゼロ

2)スポーツ経験もなし、体もまだ硬め。  

3)もちろん、他のヨガを教えた経験もなし 

 

もし皆さんの知り合いで、こういう人がいたとして、、 「外国で、英語で全て行われるティーチャートレーニングに参加して、 半年かけて、まとまったお金を払って先生の資格とるの」と言ったとしたら、、、   

→「頭の中、お花畑?」と思うかもしれません。 


 さらに悪いことに、私の状況では、「プロのヨガの先生だったら、これがあったら有利」ということも全く持っていませんでした。


1)若さ

2)スタイルの良さや魅力的な外見

3)他のヨガやダンスなどの経験。

4)飲み込みの早さや運動神経の良さ

 5)人前に出て話す仕事の経験 


これら、全てなし。

はっきり言って、英語も弱い+ヨガの先生に求められる要素ゼロ、の中年女性です。


もしヨガの資格が取れても、「誰も雇ってくれないし仕事が入らない」=無駄金になる、と思いとどまるのが、真っ当な気がします。

 

ただ、恐ろしいことに、当時の私は、「クンダリーニヨガ ができるようになりたい!」ということで 頭がいっぱいで、先のことも考えてなかったのです。 

さて、その私ですが、1回目のティーチャートレーニング。 クアラルンプールでは、初日から打ちのめされることになったのです、、。  




第二話へ


この記事が参加している募集

自己紹介

私の仕事

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
青海エイミー/ 「ジミー」著者&クンダリーニヨガ

読んでくださってありがとうございます。とても嬉しいです。エイミーより

青海エイミー/ 「ジミー」著者&クンダリーニヨガ
村社会みたいな学校も「退屈」だという主人公マイは、サラリーマンとデートしてお金をもらってる。イケテナイ帰国子女ジミーが編入してきて、マイの世界は変わっていく。「今までで一番好きな小説」「泣いた」「寂しい時に読みたい」「癒された」など。書店発売中