Privacy by Design Lab(プライバシーバイデザインラボ)

Privacy by Designとは、技術的・組織的な側面から議論される、人間中心のデータ循環をデザインするための概念です。Privacy by Design Labは様々な専門家がプライバシーに取り組むための社会的機能をリリースしていきます。
    • Privacy Talk

      • 66本

      「Privacy Talk」は、Privacy by Design Labが日本のプライバシーバイデザインの先駆けとして立ち上げた、国内外の専門家のインタビューメディアです。 デジタルツールが発展し、プライバシーが侵されることに不感症である自分たちの姿があります。私たちは、一人ひとりが意思決定をして暮らし、働くためには当事者の視点が大切になると思っています。Privacy Talkではプライバシーに取り組む人々との対話を通じて、よりよい未来をつくるための視点を収集し、国内の実践者を増やしていきたいと思います。

    • イベントレポート|Privacy by Design Lab

      Privacy by Design Labの活動内容をイベントレポートでお伝えします。イベントレポートではイベントの実施内容だけでなく、Privacy by Design Labが何を大切にして、どんなことを実現したいのかを発信していきます。

プライバシー対策の先にある公正な競争の実現

アプリのトラッキングが当たり前の世界で、どこまで私たちのプライバシーが守られるのかが大きなテーマになっています。 今回はオックスフォード大学の博士課程でアプリの…

自由意志を表現するための利用者同意とは

アプリのトラッキングが当たり前の世界で、どこまで私たちのプライバシーが守られるのかが大きなテーマになっています。 今回はオックスフォード大学の博士課程でアプリの…

アプリが私たちを監視し続ける理由とデータビジネスモデルの本質

アプリのトラッキングが当たり前の世界で、どこまで私たちのプライバシーが守られるのかが大きなテーマになっています。 今回はオックスフォード大学の博士課程でアプリの…

テクノロジーと倫理が共存する世界に向けて今できること

データの持つリスクを把握するためには、多面的な評価の仕組みを事前に検討しておく必要があります。 今回はTrilateral Researchでシニアプラクティスマネージャーを務め…

プライバシーが持つ7つのコンセプトの意味

データの持つリスクを把握するためには、多面的な評価の仕組みを事前に検討しておく必要があります。 今回はTrilateral Researchでシニアプラクティスマネージャーを務め…

リスクマネージメントとして迫るプライバシー影響評価

データ活用を推進していくため、データのメリットとデータのリスクを事前に評価する必要があります。 今回はTrilateral Researchでシニアプラクティスマネージャーを務め…