マガジンのカバー画像

Privacy Talk

63
「Privacy Talk」は、Privacy by Design Labが日本のプライバシーバイデザインの先駆けとして立ち上げた、国内外の専門家のインタビューメディアです。 デ… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

テクノロジーと倫理が共存する世界に向けて今できること

データの持つリスクを把握するためには、多面的な評価の仕組みを事前に検討しておく必要があります。 今回はTrilateral Researchでシニアプラクティスマネージャーを務め、データ保護影響評価を推進しているレイチェルさんに、データ保護影響評価の現状と今後に関して、お伺いしていきたいと思います。 社会科学とテクノロジーで生み出す新たな価値Kohei: なるほど。その視点を私は持っていないと感じたので、とても勉強になりました。プライバシー専門家にとっても、なぜプライバシ

スキ
6

プライバシーが持つ7つのコンセプトの意味

データの持つリスクを把握するためには、多面的な評価の仕組みを事前に検討しておく必要があります。 今回はTrilateral Researchでシニアプラクティスマネージャーを務め、データ保護影響評価を推進しているレイチェルさんに、データ保護影響評価の現状と今後に関して、お伺いしていきたいと思います。 データがもたらす影響と評価の必要性Rachel:私が思うに、GDPRが施行されたことが事業者へ大きな影響を与えていると感じています。プライバシー影響評価よりもデータ保護影響評

スキ
2

リスクマネージメントとして迫るプライバシー影響評価

データ活用を推進していくため、データのメリットとデータのリスクを事前に評価する必要があります。 今回はTrilateral Researchでシニアプラクティスマネージャーを務め、データ保護影響評価を推進しているレイチェルさんに、全3回に分けてお話を伺います。今回は前編としてデータ保護影響評価の現状と今後に関して、お伺いしていきたいと思います。 Kohei: 皆様こんにちは。本日のプライバシートークはレイチェルさんにおこしいただきました。レイチェルさんはプライバシー専門家

スキ
1

データ保護に不足している尊厳とデザイン

デジタル社会の中で、個人の尊厳を守ることが次の大きなテーマとして議論が始まっています。 今回は欧州データ保護監察機関(EDPS)でディレクターを務め、欧州のデータ保護制度を現場で推進しているレオナルドさんに、これまでのデータ保護法の歴史とデジタル世界の尊厳に関して、お伺いしていきたいと思います。 デジタル主権がなぜ必要であるのか Leonardo:ありがとうございます。今、私たちが直面しているコロナ禍で二つの問題が生まれています。一つ目が、私たちの社会での相互依存の問題で

スキ
7

GDPRが生まれた背景と未来へのデジタル政策

GDPRが施行されて以来、データを取り巻く環境は大きく変化し始めています。 今回は欧州データ保護監察機関(EDPS)でディレクターを務め、欧州のデータ保護制度を現場で推進しているレオナルドさんに、これまでのデータ保護法の歴史とデジタル世界の尊厳に関して、お伺いしていきたいと思います。 Kohei: 皆さん。今回のPrivacy Talkはベルギーブリュッセルにある欧州データ保護監察機関(EDPS)からレオナルド・セルベラ・ナバスさんにお越し頂いています。 本日は未来のプ

スキ
4

データがオープン化することで生まれるプライバシーの限界

ブロックチェーン技術が社会全体に普及するためには、データ保護規制と向き合う必要があります。 今回はドイツ銀行のシニアカウンセルとして法務業務に携わり、ブロックチェーン等の法制度にも詳しいマティアスさんに今後の動向をお伺いしていきたいと思います。 前回の記事 ブロックチェーンが直面する私たちの「忘れられる権利」Matthias: データ主体(ユーザー等)が自身の権利を行使することがとても難しくなりますね。先ずは、ブロックチェーンに書き込まれたデータへのアクセス権の話です。

スキ
4

プライバシーの監視を防ぐために企業が自ら率先してやるべき対策

欧州最高裁判所の下した決断によって、データを移転する企業には新たな課題が降りかかっています。 今回はドイツ銀行のシニアカウンセルとして法務業務に携わり、ブロックチェーン等の法制度にも詳しいマティアスさんに今後の動向をお伺いしていきたいと思います。 前回の記事(スノーデン事件とインターネット空間でのデータの権利が残したもの) 新しく企業に課せられることになったデータ移転時の契約条件Matthias: 直ぐに対策が必要なこととしては、欧州と十分性認定を結ぶことができていない

スキ
2

スノーデン事件とインターネット空間でのデータの権利が残したもの

国を越えたデータ移転の問題は世界各国へと波及しています。 今回はドイツ銀行のシニアカウンセルとして法務業務に携わり、ブロックチェーン等の法制度にも詳しいマティアスさんに今後の動向をお伺いしていきたいと思います。 Kohei: 皆さん。本日もPrivacy Talkにお越し頂きありがとうございます。本日はドイツからマティアスさんにお越し頂いています。 マティアスさんはデータ保護の現場で長年活動されています。改めまして、マティアスさん。本日はインタビューのお時間を頂き有難う

スキ
5

Web3が生み出す新しい世界と私たちのプライバシーの行方

Web3とプライバシーの問題は、今後大きなテーマへと発展していきます。 今回はテクノロジー起業家として複数のスタートアップに関わり、有名なクッキーバナーを開発したGilbertさんにプライバシーテクノロジーの動向とこれからをお伺いしていきたいと思います。 相手を知らずに、相手が誰かを判断できる世界Gilbert: とても難しい質問ですね。宏平さんがおっしゃるようにブロックチェーンとデータ保護の議論は今も続いています。ブロックチェーンはパブリックで閲覧範囲が広く、分散型の要

スキ
13

テクノロジーによって変化するこれからのマーケターの役割

テクノロジーの発展とマーケティング手法は日々変化が生まれています。 今回はテクノロジー起業家として複数のスタートアップに関わり、有名なクッキーバナーを開発したGilbertさんに新領域のテクノロジーとマーケティングトレンドに関してお伺いします。 もう一つ私がブロックチェーンの機能で可能性を感じているものが・・・(前回の記事から) ブロックチェーンが授けるユーザーの権利スマートコントラクトです。スマートコントラクトを採用することによって、今マニュアルで実施している同意を自

スキ
10

クッキーバナー誕生の秘話と開発者の思想

プライバシー保護を推進するために新しいテクノロジーが続々と誕生しています。 今回はテクノロジー起業家として複数のスタートアップに関わり、有名なクッキーバナーを開発したGilbertさんにプライバシーテクノロジーの動向とこれからをお伺いしていきたいと思います。 Kohei : 今回のPrivacy Talkは英国からGilbertさんに参加頂いております。彼はプライバシーだけでなく新領域のテクノロジーにも精通しているので、今日は新しいテクノロジーの動きに関するお話を聞けるの

スキ
9

新しいテクノロジーが普及するために必要な国と国との信頼

テクノロジーと標準化の話はプライバシーをテーマに次のステージに移りつつあります。 今回はCCI(コロナデジタル証明書イニシアティブ)からコミュニティディレクターのLucyとエコシステムディレクターのKaliyaにデジタル証明書の標準化の動きと課題に関してお伺いします。 低コストと引き換えに起こりうるプライバシーリスクKohei: まさにそうですね。例えば共通の標準システムを採用するために国を越えて協調しながら話をまとめていく必要があると思います。システム設計だけでなく政治

スキ
2

各国で議論されているワクチン証明書の行方

デジタルワクチン証明書は、国を越えた渡航が再開するための重要な役割を持っています。 今回はCCI(コロナデジタル証明書イニシアティブ)からコミュニティディレクターのLucyとエコシステムディレクターのKaliyaにCCIの取り組みをお伺いしたいと思います。 Kohei: 皆さん。今回のPrivacy Talkにお越しいただきありがとうございます。私も関わっているワクチン証明書のプロジェクトから二人の同僚メンバーのLucyとKaliyaに来ていただきました。今日はインタビュ

スキ
5

欧州がAI倫理の次に見据える新しい世界

欧州評議会で行われているAI規制の話は、AI社会に向けて大きなインパクトをもたらす可能性がありそうです。 後半もIT法学に長年携わり、現在はイスタンブールビルギ大学ロースクールの学部長も務めるLeyla先生に欧州評議会のAI規制に関する動きとAIとデータ保護のバランスの話をお伺いしていきます。 Kohei: 欧州委員会は発表したドキュメントは私も拝見しました。それ以外に欧州委員会が過去に発表したガイドラインをいくつか拝見しているのですが、ガイドラインを読み進めるとデータ保

スキ
7