Privacy Talk

31

社会は多様だが、統計調査にマイノリティが存在しない理由

正確な統計データをもとに政策決定を行う重要性が高まっています。統計にテクノロジーを活用することで、これまで見えてこなかった社会の実態が可視化できるようになります。 インタビュー後半は、国勢調査における統計の課題と現在取り組んでいる解決策の話を聞いていきたいと思います。 プライバシ…

政治を左右する、米国の国勢調査ディセニアルのプライバシー問題

政策を決めるときに市民の声を集めることはとても重要です。データを用いた政策立案に必要なエビデンスとはいったい何か考えていくことがこれから必要になっていきます。 インタビュー前半は、昨年のアメリカ大統領選の際に話題になったアメリカの国勢調査の裏側とデータを用いた政策の話を聞いていき…

データビジネスに参入する企業へ送る、プライバシー技術導入の手始め

AI技術でデータ処理を行う際にプライバシーに配慮した準備がこれから必要になっていきます。 インタビュー後半は、AIとプライバシー技術を組み合わせるためにどういった準備を行う必要があるのか聞いていきたいと思います。 開発者が確認するべき、プライバシーを前提にしたシステム設計4ポイント …

スマートデバイスは、エッジで処理するプライバシー技術を欲している

AI技術の開発は進む一方で、機械で処理するデータに関する議論が徐々に加熱してきています。機械で処理するユーザーデータのプライバシーを保護するために新しい技術の開発も進んでいます。 インタビュー前半は、AIとプライバシー技術の発展、そしてデバイスでデータ処理を実現する未来の話を聞いてい…

越境データに向けられる欧州の懸念と国際的議論

デジタル空間では新しいルールメイキングが始まっています。これまでオープンだった空間で、事業者に対して様々な責任を要求する動きがあります。 後編は各国で議論が始まっている越境でのデータ移転と欧州と日本の今後に関してお伺いしていきます。 インタビュー前編はこちらからお読みください。 …

自由を奪われたインターネット自治に向き合う欧州

デジタル空間では新しいルールメイキングが始まっています。これまでオープンだった空間で、事業者に対して様々な責任を要求する動きがあります。 インタビュー前編は、欧州で議論されてきたデジタル政策と国際的な変化に関してお伺いしていきます。 Kohei: Privacy Talkにお越し頂きありがとうござ…

市民がインフラを管理する自己主権型IDモデルへ

デジタル空間はオンラインから徐々にオフラインへと移行が始まっています。デジタル技術によって日々生活する市民がどのような恩恵を受ける事ができるのかというのが一番のポイントになります。 インタビュー後編は、新しいIDによって私たちの日常の変化に関してお話を聞いていきたいと思います。 自…

自己主権型IDによって訪れる未来

私たちの活動領域はオフラインからオンラインへと移行し始めています。オンライン上で実現できる個人のアイデンティティはより一層重要な役割を担っていく事になります。 インタビュー前編は新しいIDによって訪れる未来の話を聞いていきたいと思います。 Kohei: みなさん、プライバシートークにお越…

デジタル広告は、ユーザーの体験改善という攻めのプライバシーへ

インタビュー前編はこちら。 「広告ビジネスはどのようにプライバシーを取り込んできたか」 Kohei: ありがとうございます。ここからは次のトピックに移りますね。 IABタスクフォース立ち上げの背景 Kohei: IABでのこれまでの活動について伺えると嬉しいです。欧州でIABタスクフォースに取り組んで…

広告ビジネスはどのようにプライバシーを取り込んできたか

デジタル広告ビジネスは適切なプライバシー保護が求められるように変化して来ています。 今回は広告の業界団体IABやアドテクビジネスで数多くの経験を持つTimさんにこれからのデジタル広告ビジネスの未来の話を伺いました。 第一回はアドテクビジネスの変化と新しい技術の可能性を聞いていきます。 …