ポーポー・ポロダクション

心理学研究者/心理学をビジネスで活用する心理コンサルティング/代表書籍「マンガでわかる…

ポーポー・ポロダクション

心理学研究者/心理学をビジネスで活用する心理コンサルティング/代表書籍「マンガでわかる行動経済学」(6刷)「マンガでわかる心理学」(17刷/si新書累計1位)『色と性格の心理学』(10刷)など累計24冊、著書累計145万部。  http://www.paw-p.com/

マガジン

  • ポーポー「魅惑の心理」マガジン

    心理に関わるトピック、最新心理傾向、SNS心理学を雑談のような話を軽いお話にしてお届けします。心理学に興味がある人、心理を使って何かに活かせないかなと考えている人にオススメのマガジンです。読むとちょっと元気になります。毎月4〜5本発行予定。お試しに単体1本からでもご購入いただけます。毎月3本以上読んでいただける場合、定期購読がお得です。購読月以外のコラムはシステム上、有料になってしまうそうなので、早めのご登録をお勧めしております。

  • ポーポー色彩研究会

    「色を使って問題解決しよう」「色の可能性を広げていこう」をテーマにした色彩心理の研究会です。 マガジンを購読いただくと色彩心理関係のセミナーに参加したり、過去のアーカイブを見ることができます。他では見られない色彩・色彩心理のコンテンツを毎月数回配信していきます。研究報告、色の最新トピック、色の雑学などを配信予定。イベントの案内や様々な情報を発信していきます。レポートや勉強会は不定期で発信していきます。色彩心理な興味がある人から専門家まで、色の可能性がここから広がります。値段が入っているコラム・レポートはシステム上、購読月以外にアップされたものは有料になります。

  • 色と性格の心理マガジン

    色の好みと性格の関係を詳しくまとめています。好みの色を知ることで、自分の性格が詳しくわかります。自分が気づかない心の奥がまるわかり。色の好みと性格の関係を研究している日本でもっとも詳しい研究者の研究データがここに。

  • SNS心理マガジン

    SNSの登場により、私たちの心理状況は大きく変化しました。SNSに関係する心理をまとめたマガジンです。他のマガジンで紹介したものや既存の原稿の中でSNSに関係するものを抽出しています。SNSに関わるあなたの心のもやもやがわかります。

  • ポーポーの言葉に窮する日常

    行き詰まってどうにもならなくなったポーポー・ポロダクションの日常の記録。

最近の記事

「魅惑の心理」マガジンvol.229(ポーポー家の家訓)

うちの家には「家訓」的な言葉がいくつかありまして、子どもの頃からそれを聞かされて育ちました。家訓とは親や年長者が子どもたちに与えた訓戒や、一家の処世、生活規範などを示した教えのことです。「家訓」として言われたことはありませんが、今考えると「家訓」のようなものだなと感じるに至ります。母がお婆さんから受け継いだ言葉もあるようですが、主に母が制定したと思われるものが多いようです。 この家訓たちは子ども頃に何度も聞かされて自分の判断基準になっているものもあれば、単に一度聞いて忘れて

有料
300
    • 『光る君へ』7話「おかしきことこそ」/色彩と心理解説

      2024年の大河ドラマ『光る君へ』は、世界最古の長編小説『源氏物語』を創作した紫式部の人生を描く物語です。平安時代の陰謀、愛欲、友情、家族愛が豊かな色彩の中で描かれる作品です。ポーポーの色彩研究会では、『光る君へ』の衣装、色彩、登場人物の心理背景、色と心理の勉強としながら、この物語をより楽しんでいただけるように、時代背景をからめつつ解説していきたいと思います。ストーリーを追って解説をしていきますので、まだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。今回も色彩と心理のポイン

      • モネ連作の情景大阪&大阪グルメツアーの日程アンケート

        印象派といえばこの人、モネ。「モネ 連作の情景」展が2月10日から、大阪中之島美術館で開幕しています。東京では46万人以上が見たそうで、色彩研究会ではこの美術展ツアーと大阪グルメツアーを検討しており、日程のアンケートをさせていただき、参加希望の人数が一定数以上あるようでしたらば開催したいと考えております。研究員の中で、参加してみたいと思う方は日程のアンケート、希望日にチェックをしてください。無記名式です。純粋に希望人数の多い日で決定したいと思います。 また、夏に東京、もしく

        • みなさんの心理の疑問にお答えするコーナー

          2月になりまして「魅惑の心理」マガジンとポーポー色彩研究会マガジンで募集しておりました「心理と色彩心理」の疑問。みなさんが不思議に思っている人の心の「なぜ」「どうして」をまとめたいと思います。自分の心のメカニズムを知ることはとても大事で、知るだけで悩みから解放されることがあります。心理に関する質問をいくつかいただいたので、それをまとめて購読者の方にフィードバックいたします。 [目次] ・ぬいぐるみが欲しくなる心理 ・文字を書きたくなる心理 ・報道されない世の中にある心理の闇

          有料
          300

        「魅惑の心理」マガジンvol.229(ポーポー家の家訓…

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ポーポー「魅惑の心理」マガジン
          ポーポー・ポロダクション
          ¥500 / 月
        • ポーポー色彩研究会
          ポーポー・ポロダクション
          ¥2,000 / 月
        • 色と性格の心理マガジン
          ポーポー・ポロダクション
          ¥900
        • SNS心理マガジン
          ポーポー・ポロダクション
        • ポーポーの言葉に窮する日常
          ポーポー・ポロダクション
        • ポーポー・ポロダクションの紹介
          ポーポー・ポロダクション

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          『光る君へ』6話「二人の才女」/色彩と心理解説

          2024年の大河ドラマ『光る君へ』は、世界最古の長編小説『源氏物語』を創作した紫式部の人生を描く物語です。平安時代の陰謀、愛欲、友情、家族愛が豊かな色彩の中で描かれる作品です。ポーポーの色彩研究会では、『光る君へ』の衣装、色彩、登場人物の心理背景、色と心理の勉強としながら、この物語をより楽しんでいただけるように、時代背景をからめつつ解説していきたいと思います。ストーリーを追って解説をしていきますので、まだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。今回も色彩と心理のポイン

          『光る君へ』6話「二人の才女」/色彩と心理解説

          『光る君へ』5話「告白」/色彩と心理解説

          2024年の大河ドラマ『光る君へ』は、世界最古の長編小説『源氏物語』を創作した紫式部の人生を描く物語です。平安時代の陰謀、愛欲、友情、家族愛が豊かな色彩の中で描かれる作品です。ポーポーの色彩研究会では、『光る君へ』の衣装、色彩、登場人物の心理背景、色と心理の勉強としながら、この物語をより楽しんでいただけるように、時代背景をからめつつ解説していきたいと思います。ストーリーを追って解説をしていきますので、まだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。今回も色彩と心理のポイン

          『光る君へ』5話「告白」/色彩と心理解説

          「魅惑の心理」マガジンvol.228(ニュースな心理学/2024年2月)

          新聞、テレビ、ネットのニュースで報道される人の言動の中には「何でこんなことをするのだろう」というものが多く含まれます。人の言動はまさに謎だらけ。そこで、ニュースの中に見られる小さな手がかりから、人の行動の「なぜ?」を心理学で紐解く、ニュースな心理学です。ニュースの裏側にある人の心理を知ることこは、人を知ることだと思うのです。 今回の目次です ・芦原妃名子さんの急死、そしてその余波 ・『海猿』の原作者が書いた伊藤英明さんの態度について ・松本人志さんの性加害報道について、松本

          有料
          300

          「魅惑の心理」マガジンvol.228(ニュースな心理学/2024…

          「光る君へ」色彩と心理の解説セミナー

          2024年2月24日(土)20:30開始(オンライン開催) みなさん、2024年の大河ドラマ「光る君へ」はご覧になっているでしょうか。このドラマは『源氏物語』を創作した紫式部の人生を描く物語です。『源氏物語』ではなく、作者にスポットが当たった作品というのは面白いです。ポーポーの色彩研究会では、色と心理の勉強をしながら、この物語をより楽しんでいただけるように、時代背景、文化的な側面をからめつつ解説をしておりますが、1話から7話までに登場した部分をまとめて解説をさせて頂こうと思

          「光る君へ」色彩と心理の解説セミナー

          心理と色彩心理の疑問にお答えします

          「魅惑の心理学」マガジンとポーポー色彩研究会マガジンをご購読のみなさんが疑問に思っていて「どうしてなんだろう」「どんな心理なんだろう」ということを募集して、そのアンサーをまとめてみなさんと共有したいと思います。テレビのニュースで見た人の不思議な行動、自分がいつもよく見る夢の意味、赤茶色の卵と白い玉子の違い、ついつい同じ店の同じ料理を注文してしまう謎など、なんでも結構です。心理学や色彩心理学だけでなく、行動経済学や脳科学など、秘密結社ポーポー・ポロダクションの組織図以外ならば、

          心理と色彩心理の疑問にお答えします

          「魅惑の心理」マガジンvol.227(人間関係は「距離感」を考えるとわかりやすい)

          人間関係の構築はなかなか難しい問題です。職場や学校、新しい習い事の場所、ご近所、ママ友、新しい場所で新しい人間関係を築くことを苦手にしていたり、根本的に人と仲良くなる方法がわからないと、接し方にに悩む人が増えています。 人間関係の構築を難しくしている原因に、「心地よいと感じる距離感は人によって違う」いうことがあります。自分の心地よいと考える距離感と相手が考える距離感の違いです。例えばある人は仲良くなるためにどんどん相手に質問をして相手を知ろうとします。しかし、聞かれたほうの

          有料
          150〜
          割引あり

          「魅惑の心理」マガジンvol.227(人間関係は「距離感」を…

          2024年新刊第1回編集会議参加のお願い

          2024年2月10日夜に開催! 本を作るというのは楽しいもので、企画段階では無限の可能性を抱いています。最近は本を作るたびに色彩研究会のみなさまに参加していただいて完成までに何度か「編集会議」として、オンラインで皆さんのご意見を伺っています。色彩研究会マガジンをご購読いただいている色彩研究会の方はどなたでも参加していただけるものです。 日本文芸社から書籍を出すようになってから、編集会議をするようになったのですが、今まで5冊の本を出して4冊が重版・増刷になっています。 『

          2024年新刊第1回編集会議参加のお願い

          『光る君へ』4話「五節の舞姫」/色彩と心理解説

          2024年の大河ドラマ『光る君へ』は、世界最古の長編小説『源氏物語』を創作した紫式部の人生を描く物語です。平安時代の陰謀、愛欲、友情、家族愛が豊かな色彩の中で描かれる作品です。ポーポーの色彩研究会では、色と心理の勉強としながら、この物語をより楽しんでいただけるように、時代背景をからめつつ解説していきたいと思います。ストーリーを追って解説をしていきますので、まだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。毎週できるかわかりませんが、色彩と心理のポイントを解説していきます。

          『光る君へ』4話「五節の舞姫」/色彩と心理解説

          「光る君へ」3話の色彩と心理解説

          2024年の大河ドラマ「光る君へ」。世界最古の長編小説『源氏物語』を創作した紫式部の人生を描く物語です。ポーポーの色彩研究会では、色と心理の勉強をしながら、この物語をより楽しんでいただけるように、時代背景、文化的な側面をからめつつ解説していきたいと思います。ストーリーを追って解説をしていきますので、まだご覧になっていない方はネタバレにご注意ください。毎週できるかわかりませんが、色彩と心理のポイントを解説したいと思います。 盗賊の一味と間違わられて捕まった藤原道長(三郎)は、

          「光る君へ」3話の色彩と心理解説

          「色の好みと性格の関係」の最新研究/好みに与える影響の範囲

          2023年の色彩研究会のオンライン忘年会でも少し触れましたが、「色の好みに与える影響」について、2023年に出てきた最新研究を少し詳しく解説したいと思います。そして、そこから見えてくる「色と性格の関係」について少し詳しい考察をしていきたいと思います。できるだけわかりやすく簡潔に説明します。そこには日本ならではの面白い影響が見られそうです。 私たちは色の影響を日々受けています。色を見て色の好みが変化したり、色彩感覚が発達するのですが、生物学的に根付いた傾向や社会文化的に学習さ

          「色の好みと性格の関係」の最新研究/好みに与える影響の範囲

          ポロダクション、企画事務所始めるってよ

          何かまだまだ伝えきれていないことがたくさんある気がしており、ポーポーが人生の中で、どのようにして心理学・色彩心理学・行動経済学と出会い、どう活用して、人間関係やビジネスに活かしてきたかを語るエッセイのようなものをまとめたいと思います。前作、ポーポーがなぜ心理と出会い、どう活用してきたか「ポロダクション、心理始めるってよ」を公開したところ、推定全国2.5人のポーポーファンのみなさんから絶賛に次ぐ絶賛の嵐で、無風の凪のように静かだったので、味をしめて今回、第二弾をお贈りしたいと思

          ポロダクション、企画事務所始めるってよ

          「魅惑の心理」マガジンvol.226(インポスター症候群)

          1969年、ワシントンD.C.に住むサンドバーグ家の長女として生まれたシェリルは、高校時代の成績は常にトップクラス、ハーバード大学も主席で卒業をします。そして彼女はーバードの経営大学院であるハーバード・ビジネス・スクールに入学し、最高成績で経営学士を取得するのです。卒業後、合衆国財務長官チーフのラリー・サマーズのもとでアジア通貨危機の際に発展途上国の負債を免除する国務長官の仕事をサポートし、その後、グーグル社でグローバルオンラインセールス&オペレーションズの副社長を務めました

          「魅惑の心理」マガジンvol.226(インポスター症候群)