マガジンのカバー画像

開運と超常現象の科学

28
不思議な力や未知の力を科学的にな視点で解き明かしていこうとしているトピックスを紹介しています。開運から超常現象まで、ポーポーの視点で謎に迫ります。マガジンの中には無料なものと、情… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

知能の高い霊的なものに憑かれたら

ポーポーはできるだけ論理的に話をしたい。非科学的な神話や固定観念は崩したいと思っています…

世のことわり

世の中にあるものは 多くの偶然の積み重ねと ごくわずかにある必然によって作られている。 …

運命を反転させる力

このまま進んでいくと良くない、 もしかしたら間違っている そう思っていても、流れを変えら…

幽霊は怖いものではない

本原稿を読んでいただけると、幽霊という存在が怖いものではないと理解していただけると思いま…

神社にある二重結界の話

神様や仏様の裏側を明らかにすることが良いのかどうかわかりませんが、何かの役に立つこともあ…

250

初夢で見た場所へ

2023年の元旦の夜に夢を見ました。初夢は大晦日から元旦ではなく、元旦から二日の夜に見たもの…

繊細は認められるべきだけど、自分から繊細に向かってはいけない理由

繊細ブームの影響で、多くの人が自らを繊細であると表現するようになりました。自ら好んで繊細に向かおうとしている人もいます。個人的にはこの傾向はあまり良くないと思います。 今までは繊細であることを言えずに、自分だけで悩んでいて、苦しんでいた人が繊細として認められる社会はとても素晴らしいと思いますし、周りの人も支え合う方向は素敵だと思います。 しかし、ファッションのように自分が繊細であることで、弱々しく見られて周囲の人に優しくされたいと思う方向性はあまり良くありません。 これ

龍脈にまつわる陽と陰

ポーポーは非科学的なことをできるだけ論理的に話をしたいと思い、感覚的な話をしないようにし…

銀花の記憶

雪が降るとなぜか怖い感じがする。なぜ怖く感じるのだろう。 私は子どもの頃、母の兄の家族に…

原稿を抱えた少年よ、神話になれ

「本を書く仕事をしたいのですが、どうしたら良いですか」と聞かれることがたまにある。「どう…

「魅惑の心理」マガジンvol.177(テレパシーは存在するのか)

さて今回は少し奇妙な話をします。奇妙と言っても、タンスの奥に隠していたヘソクリがなぜか消…

影は何を思うのだろう

私はたまに誰もいない場所に黒い影を見ることがあります。いつも見るわけではなくて、ごくたま…

「魅惑の心理」マガジンvol.175(予知夢はコントロールできるのか)

睡眠中に見た夢がその後に実現してしまう予知夢。みなさんは見た夢が実際に現実として起こった…

250

こっくりさんとは何なのか? (その危険性と可能性)

ポーポーはお化けの話や超常現象といったものを聞いたり、体験するたびに、本当に「霊」「幽霊」の仕業なのか、子どもの頃から疑っていて、実は別のものかもしれないと考えたり、本当に不思議な存在があるならその正体を紐解きたいと考えてきました。そもそも人間だけが幽霊になるという(諸説ある)ことが不合理だと感じます。仮に動物でも犬から猫、もし昆虫まで含めて幽霊化するなら、「見える人」にとってとんでもなく暮らしにくい世界になりそうです。3年前に世の中に未練を持って亡くなった蟻の幽霊が見えたら

有料
250