社長留学

"パラダイムシフターな毎日"、思ったよりも読んで下さる方やLike下さる方がいらっしゃったので、今回は第二弾として、"社長留学"について書いてみたいと思います✏️

少し前
 ・経営者として、もっと成長したい
 ・今後のライフスタイルを見直したい
という思いから、知り合いの社長の家に留学するというプロジェクトをやっていた。
(留学という名の居候。笑)

ありがたいことに、3週間で、20代-50代の男女の社長さんのお宅、7軒にお邪魔させてもらった!
(受け入れてくださった皆様、ありがとうございました!)

画像1

社長の家にはいくつかの共通点があった。
 ・開放感のある大きな窓
 ・白い壁
 ・健康器具や食品が置いてある
 ・大きなベッドが置いてある


画像2

(投資家もされている社長さんは、ヨガのためだけに部屋を借りていらっしゃり、自分の時間を作るための工夫を垣間見た)

ここから読み解いた社長のライフスタイルは、
・体が資本であるというプロ意識
・パフォーマンスを高く保てるように、心地よさ重視
という点だった。
自分が心地いいポイントを理解しているからこそ、他人が気持ちよく過ごすためのポイントも外さない、という点があった。

画像4

(ウェルカムボードとお土産まで用意してくれた方がいて、感動だったし、気遣いがとても勉強になる!)

長い知り合いでも、外でご飯を食べるのと、その人の空間に入って、その人の思考回路が読み取れる留学とでは、相手への理解も深くなる。
そして、相手への理解が深くなると、自分への問いとして返ってきて、自分の価値観をさらに深めることができる。

画像3

(6年来の友人はデザイン事務所を経営していて、オシャレな空間演出は彼女の世界観をまた理解できるきっかけとなった)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今って、自分の価値観を探す人が、とっても多い時代感だと数年前から感じている。これをビジネス界隈だと、VUCAの時代というのだけれど。
・終活
・コンマリメソッドをはじめとした断捨離
・Netflixなどのサービスの人気さ(ストーリーに触れることで自分の価値観が広がる)
など多くの方法がある。

そんな現代に、芸術という観点から、個々人・会社の価値観の理解が深まるところからスタートする、というのが、私が進めているオリジンベースド・アートシンキングなんです!

パラダイムシフターという肩書きを名乗っているので、個々人の価値観がベースとなる時代がやってくれば、方法はアートシンキング(アート思考)でも、その他のオルタナティブなものでもなんでもいいんだ。

モバイルハウス とか、社長留学は、人によって実践にハードルがあると思うので、本とか、美術展とか、お店とか、もっと身近にパラダイムシフトを起せる方法についても、どこかのタイミングでnoteを書きますね✨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様に頂くサポートは、私がインスピレーションをシェアできているという事を理解するキッカケとなります💡パラダイムシフトを起こすまで、wowを届ける原動力をお願いします💛

Bulldozer 嬉しすぎて全速力!
7
IBM→coconogacco→Kaospilot→株式会社Bulldozer(https://bulldozer.site/)設立。パラダイムシフター。Cift在住。アートシンキング参考→http://www.asahi.com/ad/start/articles/00271/

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。