見出し画像

B級グルメ総選挙を終えて_お店・行き方など詳細(タイ)

こんにちは!パンダバスタイ支店です🐼
10月24日(土)に4支店対抗B級グルメ総選挙のオンラインツアーを行いました。ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

タイ・香港・シンガポール・インドネシアの4支店でスタッフおすすめのB級グルメをご紹介しました。
タイ支店からご紹介したのは
①ヤムサーモン
②ママトムヤム
 の2品です!
タイ人にちょーーーーー大人気の「Jeh Oh Chula」というレストランに協力をしてもらいました。
営業時間とオンラインツアーの時間が合わなかったので、事前に取材、撮影をして、その様子をみなさんにご紹介でした!

タイ支店スタッフ一同のパワーとお店のご協力、そして参加頂いたみなさんからの投票により、見事タイ支店は1位を獲得しましたーーー!いえーい!
インドネシア支店とまさかの同率1位ではありましたが、やっぱり1位は嬉しいですね~♪(本音を言えば単独1位を取りたかった、、、悔しい!)

では今回ご紹介した料理とレストランをご紹介します!

▶Jeh Oh Chula

なんと歴史は60年以上!開業当初は今とは違う場所にあり、おかゆを販売する小さなお店だったそうです。タイの東大、チュラロンコン大学の近くに移転し、今のタイ料理全般を出すお店に変わったそうです。

材料費が年々高騰する中、こちらのお店は極力お値段据え置きで頑張っているそうです。これも長い間、地元のみなさんに愛される理由なんでしょうね。愛される秘訣は味だけではない。そんな真髄を見た気がします。
夕方ごろはチュラロンコン大学の学生さんの姿が多く見られましたよ~未来を担う優秀な若者たちですね。

📍Jeh Oh Chula ジェーオーチュラー ร้านเจ๊โอว
113 Charat Mueang Rd., Bangkok
・BTSナショナルスタジアムから徒歩15分
・+66-64-118-5888 / +66-81-682-8816 (EN)
・駐車場:無
・クレジットカード使用不可(現金のみ)

▶ヤムサーモン

ずばり!タイ版サーモンのお刺身です。ナンプラーやライム、レモングラス、にんにく、パクチー、唐辛子、砂糖などで出来たソースがお刺身にかかっています~全く想像できませんよね(笑)食べるときはソースをたっぷりつけて、パクチーやにんにくと一緒に食べるのがおすすめです!

ヤムサーモン:250B≒800円

刺身なのに香辛料や香草たっぷり…それは刺身ではないのでは?というご意見はごもっとも。それにしてもしっかりと分厚さのあるサーモンが食欲をそそりますね!!!!!!!!!!!

ちなみに ヤム=酸っぱ辛い という意味だそうです。ヤムサーモン=すっぱ辛いサーモン、ということですね。「トムヤムクン」のヤムも同じ意味ですよ~。

▶ママトムヤム


満を持して登場、このお店の看板メニュー!もともとはまかない料理だったそうですが、それをお店のSNSにアップしたら問い合わせ殺到!メニュー化したそうです。現代の流れを感じずにはいられません、なにが多くの人に好かれるかというのは未知数です。

もう、見ただけでおいしいのが分かりますね…お腹すきました。今回私たちが紹介したのは全部乗せタイプ800B(約2,500円)!麺は4玉も入ってますよ!トッピングはお店の人気メニューのムーグローブ(タイのとんかつ)、豚肉団子、カニ、エビ、イカ、黄身3つ!!

ママトムヤム:120B~800B≒400~2,500B
トッピングによって料金が変わります。

値段だけ聞くとタイにしては高いと思われるかもしれませんが、5~6人前のボリュームがあるので、大人数でシェアするのがおすすめです!
味はクリーミー過ぎず、辛すぎず、コクもあり、すっごくおいしいです!エビはぷりぷり、カニは身がぎっしり、イカも肉厚、とんかつも厚切りで食べ応えあり!海鮮ととんかつの贅沢コラボで1度に8度おいしい、ということです。

普段は23時以降しか食べられないメニューが現在は17時から食べることができます。(COVID19の影響のようです。)

▶感想

お店の営業時間中に撮影をしたため、もちろん店内は満席!調理の手を止めてもらいながら、オーナーのオーおばさんへのインタビューや実はお客さんにもインタビューさせてもらいました。

有名店だけあって、数々の取材やYouTuberが来店しており、店員さんは取材慣れしていてスムーズに撮影出来ました。むしろ演者の我々がお客さんに見られることにちょっと照れが出ちゃいました💦

Jeh Oh Chulaのみなさん、本当にありがとうございました!おいしさは日本の皆さんに伝えられたので安心してください!
引き続きタイの魅力をお伝えしますので、よろしくお願いいたします!

タイ支店Instagramはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます🐼!
3
アジア・オセアニアでオプショナルツアーを販売するPanda Travelの公式noteです。今の情報や、私たちの裏側をお伝えします。オプショナルツアー販売のPandaBus.comはこちらから→https://www.pandabus.com/