レッドブル

【警告】レッドブルウォッカはマジでヤバい。

 クラブやバーで見かけていたレッドブルウォッカ。レッドブルとウォッカを掛け合わせたカクテルで、とっても飲みやすくて美味しいんですが、それぞれ単体で飲むよりもリスクがめっちゃ高いこと知ってます?

 レッドブルウォッカは「アルコール依存」「レイプ」「飲みすぎ」

を簡単に引き起こすドラッグ的な存在です。もともとテンションを上げるアッパー系のドラッグと、気分をディープにするダウナー系のドラッグは混ぜたら危険というのが薬物依存者の間では常識ですが、レッドブルウォッカはそれにすごく近いんです。

 レッドブルにはカフェインというアッパー系の効果がある成分、アルコールは脳の機能を抑制するダウナー系の成分と言えるので、素人が勝手に混ぜて適当に飲むのは本当に危険。レッドブルに限らず、カフェインがいっぱい入ってるエナジードリンクは全部ヤバいですよ。

 レッドブルウォッカは最近は居酒屋でもよくみるメニューになっていて、普及した飲み物になりつつあります。

 でも、『居酒屋の店員は酒が売れればOK』なのであって、
『私たちがどうなるか?』なんて考えてくれていませんからね。
自分の身は自分でしっかり守りましょう。

 今回は、ケンタッキー大学が行った2015年の研究をもとにレッドブルなどの『エナジードリンク+アルコールがどれだけ凶悪か!』を紹介していきます。


エナジードリンク+アルコールを飲んだことがあるのは75%。

画像1

 アメリカのデータではありますが、2010年の調査によると、エナジードリンクを月に1回以上買っている大学生のうち、54%がアルコールと一緒に飲んでいることが分かりました。

 さらに、今までにエナジードリンク+アルコールを飲んだことのある人は75%、1年以内に飲んだことがあるヒトは65%であることが分かっています。

 レッドブルウォッカはめちゃめちゃポピュラーな飲み物になっていました。特に若い人。さらに男性は飲む確率が女性より高いことも分かっています。

 おしゃれなバーだと、『危険』みたいな売り文句を並べて面白おかしく書いてありますが、本当に身体の危機を引き起こすとは実際誰も信じてませんよね。私もそうでした。でも、ちゃんと調査を見ていくとそれは間違っていたようです。。。

 

レッドブルウォッカが酒だけの時よりなぜ危険なのか?

画像2

 エナジードリンク+アルコールは、酒だけの時に比べて
 ・「酔い過ぎ」を感じにくくなる。
 ・眠気を感じさせにくくなり、飲む量を増やす。
 ・もっと飲みたい!という感情を増加させる。
 ・疲れがとれたと錯覚させる。
 ・運動量を増加させるので、ケガなどのリスクが増える。

 まだまだ研究途上なので、正確に〇%とは言えないんですが、いくつもの研究によって、これらの効果はほぼ確実にあることが分かっています。

  とにかく飲みやすいので、未成年が救急搬送される原因となりがちで、欧米では大きな社会問題になっています。なぜかコーラやコーヒーと混ぜるよりもエナジードリンクは未成年の乱用に使われやすいんです。

 実際日本でも、酔わせるための酒として使われることも多く、女性は自分の身を守るためにこの酒だけは覚えておいた方が良いと思います。だって、酔い過ぎているか分からなくなる酒ですよ?お酒が強くない人や飲んだ経験が少ない人は絶対飲んじゃダメです。


なぜ、お酒だけ飲むよりもレッドブルウォッカが危険なの?

画像3

 通常、アルコールは抑制系の神経学伝達物質「アデノシン」の作用を強めるので、飲めば鎮静作用が働き、眠くなったり、それ以上飲むのをやめるという行動につながります。

 しかし、レッドブルなどのエナジードリンクに含まれるカフェインは「アデノシン」の反対に働く、アデノシン遮断薬として働くことが分かっています。カフェインはアルコールにより増強する眠気などの鎮静作用を抑える効果があるのです。

 さらに、カフェインは欲望を左右する神経伝達物質「ドパミン」の分泌を増加させるので、「もっと、もっと飲みたい!」という感情を増強します。

 これらの相乗効果により、飲みすぎが増えたり、アルコール依存症になったり、襲われたりという事件の発生にもつながる危険な作用が産まれてしまうのです。


まとめ

画像4

 レッドブルウォッカはマジで危ないです。

 レッドブルハイボールとか色々バリエーションがあるんですが、基本的には全てアウトと思ってください。もちろん信頼できる友達と飲んでいるときに少量たしなむ分には構いませんが、女性一人でバーに入った時などは本当に一生の後悔を産む可能性があります。

 いわゆる酔わせる酒とか勧めてくる人にろくな人はいません。

 実力で勝負してくる相手じゃないなら、その程度の実力しかないんです。


 速度を上げることだけが、人生ではありませんよ。



おしまい


【ツイッターについて】

ツイッターでは、noteの更新情報を発信しています。フォローしておけば、僕の記事を逃さず読む事ができます。連絡・相談等もツイッターまでお願いします。

【サポートについて】

私の記事は、ほとんどが無料です。
情報を皆さんに正しく、広く知っていただくため。
正しい情報発信を続けていけるよう、サポートで応援をお願いします。

いつも皆さんから平均で¥150くらい頂いています👏🏻👏🏻
いつもありがとうございます!🙇🏻


【サークルについて】

アナタが感じる悩みを、はがくんに相談してみよう!
あなたの日常の疑問や不安、悩みを調べまくって解決するプランをご用意しております。データや根拠が欲しいアナタのための”とっておき”です。
🔥はがくんは、アナタの為に本気で調べます🔥


引用
Marczinski, Cecile A., and Mark T. Fillmore. "Energy drinks mixed with alcohol: what are the risks?." Nutrition reviews 72.suppl_1 (2014): 98-107.
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

私の記事は、ほとんどが無料です。 それは、情報を皆さんに正しく、広く知っていただくため。 質の高い情報発信を続けていけるよう、 サポートで応援をお願いします。

😙😙😙 ←次は何が出るかな?
42
薬剤師/薬局長/管理薬剤師 もともとはIQが2くらいしかなかった僕が、勉強しまくって何故か論文大好きマンに。 まともなヒトが、一番幸せ。 ハリボテを纏うのは、もうダサいよね。 正直にいきてます。

こちらでもピックアップされています

私が実践する健康法と病気予防まとめ
私が実践する健康法と病気予防まとめ
  • 70本

世の中にあふれる、誰かが成功した健康法は自分に効くのかわかりません。 科学と統計を駆使して自分にも効く可能性が最も高いと考えられる健康法と病気予防をここにまとめていきます。 あっと驚く方法がたまに出ますよ~!(笑)

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。