長田 一郎(osada ichiro)

長田 一郎(osada ichiro)

マガジン

  • way to think

    基本的な考え方。また、いいなあと思うことをインプットしてアプトプットしています

  • SETREism

    株式会社ホロニックが運営する地域住民・地域社会のためのコミュニティホテル SETRE(セトレ)」。つながり、つなぐ」をコンセプトに、時代の文化の中で見失われてきた数々の宝物、地域に眠る 物語」を新たな 価値」に変えてお客様に届け、人と人、人と地域の絆を結んでいきたい、そんな コミュニティホテル」を目指しています。SETREの取組や考え方をお伝えします。

  • SETRE カイゼンプロジェクト

    • 160本

    各SETREの支配人がホテルを良くするため、現場で日々奮闘していることを綴っていきます。>>>SETRE HP:https://hotelsetre.com

最近の記事

熟成ジビエ

ジビエ井田の始動に向けて準備が進んでいます! いよいよ熟成庫が納品され、早速、ジャーキー用の鹿、瓜坊、そして下段には孔雀が熟成され始めました! 熟成されるジビエはどんな味になっていくのか、また熟成されているこのシーンがお客さんにどう見えるのか・・・ストーリーを組み立て、それを伝えていく・・・ 食事は、文字通り「食の事」・・・素材のこと、調理のこと、そしてその食にまつわる四方山が伝わること・・・「WHAT」(何を)たべるのか・・・だけでなく「WHY」(なぜ)それを食べるのか・

    • レタールーム

      ホロ社でも色々ご一緒しているオレンジ&パートナーズの小山薫堂さんの企画が紹介されていました! セトレ各所には共有のラウンジやライブラリーなどは配されていますが、ここ、宮崎シーガイアには「レタールーム」なる部屋があるそうです! 文字通りですが「手紙を書くための部屋」です コンセプト(というか実現した動機)は 「旅先では誰かに伝えたくなる感動に出会うはず。そこでしか得られない高揚感を手紙にしたためてほしいと、こだわりの文具や宮崎の美しい風景の絵葉書が揃う特別な部屋をつくりました

      • パークPFI

        近年、表題のような手法で、文字通り「公園」の活性化が各所でおこっています! PFIは(PRIVATE FINANCE INITIATIVE)訳すると、公共施設等の建設、維持管理、運営等に民間の資金や経営技術を活用していく手法・・・ということです 公園や公共施設はそれこそ文字通り行政(公)が整備する・・・つまり税金が投与されて施設を管理していくのが普通・・・と思うわけですが、今や国内の税収は潤っているわけではありません・・・そこで民間活用・・・ 公園は緑が豊富だったりすることか

        • 稼働率より値上げ

          表題のタイトルで、プリンスホテルズ社長が語っていました 言っていることがいちいちフィット感があります(笑) 「納得してもらえる付加価値の提供が大前提だが、消費者も値上げを認め受け入れてくれていると感じている・・・」 「今まで、値上げに対する客の反応が気になり、日本企業全体がコスト削減中心の経営をしてきた」 「文化、歴史、食、自然など日本の観光資源は魅力が高い」 「日本のホテルの多くは稼働率を重視し、稼働を上げるために価格を下げる傾向にあった、今は人手不足もあり価格を上げて一室

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • way to think
          長田 一郎(osada ichiro)
        • SETREism
          長田 一郎(osada ichiro)
        • SETRE カイゼンプロジェクト
          武田 芽生(takeda mei) 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          日経平均株価最高値!

          1988年につけた株価最高値を36年ぶりの更新したニュースで国内が沸いています! 36年前はバブル絶頂期と言われた頃、、、私は学生でその経済や景気の実感はそこまで感じることが出来ていませんでしたがレジャー系のバイトをしていても、週末のみならず平日でも夜中までお客さんが途切れないような現象を働きながら感じていました! 学生の分際?で色々遊ばしてもらった記憶もあります! 私はその最中に就職活動をしていました、、、青田買いと言われ学生に売り手市場ってことで、随分とちやほやされるもの

          日経平均株価最高値!

          店は「見世」

          画像にあるタイトルの本ですが・・・この3行の文言ひとつひとつに重みを感じます 「店は客のためにあり」(そりゃそうです・・・客がいなければ店の存在出来る道理がありません) 「店員と共に栄え」(そりゃそうです、店員がいなければ店が成り立ちませんし、それが栄えていく肝は店員です) 「店主と共に滅びる」(これが私には一番重い言葉です!・・・方向性を指し示すのが店主でありリーダー・・・とすると、その人によって繁栄も滅亡も・・・命運がかかっているわけです) うまくいく理由は店員にあり、い

          にわか〇〇

          にわか阪神ファン・・・っていう人達がいることは野球ファンでなくても知っているかと思います! 強くなったら増殖するファン、昨年も増えたかと思いますが、それでいうと「にわか?韓国ファン」も増えているようです 国政が変わるとこんなにも変わるものだと思うのと共に、人と人との関係性っていうのはそんなものなのかな?とも思います・・・逆に言えば、情報管理というか、情報ひとつでムーブメントが変わる怖さも感じます! そういった意味でにわか阪神ファンはわりと平和かもしれませんが・・・愛情と憎悪?

          明石浦漁港!

          先日参加した明石海峡大橋の「橋泊ツアー」の最終は、明石の漁港!・・・浦漁港のセリを見学させてもらいました! https://www.akashiura.or.jp/ さすが、日本を代表する魚の街・明石だけに漁港も凄い! 何がすごいかというと、私初めてみましたが、生きたまま魚がセリに出されている だから、セリ場の横に水槽が隣接している 生きているものをそのままセリに出すから、臭くない…それはそうですね…死んでいないので… セリに出された魚が飛び跳ねたりしている 聞くと、こんな市

          借景

          私がちょっと寄る間があれば行ってみる寺が京都・圓通寺! https://www.kyoto-entsuji-teien.com/ 北部、北山から更に深泥池を超えた静かな場所に位置しています 始めて訪れたのは学生時代・・・比叡山を借景に目の前にはシンプルな庭園 それを眺めながらぼ~とする・・・ ちなみに「借景」と言う言葉を覚えたのは学生の頃、今から30余年前! まさに「景色を借りる」・・・比叡山の眺めが普遍な景観を醸し出しています! 寺に書かれた借景の美しさの解説にはこう書かれ

          橋泊

          一昨日、昨日と明石海峡大橋での、橋泊ツアーに参加させていただきました!橋の上に泊まる!という取り組みは、明石海峡大橋に限らず至上初的な取り組みということで、兵庫県公園協会様が主催、国の管轄である、明石海峡大橋との連携、かつこれから観光のありかたも踏まえ断行されました!特設のテントをプロムナードに設置し、まさにセトレを見下ろす場所に泊まる体験でした!感覚的には、よくGCで主催されるビジネスツアー・・・黒四ダムの普通行けない場所に行く、知育的な大人の社会科見学に近いものかな・・・

          アルケミスト

          先週の日経新聞で「アルケミスト」というデンマークにあるレストランを紹介していました https://www.richessemag.jp/gourmet/a44918189/gourmet-kyokonakayama-1015/ 美食の概念を根底から覆す、ミシュラン二つ星 読んでみると驚きました! 普通(当たり前?)、お客さんはテーブルに座ってそこに料理が運ばれるわけですが、この店はお客さんが5つの部屋を移動するそうです 食前に感覚体験、そこではダンサーがパフォーマンスをする

          近江の恵み

          ヤンマーゲストハウスの朝食のタイトルは「近江の恵み」 近江伝統野菜をプレートに真ん中にインパクトを出して表現しています! 野菜をメインにした朝食・・・野菜を取り囲むように、琵琶湖の魚や琵琶湖を巡るように各所や生産者さんの素材が散りばめられています! ストーリー性のある朝食は、「そこならでは」を表現しています 琵琶湖を眺めながら、琵琶湖周りの食材を頂く、その時間、空間に満足度が上がっていくように思います! さらに、画像や動画なども一緒に楽しめたらさらに至福な時間になるだろうな・

          マリーナ Re・STRAT

          1か月余り、工事休館しておりましたセトレ琵琶湖が再スタートしました 早速この3連休は婚礼で賑わって、皆さんドタバタとしながら活躍しておりました! 慌ただしい秋口から年末年始を駆け抜けた後にしばしに休息で、心身を休める人もいれば、各所のヘルプに行って他部署メンバーと交流を深める人もいれば、引き続き接客対応(ブライダル―チーム)で居残る?人もいるなど様々だったと思いますが、いずれにしてもリフレッシュが出来たことで、また活力にしていけるのではないかと思っています! セトレ琵琶湖も開

          白鷹・酒蔵見学!から気付くこと

          この時期、毎年GCアクティビティコミッティ恒例の酒蔵見学を白鷹・澤田社長の主宰で行われます! ここぞとばかりに!酒蔵限定の、タイムリーな生酒を飲む! 酒蔵という場所、出来立て(感)、そして、生!(酒)・・・という情感というか・・・「美味しい」が(酒好き限定だけど・・・)想起出来ることで、美味しさが増す・・・というか「確定・確信」する これこそ、スペックでなく、コンテクスト・・・です! 味そののもや商品の品質は変らないのに、その背景、ないしは意味がわかることで美味しさが変化する

          白鷹・酒蔵見学!から気付くこと

          ユニクロの経営力

          アパレル業界で唯一といっていいほど好調なのはユニクロです ファストファッションと呼ばれ、低価格が売りで人気が持続しているような印象があるかもしれませんが、安かろう悪かろうでない・・・そして高品質を追求し、一方でファッション性を追うのでなく、あくまでもライフウエア・・・訳すると「生活部品」として位置付けています! 柳井社長の経営に対する言はたくさんあるのですが、その中で「経営は矛盾との戦い、矛盾があるから競合が少ない(矛盾するところに人は寄らない💦・・・人間関係も会社の経営も一

          未来のコンビニ!

          ローソンにKDDIが出資し経営参画するというニュースが出ていました! なぜローソンにKDDIが?と思うところが多いかと思います・・・が、このニュースを見てコンビニエンスストアはもはや「ストア」(小売店)という機能が価値ではない・・というか価値ではなくなっていくということなのかもしれません 元々が、スーパー等の小売店機能を、気軽に、また時間に制約されることなく、日常品を買える・・・ことから業態が進化してきました 今や、保険や郵便の窓口、また銀行機能から、チケットの購入、受取、挙